50万円貸して!明日までに50万円用意する必要がある人へ

50万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)

ここでは、50万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで50万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
50万円×0.18×1(年)=90,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで50万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
50万円×0.05×1(年)=25,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、金利が高いと支払いの利子が結構高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金借りる際悪徳業者と関わらないために

お金借りる際に絶対に関わっていけないのが闇金といわれる悪徳業者です。ではこの悪徳業者には具体的にはどんな種類や手口があるのでしょうか?まずは090から始まる電話番号だけを載せている金融業者を090金融といい、お金借りるとほとんどが法定以上の金利を請求してくる闇金です。次にチケット金融といって具体的には商品券や鉄道回数券などを購入させて金券ショップに売る悪徳商法があります。また紹介屋といって他の業者を紹介するといって仲立ちをすることなく紹介料を要求してくる手口もあります。そしてシステム金融といって悪徳業者がグルになってある業者が融資をし、またある業者が返済期限近くに借入の勧誘を行うといった手口もあります。この勧誘に乗ってお金借りることになった場合には、借り入れ金は雪だるま式に増えるといえるでしょう。さらに買取屋といって申し込んだ人にクレジットカードで商品を買わせ融資を行わない手口やさらに整理屋といって債務を抱えている人に弁護士などを紹介すると持ちかけて手数料をとる手口、それから年金担保金融といって年金証書、クレジットカード貯金通帳、銀行印を担保に融資を行う手口があります。普通はこういった担保による融資は公的な融資機関以外では認められません。そしてもし相手が悪徳業者だと分かった場合には情報をリストアップして通報しましょう。登録業者の場合には都道府県の金融課、登録していない業者であれば警察にです。この場合の情報とは業者の登録番号、名前、電話番号、住所のことであり、また自分の借り入れ総額や借り入れ理由なども含まれます。
 
消費者金融の豆知識とは

消費者金融の豆知識とは、お金を借りる前に知っておいたほうが良い知識や用語全般の知恵のことです。現在では1000万人以上の利用者がいると言われる消費者金融ですが、規模によっての融資の内容には違いがあるために、ひとくくりには出来なくなってきています。例えばかっては、消費者金融と言われていた代表的な会社のうちの多くは、現在では銀行の傘下に入っていることが多くなっていて、中にはサービスブランドの名前も変えてしまったような場合もあります。これらの大手の会社は、銀行系消費者金融と呼ばれており、融資の内容も以前とは違ってきています。これらの大手の消費者金融の豆知識と中堅どころや新規の消費者金融の豆知識とは、融資の内容や会社の規模やイメージにかなりの開きが出ているために、必要とされている知識も異なります。消費者金融の業界としては、現在は冬の時代と言えるでしょう。派手なテレビコマーシャルを盛んに行なっていた時代とは違い、堅実さや信頼といった要素が問われるようになっています。その中で大手は銀行系消費者金融としてイメージを変えようとしているのでしょう。総量規制と呼ばれる年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという規則が施行されたために、小口の融資を以前ほど頻繁に行えなくなった事も大きように思われます。小口の融資よりもおまとめローンといった大型の融資を行うために、返済能力の高い利用者を選ぶようになっています。消費者金融の変化といえる傾向でしょう。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.