120万円貸して!明日までに120万円用意する必要がある人へ

120万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、120万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで120万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
120万円×0.18×1(年)=216,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで120万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
120万円×0.05×1(年)=60,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れています。これは大きいですね。

ですから、少しでも安い金利で120万円を借りたいものです。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金を借りる事ができる銀行の不思議

金は天下の回り物というとおり、お金は一ヶ所にとどまることなく、世の中を巡っているものなのです。そのわりにはなかなか自分には回ってこないと思っている方も多いかと思います。しかし、銀行などに貯蓄をしている方は回ってきている場合があるのです。銀行の経営はどのように成り立っているかご存じですか。製造業は物を作って売れば利益がでます。小売業は物を売って利益がでますし、サービス業はお客様に喜ばれるサービスをすれば利益となることでしょう。では銀行はどうでしょうか。日銀以外はお金を作ることはできませんので、物を作って売るということはできませんし、サービスもこれと言って喜ばれるようなことはしていないのではないでしょうか。銀行は皆さんからの貯蓄をもとに経営が成り立っているのです。皆さんから集めた貯蓄を他の誰かにお金を貸した利息で利益を得ているのです。お金を貸すというところはサービス業に若干あてはまるかもしれません。お金が必要な人にとってお金を借りることができるのはうれいしいことですから喜ぶ方もいるかもしれません。このことから、自分が貯蓄したお金がそのまま借りているという状況になっているつまりお金が回っていると言えるのではないでしょうか。お金を貯蓄しても微々たる利息しかつかないのに、お金を借りる時は、高い利息を払うのはどこかおかしな話ですが、もし、沢山の人が貯蓄をすれば銀行側は安い利息でお金を貸すことができるのではないでしょうか。そうなれば私達お金を借りる側はうれしいかぎりですね。
 
消費者金融の効果

消費者金融の効果は、不動産担保融資や自動車ローンや教育ローンの目的ローンと違い、目的に関わらず使えるお金の融資を行っています。消費者金融の効果は、その早い審査と契約成立から融資の実行にあります。銀行系のカードローンは審査に一ヶ月かかりますが、消費者金融の審査は約一時間もかからずに通過し契約が成立します。融資も早ければ一時間もかからずに受け取ることができます。消費者金融の効果は店舗に来店せずに、インターネットのwebサイトで契約ができます。自分の銀行口座に振り込みが完了するまで、最短で一時間で完了します。月々の返済も店舗に来店する必要がなく、パソコンや携帯電話を使って返済できます。一度も店舗に来る必要がないので、他の人に消費者金融に借り入れがあることが知られることがありません。もちろん店舗に来店しての契約や返済もできます。また、無人契約機を利用した契約や融資金額の受け取りや返済もできます。消費者金融の効果として、多彩な返済方法があります。店舗に来店しての返済やATMや銀行振り込みや現金書留やパソコンや携帯電話を利用しての返済ができます。返済の金額も最小の支払い金額を支払うのが条件で、それ以上の金額なら追加で多くの金額を返済できます。消費者金融の効果として、スピード融資と利便性の高さが挙げられます。契約申し込み時の審査の通過が早く融資を受け取るまでの時間も早いので、急にお金が必要な時頼れる存在です。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.