カードローン

カードローンで借りれる金額

投稿日:

銀行や消費者金融を利用してお金を借りる事の簡単な説明です
現在、低金利時代におけるお金を借りる事のメリットは、数多くの金融機関が謳っています。その中で、銀行は、お金を借りる事を考える消費者が真っ先に向かう金融機関と言えるでしょう。目的のハッキリとした、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどは、限度額も大きく、返済期間も長期に渡るため、金利が低く設定されています。最近の銀行は、目的の明確でないお金を借りる事にも消費者の見方となってくれます。銀行のカードローンは、実質、その銀行を後ろ盾とする系列の金融機関が融資を行うものが多いですが、銀行でその申し込みをすることも可能です。銀行独自の融資はどうしてもその審査基準が高く、消費者にとっては敷居の高い存在です。しかし、銀行からお金を借りる事のメリットは、他の消費者金融などから比べると格段の差が有るものです。貸金業である消費者金融からの借り入れは、原則、収入の3分の1を限度とされますが、銀行は、貸金業ではないため限度額がその限りでは無いのです。厳しい審査を通過すれば、低金利でお金を借りる事が出来ます。顧客の信用度が銀行からお金を借りる事を可能とする条件なのです。信用度が低いとみなされる消費者が銀行からの融資を断られた場合、次なる方法は何でしょう。消費者金融や信販系の貸金業者を訪ねることになるでしょう。現在、信販系のクレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられている場合が多いです。その限度額は人によって異なる場合も見受けられますが、小口現金として、個人が利用するには便利な機能となっています。そのような小口現金では用が足せないと言う方は、消費者金融を訪ねることになるのです。消費者金融は数百万円を限度とする限度額を設けるところも見受けられ、消費者にとっては救いの神とも見える事でしょう。特に銀行の審査結果を待てない、新規でお金を借りる事を考える方に、即日融資や無利息期間を謳う消費者金融はねらい目となりそうです。しかし、貸金業者を何社も利用している方は利用が不可能となる場合も想定されます。

-カードローン

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.