140万円借りたい!明日までに140万円用意する必要がある人へ

140万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、140万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで140万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
140万円×0.18×1(年)=252,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで140万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
140万円×0.05×1(年)=70,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れています。これは大きいですね。

ですから、少しでも安い金利で140万円を借りたいものです。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

主婦のお金を借りる事の効果

お金で困った時、実際どこで借りたらいいのか悩みます。主な借入れのスタイルとして銀行系カードローン、消費者金融、などがありますが、地元の銀行で借入れされる方が多いです。まず借りる時に窓口で手続きをしなくていいのが人気の秘密です。窓口ですと顔を出す必要がありますし、でもなぜか後ろめいた気持ちも出てしまいます。今はインターネットで事前の申し込みで指定の口座に振り込んで貰えます。後日自宅に借入れの際のカードが送られてくるシステムです。お金を借りるにはいろんな手段がありますが低金利で借入れしたいのはみんな一緒です。もちろん借入限度額も大きい方がいいです。借入れの際にチェックしておいたほうがいいのが、金利、借入れ限度額、無利息期間の有無、提携施設などの特別価格、返済方法は確認しておいた方がいいです。お金を借りるのが目的ですが、そのあとの返済計画はきちんと立てた方がいいです。各融資会社のサイト内に返済シュミレーションなでがありますから実際にやってみるといいです。もしシュミレーションがない場合は直接連絡してみるといいです。また、主婦でも一定の収入があれば借入はお金を借りる事は可能です。レディース専用のプロミス、フタバ、、レイクなどが有名です。オペレーターなども女性ですので安心して申し込み可能です。各融資会社の既定の書類は必要です。収入証明種類など、主婦、学生向けのローンは限度額が低めに設定されています。このような便利な融資の利用もいいと思います。
 
消費者金融の必要性とは

消費者金融の必要性とは、早期にお金の入り用が出来た際にいち早くそのお金を用意する事が出来る利便性にあり、担保物件などの資産を持ちあわせていない個人が、お金を早期に一時的に借用する際には欠かす事ができない存在となります。当然、借り入れでありその返済には利子が掛かる事から普通に生活を営んでいる上においては、その利用は犬猿される事となるのが一般的ですが、一時的なそれも急なお金が必要になった時には、非常にありがたい存在であり、この事が消費者金融の必要性と言う事が出来ます。個人に対してすぐにお金を貸し出してくれると言うのは、銀行などの金融機関では審査が厳しく、一定の時間を要するのに対して消費者金融では、審査と言うものはあるものの、その内容自体は非常に簡易的な審査内容となり、比較的短時間でその審査を終えて、借り入れを可能なものとしてくれるのが最大のメリットであり、銀行などと比べて利子も高額になるケースが多いのですが、急ぐ時には消費者金融を活用する個人の顧客が多く存在しております。その借入が短期であれば、利子に関してもそれほど大きな金額とはならず、借り入れを行う審査の手間などを考えれば消費者金融に対しての借り入れと言うものはメリットが存在し、その事が消費者金融の必要性ともなっており、顧客満足度の高いサービスを提供していると言う事ができる、消費者金融の最大の特徴であると言う事ができ、需要も安定的にあるものです。
メニュー

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.