借金苦からの脱出と借金苦ブログ

債務整理に明るい弁護士や認定司法書士

投稿日:

債務整理に明るい弁護士や認定司法書士とは

借金がかさんでしまい債務整理を利用しようとする場合、自分自身で手続きを進めるよりも弁護士や認定司法書士に依頼したほうが、圧倒的にうまく運びます。
それは、債務整理の手続きそのものがたいへん煩雑であるためでもあります。
法律についてほぼ素人である債務者本人よりも、法律に詳しく、またこうした手続き業務の経験が豊富な弁護士や司法書士が行うことで、ムダが省けて合理的に手続きを進行させることができるのです。
弁護士、認定司法書士ともに債務者に代わって債務整理の手続きをすることができますが、認定司法書士については、請求額140万円までの民事紛争についての手続き代理が行えるといった限定事項があります。
平成15年の司法書士法改正によって、国家試験に合格した司法書士は債務整理の手続きができるようになったのですが、一方では、過払い金が140万円を超えてしまうような場合は扱えないという限定も受けることとなったのです。
しかし、弁護士のほうは、債務者の代理人として、140万円を超える金額の過払い金の返還請求をすることができるのです。
そのため、もし過払い金が相当額あると予想される場合は、依頼費用は高くなりますが、最初から弁護士のほうへの依頼を考えたほうがいいでしょう。
ただし、依頼する弁護士についてはどのような弁護士でもいいというわけではありません。やはり債務整理に関する過去の実績豊富な弁護士を選ぶべきです。
知り合いのなかにこうした弁護士がいない場合は、インターネットを利用して探してみる方法が有効です。債務整理の実績については、サイト内で紹介されている相談件数が参考になったり、債務整理に専門特化した内容が紹介されているのでわかるはずです。
また、債務整理についての無料相談などを行っている法律事務所なども選択肢のなかに入れていいでしょう。

 

債務整理で選ばないほうがいい弁護士・認定司法書士とは

弁護士の仕事は分野別にしても多岐に渡っています。だから、ひと口に弁護士といっても、得意分野と不得意分野があります。
そこで、債務整理を依頼しようとする場合、債務整理の分野に特化し、経験も実績も豊富な弁護士や認定司法書士を選ぶことが大事になってきます。
つまり、弁護士や認定司法書士の得意分野を調べて、依頼しようとする相手が債務整理を得意分野としていないのなら、最初から選択肢のなかには入れないほうがいいようなのです。
また、弁護士や認定司法書士は債務者にとっては代理人となるべき立場にあります。つまりは、債務者をお客とするサービス業といえます。
その部分を押さえていない弁護士や認定司法書士も避けたほうがいいかもしれません。
というのも、法律についてアドバイスする場合も、自分本位の説明に終始し、相手の理解に応じた説明ができない可能性があるからです。
法律をできるだけ債務者有利に解釈し、どのようにすれば債務者の求めに応じることができるかを真剣に考えることができるというのは、代理人として仕事をする債務整理では、大きな武器となります。
そこで、最初からサービス業という意識の少ない弁護士や認定司法書士には、あまり期待がもてないということがいえそうなのです。
また、債務者にとって現実的に最も重要な問題になることに、依頼費用の問題があります。もちろん、この費用については安いに越したことはありません。
そこで、避けるべきは、高い依頼費用をとりながらも、債務者の要求に応じた仕事をしてくれない弁護士や認定司法書士となります。
費用をもとに弁護士や認定司法書士を選ぶときに目安となるのは、費用について自ら明らかにしているということです。
もともと債務者の借金事情により債務整理の手続きの難しさは大きく変わってきます。そのため、依頼費用の内容について自ら明らかにしようとしているところに、お客の立場に立とうという姿勢が見てとれるわけです。
この顧客に対する姿勢はさまざまなところに出てきます。横柄な態度は論外として、十分な説明をしてくれない、難しい専門用語をそのまま使ってくる、手続きにかかるリスクについて教えてくれないなどの態度が見える、そういった弁護士・認定司法書士も、お客の立場に立とうという姿勢があまり見えないことから選択肢に入れないほうがいいかもしれません。

 

債務整理においての弁護士・認定司法書士との信頼関係

借金苦から解放されようと債務整理を利用しようというときは、やはり法律の専門家の力を借りる必要が出てきます。
そこで、多くの場合は弁護士や認定司法書士に手続きの依頼するということになります。
そして、この手続きそのものが長い期間を要するものになるため、必然的に依頼した弁護士や認定司法書士との付き合いも長くなります。
債務整理において、弁護士や認定司法書士と長く付き合っていくためには、何よりも信頼関係というものが大事になってくるはずです。
相手が信頼できるかどうかを最初に判断するのは難しいことですが、長い期間付き合っていくには、信頼関係を築いていくという姿勢も大事なことになってきます。
信頼できる相手かどうかを最初に確認しようとする場合は、慎重に吟味してみないといけません。
最初に債務相談をするときは、信頼できる人に紹介を受けた相手でも、まず自分で直接会って判断することが大切になってきます。
それは、債務整理では、自分のことをよく知ってもらうことが重要になるからでもあります。事務的な手続きだけを任せるという姿勢ではうまく手続きを進めることはできません。
また、債務整理を法律事務所へ依頼するような場合、担当する弁護士が変わっていくような事務所は注意したほうがいいようです。
債務者ごと個別に違う借金事情をきちんとフォローするためには、最後までサポートできる体制の事務所でないと、いろいろ無理が生じる可能性が高いのです。
法律事務所を選ぶ際には、まず、最初に担当になってくれた弁護士が最後までサポートしてくれるかをきちんと確認したほうがいいでしょう。

 

債務整理後の弁護士・認定司法書士との付き合い方

債務整理の手続きを弁護士や認定司法書士に依頼した場合、その付き合いは長いものとなります。
そこで、お互いに連絡を密にするなど上手にコミュニケーションをはかって信頼関係を築き、スムーズに手続きが進められるようにしていかなければなりません。
この弁護士や認定司法書士との付き合いのなかで、重要になるのは信頼関係ということになりますが、それは、費用といった面にも出てくるはずです。
債務者側が、何とか安い費用で最大限に効果のある債務整理を希望するのは当然でしょう。しかし、依頼される弁護士としては、債務者が納得できる結果を出したいと思っても、債権者という相手のある業務でもあるため、無理な部分は無理であるとの判断も下さなければなりません。
そこで、お互いの立場を良く理解した歩み寄りといったものが必要になるのです。
そのため、費用といった面では、初期の費用と成功報酬といったものを、お互いの納得できる形で最初に決めておいたほうがいいかもしれません。
この部分がしっかりできていないと、信頼関係を築くために必要なほかの部分も崩れてしまうことがあるのです。
次に、長い間に信頼関係を築いていくときに大切になってくるのが、手続きの進行ごとのコミュニケーションといえます。
弁護士や認定司法書士は、手続きの進行ごとに債務者へ報告を怠らず、債務者はその報告を受けて次の手続きへの自分の希望などを伝えるようにします。
こうして、報告と確認を大切にしながら、その都度話し合いを設けて確認していくことは、本人と代理人という関係の強い業務においてはたいへん重要なことになるのです。

-借金苦からの脱出と借金苦ブログ

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.