00ローン記事あまり ※現在3記事+6記事

とっても便利フリーローン
フリーローン、よく銀行のポスターで目にしますね。フリーローンで最もよく使われるのが結婚式の費用やら旅行資金です。フリーローンという名がついているので使い道は自由とはいうものの使えないものもあります。

まずフリーローンは事業性資金に使うことはできません。また株やFX、先物取り引きなどの投資などには利用できません。また見積書などが確認できないものにも利用するこはできず、借り換え資金として利用することはできません。また借入できる年齢も20歳以上65歳以下と年齢要件もあり、収入要件も前年の年収がこれ以上ないと貸し出せないといったものが銀行ごとにきめられています。

フリーローンでも無担保で貸し出すものと有担保のフリーローンに分けられます。当然ながら無担保の方のフリーローンは有担保タイプより金利が高く設定されています。しかし無担保であってもカードローンを借りるよりは金利がずっとずっとお得です。借入できる枠も10万円から300万円というところが多く銀行によって枠が違います。無担保のものと比較して有担保のものは借入期間もずっと長く設定することができます。これは貸し倒れになっても銀行が担保を取り入れることができることが関係しています。誰でも借り入れることができるわけでなく要件を満たしたもののみが借り入れることができますが、その上で銀行側の審査があります。どんなローンにせよ返済計画をしっかりたてて無理のない借入をすることがとても大切です。

フリーローンの重要ポイント
フリーローンとは、目的不用でお金を借りる事ができるローンのことで、一般のキャッシングやカードローンなどはフリーローンの扱いになっています。しかし、使い道は自由といっても、投機目的の有価証券を購入する資金や、事業資金などにはご利用することはできません。フリーローンを利用する際の注意点としては、金利が高めであることと、その金利にも変動金利タイプと固定金利タイプがあるということです。また、ローンの中途返済は可能か、その際の手数料はどのくらいなのかを確認しておく必要があります。フリーローンは、50万円以下の小口融資であれば免許証等の本人確認書類だけで利用できるなど、申込みが手軽で簡単なのがメリットの一つです。しかし、誰でも利用できるわけではありません。未成年の人は基本的には申し込むことができません。年齢制限もあり、これは各社によって違いますが、大よそ60~64歳くらいまでとなっています。また、毎月安定した収入がある人、返済能力がきちんとある人でないと、利用することはできません。フリーローンに申し込む際には、源泉徴収票 ・納税証明書 ・給与明細 などの収入が証明できる書類の写しが必要です。また、氏名 ・生年月日 ・性別 ・電話番号・家族構成 ・住居情報 ・勤務先などの個人情報が必要となります。フリーローンはこれらの情報をもとに、融資可能かどうかを判断しますので、記入や入力は間違わないように注意しなければいけません。

フリーローンの基礎知識について
実際のところ、ローンを利用する場合、用途別に組むローンを利用するか、フリーローンを利用するかで違いは大きいようです。通常、フリーローンは何に使っても構わないローンです。その場合カードローンやクレジットカードなどで金融会社からお金を借りるという形が一般的な方法です。フリーローンの場合には、借入時に決めた回数で分割して返済をすることが可能になります。毎月の返済日に、あらかじめ取り決めてある金額を返済していくといった返済方法です。さらに、限度額の範囲内であれば何回でも利用できるのです。現在では、フリーローンはカードローン専用のカードやクレジットカード機能にキャッシング機能やカードローン機能が付随しているものなど多種多様になっています。これらについては、いずれもフリーローンに該当するローン商品になるのです。フリーローンは、主に銀行系や消費者金融系のキャッシング会社などで利用できるようになっています。銀行で口座引き落としができるキャッシュカードを作ることで、そのカードでカードローンが利用できるというフリーローンを金融商品として取り扱っているといった場合もあります。普段から取引のある銀行が扱うローンであれば安心感が高く需要も高くなっているようです。しかし、どんなに借りやすいものとはいえ、フリーローンとは借金だということをきちんと認識した上で、無理のないよう定期的に返済するよう心掛けるようにしましょう。

 

カードローンの審査 6記事

信用情報

カードローンを使用する際に、その人がきちんと融資した金額を返済していくことが可能かどうかを業者側が判断するために、様々な審査を受けることが必要になります。審査によってその人に対して融資を行って大丈夫かどうかを判断されるために、審査の内容というものはカードローンを利用にあたって、大変重要な役割を持っているものとして認識されています。数あるカードローンの審査の中でも、特に重要視されている項目がその人の信用情報であるとされています。
信用情報というものは、カードローンやキャッシングなどをどのくらいまで利用しており、その返済はきちんと行われているかなどの、基本的な情報を指しています。信用情報は、一つの金融機関のみが保持しているものではなく、いくつかの金融機関が共有して所持している情報であるとされています。つまりこの人は信用情報に問題が無いために融資を行っても問題がないという判断が信用情報によってくだされれば、どこの金融機関においても、大抵の場合問題なく融資を受けることができるようになります。反対に信用情報に問題があるものと判断されてしまうと、どこの金融機関においても、融資を受けることが難しくなってしまうとされています。
信用情報で最も高い評価を得ることのできる人というのは、長期にわたってカードローンなどの利用しており、なおかつ遅延などが無く、きちんと支払いを行っている人であるとされています。カードローンなどを使用している機会のすくない人は、きちんとした返済能力があるのかどうかを判断するための材料が少ないと判断されるために、カードローンを定期的に使用している人よりも、審査の面で劣るという考え方がなされます。

申込時の職業・仕事

その人がどのような仕事をしているかどうかによって、融資の返済能力が変わってくるものであることは言うまでもありません、そのためにカードローンの審査を受ける際に、その人がどのような仕事についているかということが非常に重要なものとして考えられています。
仕事というものは、単純な収入の問題ばかりではなく、生活をどれだけ保証してくれるかにも大きく関係しているものであるために、より安定した仕事についている人ほど、安心してカードローンを使用することができるというような判断がなされることになります。特に近年では、総量規制という制度が存在しているために、カードローンによって使用することのできる金額は、年収の三分の一というように定められるようになりました、つまり自身の年収を証明することができなければ、カードローンを使用することができなくなってしまったと考えることができます。現に多くのカードローンを展開している金融機関が、カードローンによる融資を行う前に収入証明書を提示することを義務づけていることなどから、カードローンによる融資を受けることが難しくなってきたと考えられるようになりました。
具体的にどのような職業の人がカードローンの審査において信用が置かれているかについては、最も高い信頼を得ているのが公務員であり、次いで正社員、さらに自営業というような順に信用が得られるようになっていると言われています。安定した収入があるかどうかわからないパートやアルバイトの場合には、カードローンの融資を受けられるところ自体が限られたものになるケースも存在しています。

借入件数

カードローンの審査は、融資を行う金融機関が確実に収入を得ることができるようになるためには非常に重要な要素であると考えられています。そのために様々な要素によってカードローンを受けられないという人がいます。その多くは仕事がアルバイトであるために、返済能力が認められないことや、現在契約を行おうと考えているカードローン以外にも、複数のローン契約を持っていることなどが問題として存在していると言われています。
特にその金融機関以外にもローンの契約を持っている場合には、借入件数という項目によって、カードローンが受けられないことの代表的な例として考えられるようになっています。当然複数の金融機関からのローンを使用していることは、その人にとっても返済の負担になることは間違いなく、金融機関側からの信用を得ることも難しくなってきてしまうものです。
また複数の金融機関からカードローンを使用していなくても、多額のローンを組んでいる場合にも、それ以上のローンを組むことができなくなってしまう例として扱われるようになっています。特に2006年以降に施行された、総量規制という制度によって、カードローンによる借り入れは、最初に提示された年収の三分の一の金額までしか借りることができないという法律が定められたために、年収の三分の一を超える金額の融資を受けることは不可能なものとなってしまいます。
カードローンを利用する際には、無理に件数や金額を広げたりせずに、自分の返済できる限度を見極めることが重要になります。

ブラックリスト

カードローンを受ける際に、その人にきちんと返済能力が備わっているのかを知るということは非常に重要なことであると、多くの金融機関で考えられることになっています。そのためにカードローンを行う金融機関は、顧客の情報を共有するなどして、確実に金融業界全体のプラスになることを行おうとしています。その代表的なものとされるのが、返済に関して問題のある顧客をいち早く見つけ出すことのできる方法である、ブラックリストを定めるということになります。
ブラックリストは、様々な顧客の問題点をまとめた資料であり、それに名前が記載されてしまうと、カードローンの使用などの際に支障が出ることがあるものとされています。ブラックリストに名前が載ってしまう条件の一つとしてローンの返済を滞納してしまったことや、債務処理や自己破産のような、カードローンの返済を行うために支障をきたすような行動がなされているかどうかによって決まるものです。支払いの滞納は、特に3ヶ月以上という長い期間でローンの返済が行われていないと判断した時にブラックリストへと名前が記載されることになります。
このブラックリストに名前が載ってしまうと、多くの金融業を行っている業者から、ローンの返済能力がないものであると判断されてしまうことになるために、カードローンを組むことが難しくなってきてしまいます。また一般的にカードローンに関するブラックリストに名前が載ってしまうと、5年から8年という長い期間でそれらの情報が適応されることになってしまい、長期にわたってローンが使用できないという事態になってしまいます。
ローンの滞納などはこれらの多くのリスクを生じさせることになるために是非とも避けたいことであるとされています。

カードローンを使用した期間

カードローンの審査を通るためには、その金融機関に対して、自分はきちんと返済能力のあるものであるということを証明していく必要があります。そのために、審査を行う金融機関からの信用を損なう恐れのある行動は、極力避けるべきものであることは間違いありません。カードローンを行っている金融機関からの信用を損なう恐れのある行動の代表的なものとして、短期間に複数の金融機関からのローンを使用しているというものがあります。
カードローンを行っている金融機関では、カードローンを使用している履歴の情報も共有しているほか、審査の際にその人が今使用しているカードローンをはじめとしたローンの使用状況が聞かれるものとなっています。そのカードローンを使用するために、他にどのようなローンを使用しているのかを照合した上でその人に対して融資を行っていいかが判断されることになります。
カードローンを使用している以上、当然月々の返済を行わなくてはいけません、そのため複数のカードローンを同時に使用していると、返済することが難しくなることになるために、短期間で複数のカードローンを使用している人は、カードローンを行っている金融機関から見ても、返済が不可能であるものと考えられてしまうために、カードローンの利用が難しくなります。
具体的にどれくらいのローンを組んでいると契約ができなくなってしまうのかには、その金融機関によって多少の違いはありますが、一般的には3社とローンの契約を結んでいる場合、むこう半年は新たにカードローンを組むことができないと考えたほうがいいと言われています。

情報の信用性

カードローンを実際に使用していくためには、非常に多くの項目を審査の対象とされることになります。現在はどのような仕事についており、年収はいくら位になるのかをはじめ、ほかのカードローンを使用しているかどうかなど、内容は多岐に渡ることになります。しかしそれらの情報は、確実に信頼できるものでない限り、審査の対象として使用することが難しいものであると考えられています。
例を挙げると、どのような仕事についているのかは、ローンを受ける際に、金融機関側が会社に対して、取引先や顧客を装う形で確認の電話をすることになりますが、その際に、会社の電話番号が使用できないものであるなどのことが有り、その電話番号が果たして本当に会社のものであるかどうかを確認することが不可能となってしまった場合には、カードローンを使用すること自体が難しくなってしまうとされています。
その他にも自宅の住所に関する情報なども信用性のある情報を提示することが必要になります。例えば地図上で、審査の際に報告した住所が確認できることはもちろん、自宅に固定電話が存在していないと、自宅に関する情報に対して、信用性がもてないということも十分に考えられます。
近年では家に固定電話を置いていない住宅も多く、ローンを受けることが難しくなってきていると思われますが、このように信用性のある情報を集めることは、虚偽の報告によってローンを通ろうとするなどのことに関しての対策としては、必要不可欠なものとなっています。そうすることによって、本当に信用することのできる顧客にのみ融資が行われるというシステムが構築されていくのです。

投稿日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.