40万円貸して!明日までに40万円用意する必要がある人へ

40万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、40万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで40万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
40万円×0.18×1(年)=72,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで40万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
40万円×0.05×1(年)=20,000円となります。

借りる金額はそれほど大きくないですが、金利が高いと支払いの利子がそれなりに高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

簡単にはお金を借りることができない

銀行、消費者金融、信販会社からお金を借りる場合に、お金を貸してください。はいどうぞ。というふうには簡単にはお金を借りることはできません。お金を借りるには銀行、消費者金融、信販会社どこの場合でも審査があります。これはお金を貸してもきちんと返してくれるかどうかを審査するものと考えてよいでしょう。あなたが仮に二人の友人から借金をお願いされた時、一人はサラリーマンで一定の収入がある人で、住宅ローンなどのローンがない人。もう一人は、パチスロで生計を立てている人で、車のローンがある人。このような場合は、ほとんどの方が前者の方にお金を貸すことがあっても、後者の人にはなかなかお金を貸すことはないのではないでしょうか。それは、お金を貸しても返ってこない可能性が高いと判断できるからです。このように、銀行などでもきちんと返済できるかどうかは、重要な審査なのです。お金を貸しても返済してもらわなければ、その銀行などは不利益になってしまいますのでお金を貸すことはないのです。申込みに必要な物は、本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどが必要です。これは他人になりすましてお金を借りることを防止する為だと思います。それから収入証明書となる源泉徴収票や確定申告書も必要となってきます。これはきちんと収入があるかの証明ですので、無職の人に貸してもお金は返ってこない可能性を防ぐ為だと思います。このようにこれらの書類をしっかりとチェックされこの人にお金を貸しても返済されると認められればお金を借りる事ができるのです。
 
現在必要な消費者金融の豆知識

消費者金融は融資を受けやすい金融機関としてのイメージが定着していますが、総量規制の施行によって企業の意思には関係なく融資を受けることができなくなっています。総量規制とは消費者金融に対して年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという規則であり、基本的には多重債務者を長期的に減らすためのルールだと考えられています。こういった中で消費者金融を利用するためには、消費者金融の豆知識が必要となっているようです。消費者金融は個人に対して行う小口の融資を中心に行なってきました。融資の限度額の上限が50万円ほどの形態が多かったように思います。これらの小口の融資は総量規制の対象となるために総量規制の上限に抵触している場合には、新たな融資を受けることができなくなったわけです。こういった場合には違う形態のローンを探さなくてはなりません。消費者金融の豆知識というわけではありませんが、おまとめローンと呼ばれるローンがあります。借金の一本化を目的としたおまとめローンは総量規制の規則の対象外であるために大枠の融資を受けることができます。これらのローンを利用するために知恵を絞ることが多重債務に悩んでいる人たちにとっては、脱出するための一つの方法でしょう。おまとめローンは銀行が主に行なっているために、消費者金融の豆知識というよりは、銀行のローンについての知識のほうが役に立つのかもしれません。金融機関が行なっている融資のいろいろな形態を知っておくことは非常に有益なことだと言えるでしょう。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.