190万円貸して!明日までに190万円用意する必要がある人へ

190万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、190万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで190万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
190万円×0.18×1(年)=342,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで190万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
190万円×0.05×1(年)=95,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利息も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利息がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れています。これは大きいですね。

ですから、少しでも安い金利で190万円を借りたいものです。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金を借りる際の注意点

「自己破産」という言葉を知っている人は多いと思いますが、具体的にどのようなことであるかを正しく理解している人はあまりいないと思います。お金が足りない時に返済計画もたてずにお金を借りると、返済が追い付かないという状況に陥ってしまうことがあります。すると、、その返済のために他の会社からまたお金を借りることを繰り返し、雪だるま式に借金が増えてしまいます。自己破産は、このように自分ではどうしようもなくなってしまった場合に生活をやり直す機会を与えるため、借金を帳消しにしてもらう制度です。このような制度があるのであれば、お金を借りたいだけ借りて最後に自己破産すればいいと考える人もいるかもしれません。しかし、自己破産には様々なデメリットがあります。まず、自己破産手続きは弁護士に依頼するので、手続きをするだけで最低でも30万円程度かかります。また、情報センターに事故情報として5~7年掲載されるので、その間金融業者からのお金を借りることができなくなります。財産を管理・処分する権利も失うので、勝手に財産を処分することができなくなります。様々な自由も失い、転居や旅行にも裁判所の許可が必要だったり、弁護士・司法書士・不動産業者、風俗営業員、警備員などの職業に就くことができなくなります。自己破産が理由で会社を解雇されることはありませんが、もし会社に知られてしまったら退職せざるを得ない場合もあります。自己破産により失った社会的な信用は、簡単には回復できないということを忘れてはいけません。
 
現代の消費者金融の必要性

消費者金融は、私たち一般庶民なら誰でも利用できる金融機関としての役割を果たしています。特に、現代社会ではどのようなことが起こるかわかりませんから、急に後まった資金が必要になる場合があります。そこで、救いの手を述べてくれるのが消費者金融です。消費者金融の必要性はここに存在すると思います。また、消費者金融の必要性としては、基本的に簡単な審査を受けることで、即日資金を提供してもらうという利便性と即効性があります。これら、消費者金融は、これからの現代社会では、私たちの生活にとっては必要不可欠なものとなってくるでしょう。私の知り合いで、以前失業してしまい、その際ほとんどお金を持っておらず、非常に生活に困っていたという方がいました。彼は、その時、消費者金融を利用することで非常にお世話になったと言っています。このようなところに、消費者金融の必要性があるのではないかと思います。消費者金融は、このように必要な資金が今はどうやっても足りずに困っているという人を救い出す、消費者向けの金融機関ともなりえます。もし、あなたが消費者金融を利用したい場合は、計画的に利用することが大切です。消費者金融は、計画的に利用してこそ、最大限の活用ができるものだからです。消費者金融は、計画的に利用してしまえばこんなに便利なものはありません。消費者金融はこれからも、私たちにとっては重要な位置づけであることは揺るがないでしょう。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.