節約や借金・家計の話

節約できる料理

我が家の夕ご飯、はっきり言って手抜き料理です。 良く言えば、節約した料理ということになるでしょうか。 夕ご飯に限らず、朝食も、昼食も節約ご飯です。 自宅の近くには、3年ほど前までスーパーがありましたが、人口が少ないためか期待するほどの売り上げが伸びず閉店しました。 あったら便利な地元密着型の小さなスーパーでしたが、やはり赤字続きでは採算がとれませんね。 スーパー側もボランティアで商売をしているわけではないので、残念ですがしかたのないことです。

その事も踏まえて、我が家では1週間のメニューを作りそれに合うような買い物をします。 ポイントとなる点は、1週間でなるべく同じ材料を使用するということです。 中華炒め物では、もやしや白菜、キャベツ、ピーマン、人参などが共通するので、できるだけこれらの材料を使った料理のメニューを考えます。 この方法の欠点は、運が悪ければ1週間中華が続いたり、焼き肉料理だったり、揚げ物、魚料理が続くということです。 今のところ、家族から不満の声は出ていませんが、飽きるということは事実です。

その他では、皆さんも行っているかと思いますが、冷凍方法をできるだけ多く取り入れて保存するということです。 例えば、パン類が安い時はまとめ買いをして冷凍保管します。 そして、翌朝食べる枚数を前日の夜に冷凍から冷蔵に移し替えます。 しかしこの方法は、何も混じっていない食パンには通用できますが、中に何かジャムなどが入っていると解凍した時にジャムの部分に違和感が残ります。 それさえ気にしなければ食べるのには、十分です。 冷凍保存ということでは、スパゲッティを茹でる時、まとめて茹でてその日食べる量以外を冷凍します。 冷凍したものをレンジで解凍する方が、ガスを消費して茹でることより、電気量が安く済むのです。

ご飯も多く炊いて冷凍保管し、使う分だけ解凍すると意外にもふっくらすることがわかりました。 会社での昼食や休憩時間に飲むお茶やコーヒーですが、毎日120円や150円のペットボトルの物を買っていたのでは、チリも積もればと多額の出費いうことになってしまいます。 そこで、よく香典返しなどで頂く「緑茶」を利用しています。 不通にお茶を飲む方法で作った「緑茶」を、大きめの容器に入れて冷蔵庫で保管し、翌朝持って行く分を通常の150円で売っているペットボトルに詰め替えします。 これは結構節約になりました。

最初のころは、夫が毎日会社の自販機でお茶を150円で買っていました。 しかし、昼食代は生活費から出費していましたが、お茶代は「こづかい」の中でやりくりしていたので、きっとこの方法を思いついたのではないかと思います。 このまま続けていれば自分の少ない「こづかい」が減っていくばかりでしたので、きっと閃いたのでしょう。 この方法では、お湯を沸かす光熱費がかかりますが、一度に大量のお茶を作ってしまえばいいわけです。 しかし、持参するペットボトルを最初に1本は買う必要はあります。

消費税増税から身を守る

いよいよ来年4月から消費税が8%になるもようですね。 大きな買い物は特に5%から8%になると大きく家計にというより一家の財産に響いてきますね。 その事情のせいでしょうか、新聞オリコミチラシは、自動車と家、マンション乃ものが多いですよね。 特に家に関しては、契約時が3月31日ではなく、完成し法務局へ登記し、お客さんへ引き渡しの日が3月31日以前でなければいけません。

建設会社も焦っている様子が手に取るようにわかります。 今まで造成地となってはいたけれど、荒れ放題だったところが、きれいに草刈りをされて建築会社の「のぼり」が、立つようになりました。 その光景は、まるでお祭りのようです。 人生で大きな買い物の家です。 家の建築費用も、土地の売買費用、法務局に登記するための司法書士の手数料、不動産会社が入れば、仲介手数料、銀行のローンを利用すると銀行の諸経費手数料、その他事務手数料など、数えればキリがありません。 その全てが消費税の対象になってきます。

できれば、3%もムダな税金を抑えたいですよね。 3000万円の家でも5%では、150万円が消費税でした。 8%になると240万円にアップします、その差は90万円。 全てを計算すると膨大な金額となります。 家のリフォームや外壁の改修工事、屋根の塗装工事などあげたらキリがありませんね。 今のうちに、修理した方がよい場所は、確認しておくのもいいのではないでしょうか。 修理の完了が3月31日以前になるように、設定して計画を立てた方が賢明な策と思います。 また、大きな家電や自動車も大きな影響を受けますね。

10万くらいの大型冷蔵庫も5%と8%の3%の差額は大きいものです。 まして自動車は本体価格にも8%の消費税がかかり、自動車会社のローンを使用すると、事務手数料金にも消費税が増税されてきます。 ちょうど車検の時期が、4月という人は早めに3月に車検を済ませた方がよいでしょう。 車検費用も対象となっていますから、1カ月前倒しで車検を受けるようにするとよいかもしれません。 全てが増税の対象ということ、高校や大学、専門学校の授業料はその対象になっているのでしょうか。 個人的な気持ちとしては、せめて義務教育の諸経費や授業料は対象から外して欲しいと願うのですが。

消費税の増税と選挙から考えること

もうすぐ参議院選挙です。 消費税の増税問題、何もなければ来年4月から増税がスタートします。 そのせいでしょうか、今新聞の折り込みチラシは、塾の夏期講習と住宅の新築物件の販売やリフォーム、増築のチラシがたくさん入っています。

一番大きな買い物の住宅の消費税は、驚くほどの金額となります。 それが3%上がるということは、できるなら避けて通りたいものです。 住宅の場合は、特に気を付けなければならないことは、住宅販売会社や建築会社との契約時が左右するということです。契約時が4月以前なら増税ではないかと思う人も多いようですが、完成して引き渡しの時期が3月31日までは、今まで通りの5%ですが、4月1日以降完成引き渡しとなると増税の対象となります。

工事期間を遡って早めに設定しないと、増税される期日に間に合わないということになります。 住宅と宅地の購入の際の消費税は、莫大な金額となります。 また購入の際に関わってくる登記などをする際の司法書士などの手続き料も、土地家屋の金額に比例します。 ここまで完了していなければ、なりません。 この増税の問題が、選挙の際の目玉となっているようです。

課税される対象の人は、子供から大人、貧乏な人からおお金持ちまで一律ということも、不平等ではないかということです。 子供がおこづかいから買う100円のお菓子とお金持ちの人が100で買うお菓子の価値観は、大きく違っているでしょう。 そして均一に課税するということは、平等ではないという理論のようです。 各政党とも、増税に関しては、いろいろな立場で意見を述べているようです。 国の収入がないのだから、増税して収入を増やさなくてはいけないのが事実です。 問題は、増税のやり方ではないでしょうか。