200万円貸して!明日までに200万円用意する必要がある人へ

200万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、200万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで200万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
200万円×0.18×1(年)=360,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで200万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
200万円×0.05×1(年)=100,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れています。これは大きいですね。

ですから、少しでも安い金利で200万円を借りたいものです。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

キャッシングでお金借りる前に国の融資制度を検討しよう

お金借りるには、キャッシングが手軽で目が行きがちです。しかし、もしも収入が少なくて、お金借りることを考えている方は、まず、国の制度を検討してみましょう。国の個人向け融資に、総合支援資金があります。これは、連帯保証人を確保した場合は貸付利子は無利子となります。また総合支援資金は連帯保証人を立てられない方も、年1.5%の利子で貸付を受けることができる制度です。その受給条件は、低所得者世帯となります。低所得世帯とは、市町村民税非課税程度であり、収入の減少や失業などにより、生活に困窮していることをいいます。そして、公的な書類などで本人確認ができることも必要です。そして、記載の住所に現に居住していることです。また、実施主体機関から継続的な援助を受けることに同意していることも条件です。その支援により、自立した生活を営むことが可能となり、返済が見込めることも必要です。それ以外に、他の公的給付や公的貸し付けが受けられず、生活費をまかなうことができないことも条件となります。そして本人及び、関係者が暴力団関係者でないことも条件のひとつになります。以上の条件に合えば、無利子または年利1.5%という低金利でお金借りることができるのですから、この総合支援資金を利用して、生活を立て直していきましょう。キャッシングは、手軽ですが、その分、金利が高いため、少額を短期間の借り入れにとどめたほうが賢明です。生活に困る状態では、金利も高い条件での借り入れとなるでしょう。また、返済に追われて借金返済のための借り入れを行ってしまうと、多重債務者になってしまい、ますます生活は厳しくなります。まずは、生活の立て直しをすることが重要なのです。

 
消費者金融のメリット

消費者金融のメリットは、いろいろと挙げることができます。審査の基準が甘くて無担保で即日融資を受けることができる事や、日本全国にATMが設置されているために、24時間どこでも手数料なしで利用することができる事は、以前は他の金融機関には真似をすることができない消費者金融のメリットでした。しかし現在では大手の消費者金融は、銀行の傘下に入って経営を行なっている場合が増えたために、銀行でも消費者金融のメリットを生かした融資や営業方法を行うようになってきており、銀行と大手の消費者金融の線引きが曖昧になってきています。そうなると信頼度が高いというイメージがある銀行の方に利用者は集まってしまうので、現在の消費者金融は厳しい状況にあるのかもしれません。過剰な取立ての様子が繰り返しテレビで取り上げられたことにより、業界のイメージはかなり低下してしまいました。イメージを上げるためには堅実で健全な経営を行っている事をアピールしなければなりません。その意味では銀行と大手の消費者金融のイメージが重なってきていることは、悪いことではないのかもしれません。消費者金融としてというよりも、それぞれの企業が生き残るために知恵を絞っているというのが現状なのでしょう。利用する側としても融資の形態の選択肢の幅はいろいろあったほうが良いので、消費者金融のメリットを取り入れた融資を銀行が行うようになった事は歓迎すべきことです。どの業界を利用するのかではなく、どの商品が優れているのかが判断材料になるわけですから。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.