知って得するおまとめローンの豆知識

金融機関や消費者金融に複数の債務を持っている場合には、おまとめローンを使うとよい場合があります。ここで、よい場合があります、と断定をしないのには理由があります。この点は、おまとめローンの豆知識として覚えておきましょう。まず、おまとめローンとは、複数のローン債務を一本化し、それに対する金利が1つですむという点に利点があります。すなわち、毎月の複数のローン債務を別々に管理する必要がなくなるのです。これは一面ではとても便利だといえます。というのも、毎月、複数の貸し手に対して、金額や金利の異なるものを返済する場合、月額返済総額は高くなりがちです。これに対して、おまとめローンの場合には、それら複数のローン債務を一本化して、新たな金利の下で、新たな月額支払い額を決めて返済するのですから、月額支払い額を安く設定することができるからです。しかし、無条件で、以前の月ベースの支払い額よりも、おまとめローンの月ベースの支払い額の方が安くなる、というわけではありません。月ベースの支払い額を低くするということは、長期の返済計画に変えるということです。したがって、それに伴って、返済総額も高くなります。そして、その返済総額が、結局、おまとめローンを行う前の返済総額よりも高くなってしまう場合には、おまとめローンを行うメリットはそれほどありません。この点は、おまとめローンの豆知識として覚えておきたい点です。おまとめローンは、月々の返済額を少なくするとともに、金利面でも相対的に安くなる場合に利用価値がでる点は、おまとめローンの豆知識としてしっかり頭に入れておくことが大切なのです。

SNSでもご購読できます。