20万円貸して!明日までに20万円用意する必要がある人へ

20万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、20万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで20万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
20万円×0.18×1(年)=36,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで20万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
20万円×0.05×1(年)=10,000円となります。

借りる金額が少ないので、利子の金額としてはそれほど大きくは感じないかも知れませんが、
金利の差が、結果的に軽く3倍以上、4倍近い利子の差となって表れているのは事実です。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金借りる際に気をつけたいこと

お金を借りる際、あなたはどのようなことを注意していますか。必要な金額以上に借りないように気をつけていらっしゃいますか。それとも借りたお金を約束の日にきっちり返すことを心がけていますか。友人、知人からお金借りる際、両親からお金借りる際、会社からお金借りる際、金融機関からお金借りる際、それぞれ借りる際に注意した方がいい点があります。しかしどこから借りるにしても必ず守るべき点があります。それは借りる際に貸し手を約束した返済期日を守ることです。返済期日がどうしても守れない場合が出てくる可能性は極力避けるできでしょう。返済期日を守らなければ次の機会に借りるのが大変になる、または借りることができなくなると思っておいた方がいいかもしれません。お金借りる側のあなたにとっても大切なお金なので頭を下げて借りるのですが、貸す側にとってもあまりあるお金ではなく大切なお金を貸し出すということを忘れてはいけません。大切なお金をあなたに貸し出すということはどういことかお分かりになりますか。それは約束の期限にあなたがきっちり返済してくれると信頼のもとに貸し出すのです。それを破れば信頼関係が崩れるのは当然です。そうなれば次の機会にお金を借りることは難しくなります。友人、知人であれば今までのあなたとの色々な関係により貸してくれるのでしょうが、金融機関となるとそうはいきません。無担保で小額の貸し出しには所得要件がない代わりに15%前後の金利が設定されているのはそのためです。
 
借入前に消費者金融の豆知識

消費者金融の豆知識をお金を借りる前に知っておくほうが、自分にとって良いお金の借り方ができます。消費者金融の豆知識として、お金を借りる必要性は十分に理解が必要です。お金が必要になる場面は色々な状況であります。どのような状況でも、お金が必要だと思う場合は、なるべくはやく借入をしたいものです。しかし、本当にお金を借りる事が必要なのかどうか、お金を借りる理由はしっかりと考える事が大切です。借りた金額は必ず返済しなければならず、もらえるわけではありません。消費者金融によっては高い金利がある事もあります。金利が高ければ、それだけ返済が困難になることも十分に理解しておく必要があります。また、消費者金融会社を利用する場合には限度額があり、あまりにも借りすぎてしまうと、本当に必要な時にお金を借りる事が出来なくなってしまいます。そうならないためにも、給料を待つことができずにほしいものを購入したい場合や遊びにお金を使いたい場合の借入は、ほどほどにしなければなりません。また、限度額が大きいからといって、あまりにも借りすぎると、返済がとても大変になります。お金を借りるのはとても簡単ですが、返済はそれ以上に大変なことも理解しておかなければなりません。これらの消費者金融の豆知識を理解して、上手く消費者金融で借入をすれば、お金が必要な時にすぐにお金を借りる事ができるので、とても便利に利用する事ができます。返済をしっかりとできるように注意を払う事が大切です。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.