カードローン利息が1番安いのはどこ?<無利息期間あり>がオススメ!

身近なカードローンの基礎知識

カードローンとは、本人の確認と個人信用情報に応じて無担保でお金を借りることができ、分割で返済することが可能な融資のことです。カードを作ることでそのサービスを受ける事ができることからカードローンと呼ばれ、お金を借りるという点では一番私達の身近に存在するものです。よるあるのはクレジットカードのカードローンです。クレジットカードには、キャッシングサービスとは別に、会員向けに取扱っているリボルビング方式で返済する融資機能を備え付けることができます。カードローンを希望すると個別に審査をしたうえで、カードの利用限度額とは別にカードローンの利用の利用枠を設定することができるのです。このようなカードを信販系カードローンといいます。その他に、銀行系カードローン、消費者金融系カードローンがあります。それぞれ、金利や審査のスピードなどで差があります。カードローンは、よくある銀行のローン、例えば自動車ローンや教育ローンなどといった目的別ローンの仕組みと異なります。目的別ローンは一定の金額の融資を受け、それを毎月分割で返済していくローンです。ですが、カードローンは個人信用情報に基づき利用限度額が決められれば、その範囲内でATMなどから自由に借入することができます。借入限度額は、年収やほかの借入があるかどうかで決まり、総量規制という制度の影響を受けています。返済については様々な方式があり、従来の元利均等方式や、残高スライド制などに加え、ある時払いという毎月の返済額が変動できる返済方式もできています。借りる、返すを身近な方法で自由に繰り返す事ができる点が、カードローンの特徴です。

カードローンの基礎知識

ここでは、カードローンの選び方や借り方、申込時の注意点などを説明します。カードローンのローン(loan)とは「貸付」という意味ですが、私たちにとってみたら「お金を借りる」ということを意味しています。手元の貯蓄でカバーしきれない場合に、お金を借りて返済することになるので、住宅購入や自動車購入、教育費など生活設計を支える手段にもなります。カードローンには借入先やその内容によって、次のような分類・特徴があります。銀行などの民間金融機関、信販会社や消費者金融などのノンバンク、そして住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や日本政策金融公庫国民生活事業(旧国民生活金融公庫)などのような公的な機関があります。一般的に公的な機関のカードローンは、使途や借入れ条件、借入限度額などに制約がある一方、金利が比較的やすくて、固定のタイプのものが多くあるといえます。一方、民間の金融機関やノンバンクは、使途や借入れ条件が比較的緩やかで、借入限度額も大きく、金利や返済期間など選択肢が非常に多くなっています。カードローンはその借入目的から、「使途が限定されたローン」(住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、他の目的別のローン)と「使途がフリーなローン」(フリーローン、カードローン)に大別できます。一般に、「使途が限定されたローン」は、使途を証明する書類が必要なことが多く、同じ金融機関であれば「使途がフリーなローン」と比較して、金利が安いというメリットがあります。

カードローンのメリット

手もちの現金がなくても買い物や飲食店の会計に利用できるクレジットカードはとても便利です。しかし、クレジットカードが利用できないお店もたくさんあるのが現状です。急な接待などで利用するお店がクレジットカード利用ができないお店ならば、やはり現金が必要になります。他にも現金でしかお金のやり取りができないシチュエーションはたくさんあります。例えば、友人同士で割り勘にしたときの支払いなども、現金支払いとなります。お給料日まであとわずかだけれども、今手元にないが、今日支払わなくてはならないということもあるでしょう。そんな時に便利なのがカードローンです。無担保、無保証人で、スピード審査が可能ですし、即日融資も可能ですから、カードローンは急な出費を余儀なくされたときには大変便利なのです。その他にもカードローンのメリットは、コンビニエンスストアなどのATMで24時間借り入れが可能で、短期であれば、利息は、銀行の時間外手数料よりも安く抑えられます。例えば、3日間、年利18%で1万円借りた場合の利息は約15円となります。しかし、これも積み重なっていくと、支払う利息が膨らんでいきますので、あくまでも短期間の借り入れとして、緊急時の対応とするとよいでしょう。カードローンは借入時だけでなく、返済時にもコンビニエンスストアなどのATMが利用できます。返済のしやすさにより、余計な利息を支払わなくて済みますから、上手に利用したいものです。

コンビニで利用できるカードローン

カードローンは、審査や融資が早いのが特徴で、即日融資もしてもらえるところもありますので、便利なカードと言えるのではないでしょうか。買い物で現金をすべて使ってしまいクレジットカードもない。家に帰る電車代がないなど急にお金が必要な時があると思います。お金がないのを気が付いたのが深夜だったりすれば、銀行のATMは当然閉まっていますし、深夜に親や親友を呼ぶのも申し訳ないですので、本当に困ってしまうのではないでしょうか。そのような深夜にお金が必要になった時にカードローンが役に立つのです。コンビニにATMが置いてあるところが多くなってきていますが、そのコンビニのATMで利用が可能なのです。コンビニであれば24時間利用可能ですし、日本全国沢山ありますので助かるのではないでしょうか。しかもお金の返済もコンビニでできるのも便利ですので見逃せないところだと思います。消費者金融のATMですとどこか入りづらいと思う方も多いと思いますし、深夜に利用する場合は人が隠れていたら恐いという気持ちがあると思います。融資されたお金を強奪される危険もあるのではないでしょうか。しかし、コンビニのATMでしたら普通に利用しやすいですし、店員さんがいるというのは特に深夜に利用する女性は安心できる要素だと思います。このようにカードローンは急にお金が必要になった時は非常に役に立つカードですので、万が一の為に作っておくのもよいかと思います。

カードローンの効果とは

カードローンは、急な出費が重なるなど、手持ちの現金が足りなくなった時に活用すると非常に便利です。普段は現金しか使わない人にとってカードを持つことは抵抗があるかもしれませんが、貯金を切り崩すのではなく、一時的にカードローンを利用するというのも一つの方法です。カードローンの特徴は、無担保かつスムーズに融資を受けることができることです。使い道が決まっている自動車ローンや住宅ローンは担保が必要ですが、カードローンは担保無しでローンを組むことができます。そして、申込んでから審査・融資までの流れが非常に早く、インターネットや無人契約機などで誰にも知られることなく借りることができます。審査を通過したら、定められた限度額の範囲内でカードを使って融資を受けることができます。ローンを組む前に必ずしておきたいことは、返済計画を立てることです。カードローンの返済は、毎月一定額を返済していくリボルビング払いが最も多いのですが、お金に余裕がある時は返済額より多めに返すことができます。利息は日割りで計算されるので、早く返済できればその分だけ支払利息が減ることになります。また、短期間の借入であれば、銀行のATMの時間外手数料より利息の方が安くなる場合もあり、手続きもコンビニなどで手軽に済ますことができます。反対に、返済が遅れて借入期間が長引くと、多額の利息を支払うことになってしまうので、返済計画はとても重要といえます。

カードローンを利用する事によって得る事

カードローンを利用する時はどのような時でしょうか。ほとんどの方が急にお金が必要になった場合に利用するのではないでしょうか。クレジットカードが利用できる場合はクレジットカードを利用する方もいらっしゃいますが、現金が必要になる場合も日常生活において以外と多いと思います。子供の学級費を払わなければならない。出産祝いのお金を渡したいなど。日常生活でも現金が重要とされる場面はあると思います。たまたまその月の給料を使い過ぎてしまい現金が家にないような時や、貯蓄がない時などはカードローンを利用して現金を手にする事ができるのです。子供の学級費を払わないでいると子供がいじめの対象になることもありえますし、出産祝いのお金はなるべく赤ちゃんが生まれたらすぐに渡すほうが喜ばれますので、現金というのはなくてはならないものなのです。しかし、カードローンで現金を手にすることでつい返済を忘れがちになりやすい事もあります。すっかりお金を借りている事を忘れてしまい、返済がどんどん遅くなればどんどん利息が膨らみいつのまにか返済が不可能なくらいになってしまってから気づいたのでは遅すぎます。そうなってからですと多重債務者になりかねません。カードローンを利用した時はしっかりと自分で返済の管理をしなければなりません。お金は借りたら返すもの。という気持ちを常に持ち続けている事が大切なのです。自分自身の為、家族の為にもお金の返済はお早目に行ないましょう。明るい未来の為には最低限のマナーとなるのです。

借入と返済のタイミングを見極めた少しでも有利なカードローンの利用法

カードローンでお金を借りることは消費者にとって便利で簡単です。しかし、このカードローンでお金を借りることは、つまり利息を支払う事にもなります。借入期間が長ければ長いほど、利息として支払う金額は嵩むのです。借りたお金を返済するのは当たり前の義務ですが、利息を多く支払うか、少なく支払うかは消費者の知恵や心がけで少しは改善することが可能なのです。カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠、それらはすべて消費者が現金を借入するための道具です。その裏には消費者金融などの金融機関が存在し、正確な利息計算を施し、消費者への返済を促しているわけです。まず、利息の計算方法はご存知ですか。 元金×実質年率×利用日数÷365日=利息これは基本の利息計算式となります。返済方法により支払金額は変わります。利息を多く支払わないための方法は、元金を確実に減らす返済方法を選択することですが、月々の返済額が多くなると消費者に負担が多くなることが考えられます。カードローンの中でクレジットカード利用の際、毎月の締日は知っておくべきです。締日に借りたお金を最初の支払日に払うのが最短の借入日数となります。2回払いまでは金利手数料が無料となる場合が多いのです。リボルビング払いは返済は楽ですが、支払期間がエンドレスとなり利息の支払ばかりが嵩む結果となります。少しでも有利な借入は利息を最低限にすることです。借入と返済のタイミングを見計らうことが少しでも有利な借入と言う結果に繋がるのです。

カードローンのサービス利用の裏ワザ

カードローンの返済は、一般的に借り手の普通預金口座から毎月の決まった返済期日に自動的に返済される自動支払いの他に、自宅のパソコン等からインターネットバンキングを利用したインターネット返済も可能です。又、全国の津々浦々にある提携コンビニのATMや、提携銀行のATMを利用する事で手軽に返済する事が可能なATMによる返済があります。返済時のATM利用手数料や時間外利用手数料は無料です。更に、消費者金融会社によっては、30日間無利息サービス等の金利が一定期間掛からないサービスを行っている所もあります。初めての利用である等のそれぞれの条件を満たせば、無利息で借り入れる事が可能です。条件が合う場合はお得に利用出来ます。又、日割り計算を適用出来る返済方法もお得です。クレジットカードのキャッシングサービスでは、支払いは月に一度で日にちも決められている事が多いです。カードローンの場合は、クレジットカードの様に月に一度の自動支払いによる返済方法もありますが、所持金に余裕が出来た時には何時でも返済する事が可能です。何時でも返済出来ますから、余計な金利を支払う必要がありません。その他に、カードローンのサービス利用の裏ワザとして、休日や祝日にお得に利用する方法があります。例えば、休日や祝日に手持ちのお金が足りない場合に、銀行から預金を降ろそうと銀行ATMを利用するとします。すると各銀行によって違いますが、2百円程度の時間外手数料が掛かってしまう事が多いです。しかし、消費者金融サービスの場合、返済時のATM利用手数料や時間外利用手数料は無料ですから、数日間借りても1日数円程度の金利の負担で済みます。

銀行のカードローンのメリット

カードローンは、銀行や金融機関等が発行するカードを使ったローンのことです。始めに、借り入れることが可能な金額を決定します。その金額内であれば、ATM等を利用して自由にお金を借りることができます。お金は、自分の好きなように使うことができます。又、カードローンに用いるカードは、専用のものと、金融機関の普通預金口座のキャッシュカードがあります。専用カードは、金融機関に預金口座が無くても使うことができます。とても便利に使えるカードローンですが、利用するにはやはり審査があります。銀行のカードローンを考える場合、仕事を持っていない無職の人や、専業主婦、学生等は審査に通ることは簡単ではありません。又、パートやアルバイトのような働き方をされている方も同様に、難しいかもしれません。しかし、最近では貸金業者が保証してくれるカードローンであれば、比較的審査が厳しくないとも聞きます。では、どのように返済するのでしょうか。返済は、多くの場合口座自動振替で、毎月決められた日に振り替えるという返し方をします。中には、ATMから入金というものもあります。銀行のカードローンを利用すると、低金利なのが魅力です。できるだけ金利は安い方が誰でも嬉しいですね。銀行のカードローンは、貸金業者よりもほとんどの場合金利が安く済みます。但し、注意して欲しいのが、変動金利制の場合です。契約後に金利がアップすることもあるからです。そして、最も気を付けなければならないことは、返済計画をしっかり立ててから、利用しなければならないということです。便利だからといって、計画無く借りることはしないで下さいね。

いざという時、カードローンの重要ポイント

カードローン、普通預金に付帯させておくと非常時にとても便利な商品です。審査もそれほど難しくありませんし、商品によっては限度額が30万円前後と小額であるため使いすぎる心配もありません。また学生や主婦の方でも限度額がありますが契約できますのでいざという時に備えて契約しておいて損はないでしょう。しかし、それは非常時にのみ使う場合に限ってです。カードローンはとても便利なものです。枠内であればキャッシングのように申し込みもせず、カードローンを申し込み審査に通れば自動的にいつでも使うことができるのです。考えようによっては消費者金融のどの商品よりも便利で簡単に借入ができる商品かもしれません。それゆえ、一歩間違えると大変な商品となるとも言えるでしょう。枠内であればいつでも自由に金額を借入することができる。自分の普通口座から出し入れするので借入していることさえ忘れてしまいそうな感じです。しかも毎月一定額さえ返金しておけば何度でも限度額以内であれば利用できるのです。突然の御見舞いに、突然の冠婚葬祭に、口座に残高がないときの公共料金の振替が不能にならないようにといざというときのために備えたカードローン。しかしいつの間にか、欲しいものをみた途端、買わないと損、カードローンを使っちゃおう、今月使いすぎた、カードローンを使っちゃおうと本来の目的から外れて利用しはじめるときりがありません。便利であるが故、いざというときのためにカードローンはとっておきましょう。

SNSでもご購読できます。