2016年 9月 の投稿一覧

大和ネクスト銀行は低金利でおまとめローンができます

「ネット専用のフリーローンでおまとめOK」

大和ネクスト銀行は大和証券グループが目指す新しいスタイルのネットバンクです。大和ネクスト銀行におまとめ専用ローンが提供されていませんが、代わりにおまとめに利用できるフリーローンがあります。ですが2016年現在は、新規の申し込みを受け付けてはいません。今後のスケ―ジュールも未発表ですので、興味のある方は直接問い合わせすると良いでしょう。大和ネクスト銀行はインターネット専業銀行ですので、カードの発行も必要としていません。実にスマートなバンキングが可能で、使い勝手も手数料面でもさらに有利な展開をして行くことが期待されています。そんな大和ネクスト銀行のフリーローンは、利用限度額の範囲内で借り入れ・返済が手軽に行えるローンです。そして複数からの借金の借り換えなど、おまとめローンとして活用することもできます。

「200万円以下は収入証明不要」

大和ネクスト銀行フリーローンに申し込む時の条件は、まず年齢制限が20歳~60歳までの安定した収入のある方とあります。基本的に無職の方の利用はできません。また大和ネクスト銀行で普通預金口座を開いている事も条件になります。利用限度額は10万円~500万円までで、一般的な銀行のカードローンレベルだと言えるでしょう。また申し込み手続きから融資手配まで、全てインターネット上で行いますので、店舗への来店もATMの利用も不要になります。ご自分のライフスタイルに合わせて、自由なキャッシングが利用できます。審査は最短で60分の回答が可能です。また利用限度額が200万円未満の場合は収入証明書類が不要になります。これは手続き面で便利でしょう。カードの発行がないため、審査通過後に即キャッシングが利用できる点も大きなメリットです。

「圧倒的な低金利がメリット」

そこで、おまとめには最も肝心になる金利のチェックをしましょう。このフリーローンは超低金利としても高い評価を受けています。限度額に応じて金利が変わりますが、年利4.0%~9.5%の設定になっています。例えば、10万円以上200万円で融資は年利9.5%になります。消費者金融なら年利12%~18%が相場ですから、圧倒的な低金利になっています。また200万円以上400万円では、年利が5.5%にまで下がります。この低金利ならば、他の銀行からの借り入れでさえ金利差でお得になる事でしょう。ですから、現在抱えている多重債務を全て一本化するにはうって付けだと言えるのです。返済方法は指定口座からの自動振替のみとなっています。繰り上げ返済としてのボーナス返済は不可ですのでご注意ください。

とにかく低金利なおまとめローンができる住信SBIネット銀行

「低い金利の住信SBIネット銀行カードローン」

住信SBIネット銀行ではおまとめ・借り換え専用のローンを提供していません。そこで、もし住信SBIネット銀行でおまとめを行いたい場合は、MR.フリーローンがおすすめです。こちらのフリーロンは、当行自身もおまとめ様にと勧めている利便性の高い設定になっています。金利は年3.775%~12.0%となっており、銀行系のフリーローンの中にあってもかなりの割安です。例えば200万円の融資に対する金利が年利7.185%で、5年返済としても月の返済額が4万円以下に抑える事ができます。もし大手消費者金融であれば年利13%を切るか切らないかといったところですので、倍近くお得になるという事です。それから、次の条件を満たせる方は、更に最大で年利1.0%までの金利引き下げサービスが得られます。仮審査の時に当行の住宅ローンを利用している方は年利1.0%の割引に、住宅ローンの契約を済ませている方なら年利0.5%の割引で、SBI証券の取引口座を利用している方も0.5%の割引です。今現在で他の金融機関から高い金利で借金をしている方は、住信SBIネット銀行に借り換えて返済総額を圧縮すると良いでしょう。もちろん月の支払額も小さくなりますので、返済が楽になるのは言うまでもありません。

「WEBの利用でラクラクキャッシング」

SBIネット銀行のMR.フリーローンは、最高で1000万円まで融資が可能です。もちろん無担保・保証人不要で、全てWEB完結での申し込みができますのでとてもお手軽です。また利用明細などもネット配信が可能です。これで自宅などへお知らせ等が郵送される事を回避できますので、家族に借金に関する心配をさせないで済むでしょう。

「MR.フリーローンの返済方法に関して」

MR.フリーローンの返済方法は基本的に「毎月の約定返済」をベースにしながら、利用者の方の都合によって自由な繰り上げ返済が可能になっています。一部繰り上げ返済については、1円単位で何度でも行う事ができますので、余裕がある時にコツコツ繰り上げ返済をして利息分の節約をする事もできるのです。また、繰り上げ返済は住信SBIネット銀行のサイトからでも手続き可能です。最後に住信SBIネット銀?でおまとめする時の注意点があります。まずフリーローンでは変動金利を採用しています。ですから審査通過後の金利設定はあくまでも目安として理解しておきましょう。またフリーローンに申し込む時は、住信SBIネット銀行の口座開設も必要になりますのでご注意ください。

楽天スーパーポイントが貰えるお得なおまとめローン・楽天銀行スーパーローン!

「楽天銀行のおすすめのおまとめローンとは」

複数の借金を1本にするおまとめローンのポイントは融資枠と金利です。どうせなら全ての借金を一本化して、しかもトータルで利息の節約になるプランを探すのが肝心だといえます。そこで楽天銀行スーパーローンが注目です。楽天系のサービスでは楽天スーパーポイントがプレゼントされるキャンペーンが付きモノです。ここでも利用者にはもれなく1000ポイントを贈呈しています。もし楽天銀行スーパーローンに借り換えた場合のメリットをチェックしてみましょう。楽天銀行は非常に使い勝手の優れたネットバンキングというのが一般的な評判です。楽天銀行スーパーローンはWEBからの申し込みは対応速度が早く、もともとおまとめローンとして提供されていた商品ですので、借り換え1本化としてのメリットも明確にされています。まず、100万円以下の融資枠ですと所得証明が不要です。またそれ以上の融資に関しても審査基準は銀行系では通りやすい設定をしていて、多くの方が利用できる工夫がなされているのも大きなメリットでしょう。

「とにかく低金利で融資枠もたっぷりな楽天スーパーローン」

申し込み条件は基本的に安定収入のある方となりますが、パート・アルバイトの方を始め、条件付きで専業主婦でも申し込みが可能です。ただし年齢では62歳以下としています。一般的に銀行では65歳以下ですので要注意です。またお金の用途は事業資金以外はフリーになっています。融資枠内であれば、自由に出し入れができるのはメリットでしょう。そして金利面では、もっぱら低金利だという評価があります。最もニーズの高い100万円未満の利用で年利14.5%です。これは消費者金融系の年利18%からするとかなりお得だと言えます。また大きめなおまとめローンを希望する方では、200万円・300万円の融資が必要になるでしょうが、年利6.9%~の設定になりかなりお得さが増してきます。融資限度枠は800万円とかなり大きな金額で借入ができます。

「返済方法は安心のリボ払い」

返済方法は基本的に残高スライドによるリボ払いになります。例えば利用額が10万円以内であれば、月の返済額は3,000円といった感じで、借入金額に応じた固定額の返済です。長期にゆっくりと返済するのに適しています。ただし、リボ払いによる返金は、なかなか元金が減らないという面がありますので、借入と返済のバランスを考えながら上手に利用する様におすすめします。

ソニー銀行のカードローンでおまとめローンをするメリット

「おまとめローンには最適な低金利設定」

ソニー銀行でおまとめローンを行いたい方も多いでしょうが、ソニー銀行にはおまとめローンやフリーローンがありません。そこで提供されているカードローンを使って、独自におまとめをすると良いでしょう。実はソニー銀行のカードローンは以前に新規申込を停止にしていましたが、最近になって一般からの熱い要望を受けて再開しました。人気の高い理由の一つに、安定収入があればパート・アルバイトはもちろん、無職の学生や年金生活者に専業主婦でも借り入れがOKな点を挙げる事ができます。ただし、申し込みの際にソニー銀行の口座が必要となります。そんなソニー銀行のカードローンは低金利が大きなメリットになっています。おまとめローンとして利用する場合は金利が大きなポイントになります。その点で最低金利が年利2.5%は立派です。これは銀行系でもトップスラスです。また数十万円あたりの融資に対しても上限の年利13.8%までの設定ですので、こちらも平均レベルを下回っている事が分かるでしょう。基本的に銀行カードローンの上限金利は年利15%程度です。また消費者金融などのノンバンク系は、数十万円の融資に年利18%を設定しています。つまり、ちょっとしたおまとめローンをする場合も低金利で済むという事です。

「自宅からでも出先からでも借入れ・返済が可能」

WEBからの申込みで、審査も借入れも返済までもネット上で行えるのは大きなメリットです。もちろん申し込みの審査も、ソニー銀行の口座を持っていれば全てWEB完結ができますし、最短で即日キャッシングもできます。またソニー銀行の営業時間は平日で9時~20時、土日祝でも17時まで対応しています。つまり365日いつでもキャッシングが可能なのです。また、融資額に関しても余裕のある枠が設定されています。例えば無職の専業主婦でも、配偶者に安定収入があれば最大50万円までの枠を提示してくれます。一般の方には最大800万円までの利用枠から、審査によってそれぞれ決定される事になります。これならば、多重債務が数百万円に膨らんでしまった方でも十分に対応できるでしょう。

「借入れ・返済時のATM手数料無料」

利用の際の借入れ・返済(随時返済)でも、提携ATMを利用すれば手数料が無料です。基本的に銀行系では、1回の手続きで108円~216円の手数料を取るところが多くありますので、これはとてもお得なサービスでしょう。なお、基本的な月の返済は自動引き落としで手数料はかかりません。この様に利便性の高いソニー銀行のカードローンですが、利用者は必ず当行の口座が必要となります。また定期の返済は口座引落のみだという点もご注意ください。

ジャパンネット銀行でおまとめローンをするならネットキャッシングがおすすめ

「借り入れおまとめローンの特徴

ネット銀行として日本でも最も老舗であるジャパンネット銀行では、以前まで借り換え・おまとめ専用ローンを提供していました。しかし残念ながら現在(2016年)では新規申し込みを受け付けていません。またおまとめできるフリーローンもありませんので、そこでジャパネット銀行でおまとめローンをしたい方には、ジャパネット銀行のネットキャッシングがおすすめです。初回限定で30日間の無利息期間もあります。この無利息サービスは、もともと金利の面で銀行系に劣る消費者金融のサービスですが、ジャパネット銀行では利用者の利益を優先したサービスに徹しています。ジャパンネット銀行のカードローンのメリットはまだあります。それは利用限度額が1,000万円までに設定している事です。おまとめローンをする場合は、この融資枠がポイントになります。小口のケースでは問題になりませんが、多額の多重債務がある方にとっては、この大きな融資枠が利点になってくるのです。要するに1000万円もあれば、大概の借金を網羅する事が可能となるでしょう。もちろん銀行系のカードローンですので、貸金業の総量規制は受けません。自身に収入がない無職の方・専業主婦や年金受給者でも安心して利用することができます。

「ネットキャッシングの利用に関する注意点」

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは使用目的が自由です。そして1000万円まで融資可能ですが、融資額に関しては個々の収入などを審査して決定されます。また自分の必要とする金額を借入れできるかどうかも審査次第です。審査は前年度の年収を対象に行われますので、申し込み時点で良い収入を得ていても、前年度の収入が低ければそれに準じた融資枠になるのでご注意ください。なお以前は借入・おまとめ専用のローンを提供していましたが、今では新規申し込みを受け付けていませんので、こちらもご注意ください。

「金利はやや高めの設定」

ジャパンネット銀行にすでに口座を持っている方は、申し込みをすべてネット上からWEB完結で行えます。その場合の最短融資時間は一時間程度にまで早まります。すぐにお金が必要な方には便利です。そこで気になるのが金利条件でしょう。ジャパンネット銀行のネットキャッシングに設定されている金利は、ほぼ消費者金融レベルだと言えます。100万円未満であれば一律年利18%と高めの設定になっています。しかし、融資額が多額になると金利は大きく変わってきます。200万円以上で年利10%、500万円の借入では6%まで低くなり、大きなおまとめには有利です。

セブン銀行の少額ローンをおまとめローンに利用するメリット

「手軽に素早くキャッシング・セブン銀行カードローン」

セセブン銀行ではおまとめ専用ローンやフリーローンが提供されていません。そこでもしセブン銀行でおまとめをしたいと望む方は、セブン銀行カードローンに申し込んで見ると良いかもしれません。このカードローンは数百万円のおまとめローンとしては利用できませんが、数十万円レベルのおまとめを望んでいる方には最も手軽なカードローンになっています。しかも書類や電話での申し込みが一切不要でスピード融資が可能です。このカードローンは10・30・50万円の融資枠で、少額の融資が必要な方にとっては余計な借金を抑制できる安全性がメリットです。また日本全国で提携ATMが配置されていますので、いつでも気軽にキャッシングが可能です。

「専業主婦でも自力で契約できるメリット」

セブン銀行カードローンでは審査時間がたったの10分で済みます。また申し込み時間が9時~20時半(土・日・祝祭日では15時まで)と営業時間が長いので、急ぎの方でも翌日まで待たなくても即日キャッシングが望めます。それから申し込み資格が20歳以上70歳未満と、他のカードローンと比べても幅広くなっている点もメリットです。一般的に銀行系のローンは審査が遅いのが定説です。低金利ではありますが、借り入れができるのかできないのかを待たされる気持ちは、けっして楽なモノではありません。セブン銀行の口座を持っていれば即日融資も十分に可能なのです。そしてセブン銀行カードローンは、アルバイトやパートの方はもちろん、収入の無い専業主婦の方でもOKになっています。しかも配偶者の同意が不要なのは、他行では得られないメリットです。つまり主人に内緒でキャッシングができるのは有難いと言えます。

「利用限度額は50万円までの少額融資」

セブン銀行カードローンでは収入の無い専業主婦などの方にも、初回10万円までのキャッシング枠を設定しています。つまり買い物や光熱費等の支払いをちょっと用立てるレベルで枠設定です。その他にも30万円・50万円の利用枠を選ぶことができます。金利は実質固定の年15%です。もちろん日割り計算ですので、1日につき0.04%あたりになります。少額融資ですので、返済は短めでプランすると良いでしょう。もし限度額の50万円でおまとめローン化した場合でも、1年で完済すれば、実質利息分は15%以下で済みます。つまり月の利息分が6000円ぐらいで済む計算です。特に多重債務になる方は、限度額が残っていればつい余計な借金をしまう傾向があります。そういった無駄を省くためには少額融資の選択も理に適っていると言えるでしょう。

あおぞら銀行でおまとめローンをしたい方はマイワンがおすすめ!

「あおぞら銀行の特徴とは」

あおぞら銀行とは都内に本店を構える金融機関で、日本債券信用銀行が1998年に経営破たんをした後、オリックスを中心とした投資ファンドに売却されて、新たに『あおぞら銀行』と名前を変更して再生しています。そのために、あおぞら銀行の傘下にはカードローンの提供している金融機関も入っていて、そちらのカードローンへ入会する場合は年会費無料といったお得なサービスが受けられるメリットがあります。あおぞら銀行はインターネットバンキングによる営業もしています。日本各地に設置されている本店・支店とネットバンキングの展開でより機動性の高い金融活動を行っているのです。もちろん多彩な金融商品を提供していて、特に住宅ローンに優れた商品が見られます。ただし個人向けカードローンサービスは提供していません。

「系列のカードローンでおまとめ・一本化が可能」

あおぞら銀行には、先に述べた通りに個人向けのカードローンがありませんので、現時点ではおまとめローンに該当する金融商品がないという事になります。しかし、ローンを一本化できるカードローンとして、系列子会社が提供している「カードマイワン」を取り扱っています。つまり、こちらは銀行カードローンではなく、消費者金融系のカードローンだと理解しておきましょう。申し込み対象としては、20歳以上58歳未満の安定収入のある方となっています。ですから低収入のアルバイト・パートの方でも利用が可能です。消費者金融系のカードローンなので、審査レベルもその基準を超える事がありません。審査通過からカード発行までは、最短で1日で受け取る事ができます。審査完了の時間帯次第で即日キャッシングも可能です。お急ぎの方には有難いサービスだと言えるでしょう。

「あおぞら銀行のメリットと注意点」

あおぞら銀行が取り扱っているマイワンでは、最大で300万円までの融資枠を設けています。消費者金融系のカードローンでは大き目な融資枠だと言えます。多重の借金を全て一本化するのに適したローンです。そして、金利設定は最低で年利8.7%です。この金利設定は300万円を借りた場合に宛がわれています。なお金利は50万円刻みで上昇し、50万円以下の融資では実質年利が17.8%となります。これは一般的な消費者金融の金利レートです。銀行系の様に低い金利をお望みの方にはやや高い設定だと言えるかもしれません。ご利用の際は、この金利設定ついて十分にチェックする様におすすめします。

埼玉りそな銀行のおまとめローンなら審査即日OK!

「埼玉りそなのお得なフリーリーンで上手におまとめ」

埼玉りそな銀行では現在おおまとめ専用のローンを提供していませんが、もし埼玉りそな銀行で上手におまとめローンをしたいのであれば、業界でも低金利で評判が良いりそなプレミアムフリーローンがおすすめです。このフリーローンは、埼玉りそな銀行の営業エリアに居住・勤務する方にとても利便性の高いローンで、その金利は何と実質年率が6.0%か場合によっては5.7%といった低金利になっています。これは同行のクイックカードローンと比べても更に低い設定なのです。ただし申し込み条件はやや厳しく、年収400万円以上の安定収入者に限るという括りになっています。例えば2015年度の日本の平均年収が400万円ちょっとですので、この申し込み条件ならば日本の平均レベル以上の年収を得ている方を対象とした金融商品だと言う事なのです。また融資枠は100万円~500万円と基本設定が高額になっている点も注意が必要です。つまり、100万円以上のおまとめでないと利用が難しいと言えるかもしれません。

「埼玉りそなプレミアムフリーローンの特徴」

融資の申し込みはWEB完結がお手軽です。また最短即日キャッシングができますので、お急ぎの方は是非申し込んでみましょう。もちろん申込み時には担保も保証人も要りません。埼玉りそな銀行の営業エリア内にて居住または勤務している方で、かつ20歳以上60歳未満の安定収入者に申し込み資格があります。またパート・アルバイトの方でも年収400万円以上であれば問題がありませんが、無職の専業主婦や学生さんは不可です。

「プライベートフリーローンで返済プランも余裕です」

このフリーローンでは、事業に関わる用途でなければ基本的に自由に使える点がメリットです。ですから金利の高い貸金業者などからの借金も一括清算でキレイにまとめる事が可能でしょう。年利も6%という超低金利です。ノンバンク系キャッシングよりは当然低い金利ですし、一般の銀行からの融資よりも低金利であるかもしれません。つまり、ほとんどの借金の借り換えでお得になるでしょう。また返済面でもリーズナブルになります。一般的にフリーローンによるおまとめであれば、借金の一本化で毎月の支払いが楽になります。また手数料や利息の面でお得であれば、トータルの返済総額にも違いが出てくるのです。またプレミアムフリーローンは10年間返済が可能になっています。返済額に余裕とゆとりをもって期間を決めるならば、日々の生活への負担も軽減される事でしょう。もちろんボーナスや臨時収入による繰り上げ返済もお好み次第です。

りそな銀行にはおまとめローンに適した2種類のフリーローンが評判

「りそな銀行の超低金利ローン」

りそな銀行は現時点で専用のおまとめローン・サービスは無いですけれど、おまとめローンとしても使えるプレミアムフリーローンがあります。りそな銀行のプレミアムフリーローンは、何と言っても金利が低い事で評判です。年率が6.0%か、場合によっては5.7%といった低金利なのですから驚きでしょう。利用限度枠は100万円~500万円と高額で、大きくおまとめするにはもってこいのプランだと言えます。申し込みはWEB完結でお手軽ですし、最短即日キャッシングも可能です。また申込者には担保も保証人も不要で、りそな銀行の営業エリア内に居住・勤務している方、かつ満20歳以上60歳未満の方なら申し込み資格があります。ただし、前年の年収が400万円以上の安定収入が条件ですのでどなたでもという訳には行きません。(パート・アルバイトの方でも年収がクリアしていれば問題ありませんが、専業主婦・学生は利用できません)

「りそなプレミアムフリーローンの特徴」

融資の利用目的は、事業に関わるものでなければ基本的に自由です。例えば子供の大学受験費用や結婚資金に手術・入院など、イレギュラーではない大きな出費に関しても有効ですし、積もり積もった借金の一括清算にはもってこいです。6%という超低金利ですので、消費者金融などのノンバンク系キャッシングはもちろん、他の銀行からの融資でさえも借り換えでお得になります。また返済面でもカードローンよりはフリーローンの方がリーズナブルになる点も知っておくと良いでしょう。フリーローンによるおまとめローンならば、借金の一本化で毎月の支払いが簡略化できますし、手数料や利息が節約できます。また返済日を忘れる事もないでしょうから、延滞の危険も回避できるでしょう。りそなプレミアムフリーローンは、10年までの返済期間が選択できます。余裕とゆとりをもって借金返済をする事で、日々の生活への負担も軽くなるでしょう。もちろん繰り上げ返済もお好み次第です。

「小回りの利くプライベートローンもおまとめ可能」

このフリーローンへの申し込みは、パソコンやスマホから24時間フルタイムでできます。ただし、手続きには収入証明書が必要ですから、事前に用意しておくと良いでしょう。またプライベートローンならば、融資枠は10万円~300万円と小口のおまとめには有効です。最短2時間で審査結果が分かりますし、こちらは安定継続した収入があれば、年収額や勤続年数の条件はありませんのでお手軽です。金利は年6.5%~14.0%と一般の銀行カードローン並みですが、アルバイトなどの低収入の方には使い勝手が良いのです。

三井住友銀行は融資枠が大きくて、おまとめローンには最適

「三井住友銀行カードローンで上手におまとめ」

三井住友銀行では現時点でおまとめローン・フリーローンの商品を提供していません。しかし当行では使いみちが自由なカードローンがあります。ホームページにはおまとめ・借り換えがOKと明記されていますので、契約後は自由に借金の一本化をしてみましょう。三井住友銀行カードローンは年齢制限を満20歳以上~69歳以下の安定収入者としています。一般的に銀行系のカードローンでは65歳以下に区切っているところが多い中で、この69歳以下という設定は高齢化社会には大きなメリットと言えるでしょう。高齢で資金繰りの厳しい方には、非常に助けとなるカードローンなのです。ただし、未収入では利用不可です。またおまとめ専用ローンでないので、残りの利用枠はご都合に合わせてキャッシングができるのは言うまでもありません。

「口コミなどの評価は」

一般的な口コミ・体験談の評価をチェックしますと、審査の面ではかなりスピーディーになっていて、最短30分での審査完了が見込めると評価されています。ただし、会社確認などで手間取れば即日キャッシングが難しい事もある様です。そして 金利面での評価は良好です。そこはやはり大手の銀行系ですので、年利は4.0%~14.5%までとリーズナブルな設定です。100万円前後でも12%ほどですので、たいへんに低金利だと言えるでしょう。またサービス面では、丁寧な電話対応・窓口対応が好評です。また利用限度額を大きく設定してくれる点も利用者にとってメリットとなります。ただし慎重な融資姿勢から、返済遅延や他からの借金が膨らむと融資枠変更もありますのでご注意ください。

「カードローンのスペックについて」

借入上限は最大で800万円までと、おまとめローンには十分な大枠設定です。この金額枠は銀行系でもトップクラスで、先にもいった通り枠設定が柔軟ですから、思いきったおまとめローンに利用できます。用途の制限は唯一事業性のある資金がNGですが、それ以外であれば自由に使えます。一旦カードを入手すれば、限度枠内で出し入れが自由だという事です。また、キャッシングの際は、三井住友銀行ATMをはじめ、E-netやセブン銀行にゆうちょ銀行などのほとんどのATMが無料提携されているのも嬉しいところです。もちろん返済もATMで自在に行えます。返済方法は残高スライドのリボルビング方式で、元金と利息が借入残高によってスライドする定額返済法です。こちらは他のローンと同様に、元本返済が緩慢な点がデメリットとしてありますので十分に返済計画を練って利用しましょう。