01金利差計算記事あまり ※

5万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、5万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで5万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
5万円×0.18×1(年)=9,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで5万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
5万円×0.05×1(年)=2,500円となります。

借りる金額が少ないので、利息の金額としてはそれほど大きくは感じませんが、
金利の差が、結果的に軽く3倍以上、4倍近い利息の差となって表れているのは事実です。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

--------
15万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、15万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで15万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
15万円×0.18×1(年)=27,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで15万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
15万円×0.05×1(年)=7,500円となります。

借りる金額が少ないので、利息の金額としてはそれほど大きくは感じないかも知れませんが、
金利の差が、結果的に軽く3倍以上、4倍近い利息の差となって表れているのは事実です。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

-------------
25万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、25万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで25万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
25万円×0.18×1(年)=45,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで25万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
25万円×0.05×1(年)=12,500円となります。

借りる金額が少ないので、利息の金額としてはそれほど大きくは感じないかも知れませんが、
金利の差が、結果的に軽く3倍以上、4倍近い利息の差となって表れているのは事実です。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

------------------
35万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、35万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで35万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
35万円×0.18×1(年)=63,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで35万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
35万円×0.05×1(年)=17,500円となります。

借りる金額はそれほど大きくないですが、金利が高いと支払いの利息がそれなりに高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利息にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------
45万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、45万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで45万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
45万円×0.18×1(年)=81,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで45万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
45万円×0.05×1(年)=22,500円となります。

借りる金額はそれほど大きくないですが、金利が高いと支払いの利息がそれなりに高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利息にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------
55万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、55万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで55万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
55万円×0.18×1(年)=99,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで55万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
55万円×0.05×1(年)=27,500円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、金利が高いと支払いの利息が結構高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利息にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------
65万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、65万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで65万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
65万円×0.18×1(年)=117,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで65万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
65万円×0.05×1(年)=32,500円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、金利が高いと支払いの利息が結構高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利息にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

----------------
75万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、75万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで75万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
75万円×0.18×1(年)=135,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで75万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
75万円×0.05×1(年)=37,500円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、金利が高いと支払いの利息が結構高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利息にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------
85万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、85万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで85万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
85万円×0.18×1(年)=153,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで85万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
85万円×0.05×1(年)=42,500円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、金利が高いと支払いの利息が結構高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利息にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------
95万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、95万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで95万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
95万円×0.18×1(年)=171,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで95万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
95万円×0.05×1(年)=47,500円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、金利が高いと支払いの利息が結構高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利息にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------
310万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、310万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで310万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
310万円×0.18×1(年)=558,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで310万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
310万円×0.05×1(年)=155,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利息も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利息がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差で、3倍以上、4倍近い支払い利息の差となってしまっています。
倍率が3倍~4倍ということももちろんですが、借りる金額がこのぐらいの高額になってきますと、
利息の支払金額そのものが、もうバカにならない金額となって返済にのしかかってきます。

ですから、少しでも安い金利で310万円を借りたいものですね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

------------

320万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、320万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで320万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
320万円×0.18×1(年)=576,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで320万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
320万円×0.05×1(年)=160,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差で、3倍以上、4倍近い支払い利子の差となってしまっています。
倍率が3倍~4倍ということももちろんですが、借りる金額がこのぐらいの高額になってきますと、
利子の支払金額そのものが、もうバカにならない金額となって返済にのしかかってきます。

ですから、少しでも安い金利で320万円を借りたいものですね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

------------
330万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、330万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで330万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
330万円×0.18×1(年)=594,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで330万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
330万円×0.05×1(年)=165,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利息も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利息がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差で、3倍以上、4倍近い支払い利息の差となってしまっています。
倍率が3倍~4倍ということももちろんですが、借りる金額がこのぐらいの高額になってきますと、
利息の支払金額そのものが、もうバカにならない金額となって返済にのしかかってきます。

ですから、少しでも安い金利で330万円を借りたいものですね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

--------------
340万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、340万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで340万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
340万円×0.18×1(年)=612,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで340万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
340万円×0.05×1(年)=170,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差で、3倍以上、4倍近い支払い利子の差となってしまっています。
倍率が3倍~4倍ということももちろんですが、借りる金額がこのぐらいの高額になってきますと、
利子の支払金額そのものが、もうバカにならない金額となって返済にのしかかってきます。

ですから、少しでも安い金利で340万円を借りたいものですね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

-----------------
360万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、360万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで360万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
360万円×0.18×1(年)=648,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで360万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
360万円×0.05×1(年)=180,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差で、3倍以上、4倍近い支払い利子の差となってしまっています。
倍率が3倍~4倍ということももちろんですが、借りる金額がこのぐらいの高額になってきますと、
利子の支払金額そのものが、もうバカにならない金額となって返済にのしかかってきます。

ですから、少しでも安い金利で360万円を借りたいものですね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------

370万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで370万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
370万円×0.18×1(年)=666,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで370万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
370万円×0.05×1(年)=185,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

------------------
380万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで380万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
380万円×0.18×1(年)=684,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで380万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
380万円×0.05×1(年)=190,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

---------------
390万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで390万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
390万円×0.18×1(年)=702,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで390万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
390万円×0.05×1(年)=195,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

-----------------
410万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで410万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
410万円×0.18×1(年)=738,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで410万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
410万円×0.05×1(年)=205,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

-----------------
420万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで420万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
420万円×0.18×1(年)=756,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで420万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
420万円×0.05×1(年)=210,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

------------
430万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで430万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
430万円×0.18×1(年)=774,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで430万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
430万円×0.05×1(年)=215,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

--------------------
440万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで440万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
440万円×0.18×1(年)=792,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで440万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
440万円×0.05×1(年)=220,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

------------------
460万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで460万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
460万円×0.18×1(年)=828,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで460万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
460万円×0.05×1(年)=230,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

-----------------

470万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで470万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
470万円×0.18×1(年)=846,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで470万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
470万円×0.05×1(年)=235,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

----------------
480万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで480万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
480万円×0.18×1(年)=864,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで480万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
480万円×0.05×1(年)=240,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

----------------
490万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで490万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
490万円×0.18×1(年)=882,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで490万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
490万円×0.05×1(年)=245,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

投稿日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.