500万円貸して!明日までに500万円用意する必要がある人へ

500万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで500万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
500万円×0.18×1(年)=900,000円となります。

今度は金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで500万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
500万円×0.05×1(年)=250,000円となります。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

身の丈にあったお金を借りる

賃金業法が2010年6月に施行されたことにより導入された総量規制。これは、お金を借りることができる合計金額が年収の三分の一までに制限されることになったということで、例えば年収450万円の方の場合は150万円までしか借り入れができないということになります。ただし、総量規制の対象は消費者金融、信販会社などですので、銀行は対象外となります。このように、お金を借りる場合、いつでもいくらでも借りる事ができるわけではないのです。もっとも高額なローンと言えば住宅ローンがあげられますが、住宅ローンの場合も年収によってお金を借りられる金額が違ってきます。年収600万円以上の方は年収に対する返済額の割合は40%程度まで借り入れが可能ですが、年収250万円未満の方は年収に対する返済額の割合は25%以内とされています。このように収入によって借りる事ができるお金が違ってきますので、一等地に豪邸を建てることができるというのは本当に数が限られているということなのです。庶民には庶民に見合ったお金を借りて家を建てるということになります。これは多額の借り入れをしても返済不可能になるのを防止することにもなりますし、返済が苦しくて命を絶つという最悪な結果を減らすことも考慮しているのだと思いますので、お金を借りる際は無理なく返済できるように考えられているということです。どうしても一等地に豪邸を建てたいと思っている方は、貯蓄をして頭金を貯めれば可能になると思います。

利子が安いローン会社を選ぶ

ローン会社を選択する際、どういったポイントを重点に置いているでしょうか?多くの方は、利子が安いローン会社を選んでいると言われています。なぜなら、借りた額や借りる期間によって利子も多く払っていかなくてはいけなくなるからです。

本来なら、借りた額を返済すれば良いわけですが、借りた手数料として利子を支払っていくことになるため、安ければ安いほど支払いの負担も軽減されるのは言うまでもありません。利子が安いローン会社が最近多くなってきているのをご存知でしょうか?

たかが数%だったとしても、金額が大きくなればなるほど利子もたくさん支払っていかなくてはいけません。この数%をトータルしてみるとかなりの高額になることも珍しくはありませんから、利子が安いローン会社を選択するに越したことはないのです。では、どうやって利子が安いローン会社を見つけていくと良いのでしょうか。

ローン会社を調べるために、インターネットを活用されている方の割合の方が多いといってもいいくらいインターネットから情報を収集されています。インターネットには、各ローン会社の詳細はもちろんのこと、利子が安いのはどこの機関なのかも併せて調べる事ができるサイトなども複数存在していますので、利用してみる価値は十分にあるでしょう。

また、実際にローン会社に足を運び、利子について説明を受けるのも良い方法の一つではないでしょうか。自分の目と足を使って探していくことが大切です。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.