400万円貸して!明日までに400万円用意する必要がある人へ

400万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで400万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
400万円×0.18×1(年)=720,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで400万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
400万円×0.05×1(年)=200,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金借りる際の基礎知識、銀行の審査

お金を借りるときは、どの金融機関でも必ず審査を行います。この審査の基準となるのが信用情報機関からの様々な個人情報です。金融業界側は、借金を申し込んできた人が過去に事故を起こしていないかを確認できるようになっていて、もしその人が他社への返済をしていなったなどの事故情報があれば新たな貸出しを拒むこともあります。ブラックリストという言葉をよく耳にしますが、ブラックリストとはこのように事故を起こした人を融資不適格者として記載したものです。金融業者は自社の会員の個人情報や利用実績、返済実績をデータベース化していて、融資不適格と判定されるとその借り手は社内ブラックになります。 社内ブラックとはいえ信用情報機関に記録される場合もあり、金融業者が合併した際には情報が共有されます。この個人情報は本人でも照会ができるので、自分のことが気になる人は直接照会することをお勧めします。しかし、借金の返済が数日遅れてしまったからすぐに登録されることはありません。3ヶ月以上借入金の返済が延滞した場合や自己破産、特定調停、任意整理がなされた時、個人再生手続をした時、本人が行方不明になり貸金が回収できない時などにブラックリストに記載されます。もし一度記載されてしまっても、借金を完済してから5年後に情報は抹消されます。 ただそうはいっても、お金を借りることはとても重要なことです。近年、気軽にキャッシングを利用する人が増えていますが、お金を借りる行為は「借金」であるという自覚を持ち、返済期限までに返済するのは社会人としてのマナーであることを忘れてはいけません。

 

カードローン(top)

個人で気軽に利用することのできるローンの形式として、カードローンは大変使用頻度の高いローンとして扱われています。一般的なローンとして知られている住宅ローンや教育ローンなどは使用する目的が、住宅購入のため、もしくは教育費のためなどの使用するための目的がはっきりとしているという特徴があります。そのために自分が使用したい目的によってローンを組むことが事実上不可能であるという考えがなされるものとなっています。

しかしカードローンであれば、使用する目的に関係なく融資を受けることができるために、大変使用される機会の多いローンの形式の一つとされています。カードローンを展開している系列には様々な種類の機関が存在していますが、大きく分けて、銀行系のカードローンか、それ以外の企業の行っているカードローンに大別することができます。

銀行は金融商品を扱う機関の最大手であることは言うまでもなく、ほかの機関が行っているカードローンと比較して、金利が安く利用できるという点や、比較的信用できるカードローンが揃っているという特徴があります。そのために安心して利用できるという点で銀行系カードローンの方が優れていると言われています。しかし銀行系カードローンは、信用で成り立っている機関でもあるために、本当にその顧客に対して融資を行っていいのかを判断するための、審査がほかの企業が行っているカードローンと比較して厳しく設定されていることが多いと言われています。それぞれに特徴のあるカードローンを自身の目的や状況に応じて使い分けることが必要になります。

その他にもカードローンには様々な返済方法が設けられており、自分の返済プランに応じた返済方法を考えることができるということも特徴の一つとして挙げられています。返済期間に応じて、返済額が安くなっていくものや、常に一定した返済額を保つことによって、長期にわたる計画が立てやすくなっているものなど、実に多くの返済プランが存在しており、こちらも自分に合わせた方法を探っていくことがより良いカードローンの使用方法であるとされています。 計画に合わせてしっかりとした返済プランを立てることが、カードローンの賢い使用方法となります。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.