銀行ローン個人向け融資の審査や金利

銀行でお金を借りる条件や審査 即日融資 総量規制など 30項目

更新日:

銀行でお金を借りる

誰しも生活をしていれば、急な出費はあるものです。本来、そういった急な出費に備え、しっかりと貯金しておくのが理想です。とはいうものの、いつまでも続く不景気により、減給、ボーナスカットという職場も少なくありません。にもかかわらず、ガソリン価格の高騰、電気料金の値上げ、近いうちに消費税もアップされてしますでしょう。そういった背景があるので、わかっていてもなかなか貯金をしておく、ということは難しいでしょう。

そんな時でも関係なく冠婚葬祭はやってくるものです。しかも独身時代は特にいろいろなところに旅行したり、気に入ったバッグや財布、時計などの高額商品も購入したいと思うものです。それなのに貯金がない、となれば、冠婚葬祭にも参加しなければいけませんし、旅行はいける時期に行かないと結婚、出産、育児など、いろいろなイベントがあって、いけなくなってしまうこともあるでしょう。そのため、旅行思い出も作れない、そんなことでは人生が台無しになってしまいます。

そんな時には銀行からお金を借りるという方法があります。ただ、使用目的が限られている銀行の融資だと、申し込みから審査、実際の融資までは数週間もかかってしまうこともあり、急な出費にも対応できません。ましてや、旅行や品物の購入のとなると目的が違うので審査が通ることはありません。

ですが、銀行からお金を借りる場合、カードローンを申し込み、そちらから借りるという方法もあります。カードローンだと、遅くても翌営業日、早ければ申し込んだその日に融資を受けることもできますから、( 下の※参照)冠婚操作など急な出費にも対応できます。しかも、使用用途は何でもOKなので、基本的にどんな理由でもお金が借りられるのです。

しかもそれでいて消費者金融カードローンよりも金利が低いので、気になる利息もある程度抑えることもできます。しかも銀行カードローンは、消費者金融のように総量規制により年収の3分の1までしか借りられないということはありません。そのため、おまとめローンとしても利用できるメリットがあります。( 下の※参照) お金を借りたいという人はまず銀行カードローンを考えてもいいでしょう。

 

銀行でお金を借りるための最低条件

  • 安定収入がある
  • 信頼がある
  • 20歳以上

銀行でお金を借りる(カードローン)メリット①

  • 悪徳金融に騙されることがない
  • 即日融資が可能 下の※参照
  • 総量規制対象外 下の※参照
  • 消費者カードローンより低金利
  • 高額融資も可能

※銀行のカードローンが審査や広告に対して自主規制を強化する流れにより、これらの記載が自粛となりました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随するようになっています。
参考:https://businesslounge.jp/finance-news/1791.html

銀行でお金を借りる(カードローン)メリット②

  • アルバイト・パートでも借り入れできる
  • カードが発行されても使用するまで利息はかからない
  • コンビニでも借り入れ可能
  • 24時間いつでも借り入れ可能
  • 担保・保証人不要
  • 金額によっては所得証明不要 上の※参照

銀行でお金を借りる際の審査のポイント

  • 年収はいくらある?
  • 他の借入はあるか
  • 家族の構成は?
  • 住まいの信用度
  • 職業の信頼性
  • 年齢制限はあるか?

一時的にお金を借りた銀行カードローン体験談

  • 身内の葬儀で一時的にお金が必要
  • おまとめローンとして
  • 分割払いができない買い物
  • パチンコで負けて大ピンチ
  • 給料日までの生活費

-銀行ローン個人向け融資の審査や金利

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.