80万円貸して!明日までに80万円用意する必要がある人へ

80万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、80万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで80万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
80万円×0.18×1(年)=144,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで80万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
80万円×0.05×1(年)=40,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、金利が高いと支払いの利子が結構高くなってくるのがわかります。
安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりません。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金を借りる事は個人の価値観によるメリットである

お金を借りる事、つまり借金をすることについてですが、世の中には大きく分けて2つのタイプの人間が存在するのではないかと見受けられることが有ります。1つ目のタイプは、預金が有っても、お金を借りる事を当たり前と考える人、2つ目は、預金も無く、すべてを使い果たした上でお金を借りる事を考える人です。預金が有る程度有るにも拘わらずお金を借りる事を考える人は、預金としてストックしたお金が有ることで、何か大きな買い物をした場合の、万が一のリスクを想定する事が出来る方ではないでしょうか。そして、たとえ借金をしても、日々の生活をゆとりある気持ちで楽しみながら、借金を返済してゆく覚悟を決めた方でもあるのでしょう。さて、ストックした現金も何も持たないで、お金を借りる事はどうでしょう。それはまるで、リアルな人生ゲームを楽しむプレイヤーのようです。その時、その瞬間を、ギリギリの崖っぷちで生きているような感覚なのではないでしょうか。家族を持たないシングルの身であれば、至ってシンプルでも有りますが、そこに巻き込む家族の存在が有れば、それは大きな波紋となることが想定されることになります。しかし、お金を借りる事のメリットは、このどちらにも有りと言うのが答えです。誰にも想定できない未来をどのように捉えて生きていくのかは個人の価値観だからです。そこでトラブルを抱えてしまう人も有り、難なくクリアーとなる方も有り、その原因や、結果を人間があらかじめ知ることは困難なことなのです。お金を借りる事のメリットは、それをメリットとする個人の価値観が決めることに他なりません。
 
消費者金融の効果とは

消費者金融はらお金を借りるととんでもない利子を請求されるのではないかと不安に感じているため、借り入れを行なうことに躊躇してしまうという方も実際にいるようです。しかし大手消費者金融業者はしっかり法令を遵守しているため法外な金利を請求されるようなこともありませんし、返済計画をしっかりと立てて借り入れを行なえば過払い金問題に悩まされることも無いと言えるでしょう。実際日本人の十人に一人が消費者金融業者から借り入れを行なったことがあるというデータもありますし、利用方法さえ間違えなければ事業や家庭にとってプラスに働くシステムが消費者金融の貸し出しなのです。消費者金融の効果が明確に現れる場面として挙げられるのが、個人事業主として起業を行ないたい時の資金繰りでしょう。会社を立ち上げるためにはどうしても大きな金額の初期投資費用が必要不可欠です、無担保で借り入れを行なうことが可能な消費者金融を利用することで起業を行なう足がかりが出来ると言えるのです。銀行からの借り入れに比べ審査がスピーディーで、早ければ即日であっても融資が受けられるという点も消費者金融の魅力であり、景気を支えるという消費者金融の効果が如実に現れる場面だと言えるでしょう。実際銀行のローンだけでは資金を確保したいという需要に対し供給が追いつきません、そのため迅速な対応とニーズに合わせ臨機応変に対応してくれる消費者金融の効果は大きいと言えるのです。

更新日:

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.