借金苦からの脱出と借金苦ブログ

借金苦から脱出しよう!抜け出すには

投稿日:

借金苦とはどういった状態

誰でもお金に恵まれた豊かな暮らしを望むものです。
自分の欲しいものを手に入れ、便利なものに囲まれた不自由のない生活を送りたいと考えるのは自然な気持ちでしょう。
しかし、お金がいつも自分の手元に残ってくれるとは限りません。思わぬ病気をしてしまい入院や手術費用が高額になってしまった、あるいは会社が倒産して失業してしまいお金を得る機会をなくしてしまった、といった状態となって、仕方なく借金をして生活しなければならなくなったという場合もあるのです。
そして、その状態からなかなか抜け出せなくなってしまったという状態が借金苦というわけです。
借金苦となってしまう主な要因には、借金が借金を生んでしまうといったことがあります。
借金には利息がついてしまうので、いくつかの金融機関で借金をするうちに、その利息の返済だけでもかなりの額になってしまい、元金が減っていかない状態となってしまうのです。
この間に、何とか解決を図ろうとギャンブルに手を出し、逆に借金を膨らせてしまったという人もいるかもしれません。年齢的なものもあって、新たな働き口がなかなか見つからないという人もいるでしょう。
そうして、解決の糸口が見つからないといった状態のまま、いつしかそのような生活に慣れてしまい、諦めの気持ちも持つようになっていく人もいるようです。
しかし、一度の人生を借金で失敗するのももったいないことです。借金苦から脱出できれば、また新たな暮らしが見えてくるはずです。その解決策として有効な方法として債務整理といったものがあるのです。

 

借金苦から脱出できない理由

長い人生では、お金がなくなってしまいどうしても借金をしなければならなくなる場合も出てきます。
借金をすれば、すぐに返済することを考えますが、それができずに思わぬドロ沼にはまってしまうこともあります。それが借金苦と呼ばれるものです。
借金のドロ沼である借金苦にはまってしまう理由としては、いくつかのことが考えられます。
いつも借金に追われている人を見ると、本人のお金自体に対する認識の甘さというものが指摘できるようです。
たとえば、金融機関などを利用して1万円借りれば、返済時には金額は1万1000円となり、時間が経つと、さらに金額は高くなり1万1100円となり1万1200円となっていきます。
こういったことを気に留めずにいると、借金はどんどん膨らんでいくのです。
一回大儲けができれば一気に返済できるから、そのようなことは気にしないといった人に多い借金苦のタイプかもしれません。浪費癖やギャンブルなどで借金をさらに増やしていくことも多いような人たちです。
また、借金苦にはまってしまう理由として、お金の使い方に計画性のないことが指摘されています。
返済の計画もないまま無理な借金をしてしまい、気づかない間に借金が膨らんで返済に行き詰まってしまうというものです。
借金をするときは、まず自分の収入と生活に必要な支出を考えて金額を決めなければなりません。それを考えずに、手軽に借りられることだけに魅力を感じて借金をしてしまうと、こうした結果を招いてしまうのです。
こうして、借金苦に慣れてしまうと、問題があるのに解決しようとはせずに、どんどん深みへとはまっていく傾向があります。その行く末は、生活の破綻、家庭の崩壊といったものです。
借金苦はいち早い解決が決め手となります。思わぬうちに自分が抜け出せないような借金苦に陥ってしまわないよう、脱出のための第一歩を踏み出すことが大切になってきます。

 

借金苦に陥っている人の心境

借金苦に陥っている人のなかには、自分が借金を背負っているという自覚が少ない人も多いようです。
たとえば、自動車ローンの返済のように、毎月の電気代やガス代と同じ感覚でローンを支払っているようなケースならば、とくに問題はないかもしれません。
このケースでは、多くの場合が自分の収入や生活費などを考えて、どれくらい金額の自動車を購入して、どれくらいの金額を毎月返済していくかという計画をたてて返済しているはずだからです。
しかし、フリーローンなど使用目的を問わないローンを利用する場合は、その利便性のよさから、その場のことしか考えずに無計画なまま利用することが多くなっているのです。
無計画のままローンを利用すると、返済のことまでは気が回らなくなります。借りるときの便利さだけに気を奪われてしまうからです。
しかし、返済は毎月確実にやってきます。そして、借りるときに意識していない返済については、予定にない出費としての意識が強くなってしまうのです。
この予定にない出費については、目を背けてしまうという傾向もあるようです。電気代については気にしていても、この予定にない返済については自分のなかで知らないふりを決め込んでしまうのです。しかし、出費として確実に計上されてしまいます。
そのため、生活費のほかの部分が圧迫されてしまうのです。
こういったときは、本来ならば、一度生活のほうを見直さなければなりません。どこかにムダな出費がないかといったことを整理してみるわけです。
しかし、返済という出費を見ないようにしている時点で、見直すという考えは生まれてこないでしょう。
借金苦になっていることを自覚することは、生活を見直すことでもあり、有意義なことにお金を使うよう消費生活を立て直すことへの第一歩でもあるのです。

 

借金苦から脱出するために必要なこと

借金苦に陥ってしまい、何とかそこから脱出したいと思っているのならば、まず自分勝手に行動していくことは避けなければならなくなります。
そもそも返済への甘い考えが無理な借金となり、借金苦へと発展したものと考えられるので、自分だけで何とかしてみようと考えても、すぐに行き詰まってしまうことが予想されてしまうためです。
金融機関では、お金を貸し出すにあたって、利用者の便宜をはかりながらも自分の利益を上げるような方法をいろいろと考えているわけです。
それに対して、自分が無計画のまま利用して失敗をしているという現状を認識していなくてはなりません。
そこで、金融機関のこうしたサービス内容に精通した専門家の手を借りて解決していくことが必要になってくるのです。
借金苦からの脱出手段としては、一般的には債務整理といった手段が用いられます。
債務整理は、もちろん利用者個人が手続きを進められるような借金の解決手段ではありますが、費用や手間のことなどを考えると、どうしても弁護士や認定司法書士などの専門家の力を借りて解決していくほうが無難です。
そして、専門家に解決を依頼する前に、自分自身でできることもやっておくべきです。まず、自分の借金の現状を細かく資料として提出できるように準備することです。
借金の内容や返済についての細かな書類を用意するほか、必要ならば本人確認の書類などもあったほうがいいでしょう。
また、弁護士などと上手にコミュニケーションがとれるよう、債務整理についての基本的な知識も得るようにしたほうがいいかもしれません。
債務整理の方法もいくつか分かれているので、どのような借金状態に向くものなのか、申し込みの手順はどういったものかなどを自分でも知識として身につけておきましょう。

 

借金苦から脱出するためのポイント

借金苦から脱出するためには、法律の専門家の手を借りたり裁判所を介して法的手段を用いる債務整理といった方法を用いないやり方も知られています。
たとえば、借金の一本化です。
これを用いるときは、一本化する金融機関の金利によるところが大きくなります。今まで借りていたところよりも低ければ、有効であり、返済日もまとまるので手間が省けます。
ただし、借金苦といっても程度はさまざまであり、毎日返済の請求に追われるようなケースもあります。
このようなときは、利用者も感情的になっていることが多く、冷静な対処がとれなくなっています。そこで、金融機関と利用者の間に専門家に入ってもらい、冷静に調停といったもので解決をはかったほうがよいのです。
一人で解決するには無理だとわかってきても、一方では、借金のことを人に知られるのは恥ずかしいといった気持ちも働き、なかなか決断することができない人も多いようです。しかし、そうした間にも時間は経過して、借金の利息は膨らんでいくことになります。
そこで、専門家にまず解決法を相談するといった形から入っていくのがいいでしょう。
借金問題に詳しい弁護士や認定司法書士との相談のなかで、さまざまな解決法が提案され、債務整理といった方法も紹介してもらえるはずです。
ここで大切になるのが、本当に親身になって相談に乗ってくれる弁護士や認定司法書士を選ぶといったことになります。
というのも、借金のことで気持ちにゆとりがなくなっている依頼者を狙う悪徳の弁護士や司法書士もいるからです。

 

借金苦から脱出しようという決意

多重債務などで返済に追われるような生活、つまり借金苦に陥ってしまうと、通常は、生活そのものが苦しくなったり債権者からの執拗な取立てなどに追われてしまい精神的に参ってしまいます。
これは、やはり借金をする前の生活と比較する気持ちが起こさせるもののようです。
欲しいものが思うように買えなくなった、休日に何も考えずにゆっくりするなど以前のように余裕をもった気持ちで過ごすことができなくなったということになるのです。
しかし、このように借金を抱える生活を苦しみとして実感できるうちはいいのですが、借金苦に慣れてしまうと金銭感覚が麻痺してしまい、手元に残り少なくなったお金をムダに使っても何も感じないようになってしまうのです。
そして、どんどん膨らんでいってしまう借金についても何も手を打つことを考えなくなります。その結果、生活破綻、家庭崩壊といったことへもつながっていくのです。
そこで、深刻な借金苦に陥ってしまう前に、そこから脱出する方法を探っていかなければなりません。
その一つの方法が債務整理というわけです。
債務整理を借金苦からの脱出策として利用するには、本人の自覚が必要になってきます。本気で考えないと、もとの借金苦の状態に戻ってしまうことが少なくありません。
というのも、債務整理を利用しても、利息からは逃れられても、借金自体がなくなるというケースは少ないからです。
借金苦から脱出しようという決意は、借金についてきちんと向き合うという気持ちにほかなりません。借金をしているという事実から目を背けていると、そのぶん、借金は膨らんでいくと考えてもいいかもしれません。

-借金苦からの脱出と借金苦ブログ

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.