おまとめローンの効果をあげるには

おまとめローンとはローンの借り換えの手段の一つのことで、複数の消費者金融会社から借りているローンを一本にまとめることで、月々の返済額を減らしたり、返済総額を減らすという目的があります。月々の返済額を減らすなどおまとめローンの効果を得るためには、現在借り入れしている金利よりも低い金利のおまとめローンを利用する必要があります。複数から借りているからと言ってむやみにおまとめローンを借りてしまうと逆に返済額が今よりも膨れてしまうこともありますので、金利は非常に重要です。金利差があまりない人はそれほどおまとめローンの効果が得られないですが、高金利で現在借りている人は大きな効果を得られます。次におまとめローンの効果をあげるためには、現在の返済額がいくらなのかを知るということがあります。返済額は月収の3分の1を超えるようであれば、新しくローンを組むことはできず、おまとめローンを使って一本化することも不可能になります。返済額が月収の3分の1を超える前におまとめローンの活用を検討する必要があります。おおむね目安としておまとめローンの審査が通過するかもしれない返済額としては月収の2割程度といわれています。しかしこの月収の2割というものもあくまで目安となる数字でありますので、借り入れを希望する金融機関によっては審査が厳しく通らないケースもあります。またおまとめローンの審査は通常の審査よりも審査に通る率が著しく低いという結果があるので、偏差額が膨らむ前に対策を取る必要があります。

SNSでもご購読できます。