消費税率のアップとカーローン

来年4月からアップすることが決まった消費税率ですが、金額が高額になればなれほど税率の差額の負担も多くなります。 そこで、人生で一番大きな買い物と言えば家ですが、その他では車ですね。 何百万円もの買い物ですから、5%から8%にアップされれば、その差額も当然多くなります。

新築住宅の広告が少なくなって、現在は車のディーラーからの郵便物やチラシも多くなっています。 賞与の時期でもあり、消費者の財布も豊かな時期ですから、狙い時なのでしょうか。 また、車は今契約すれば3月までに納車することは当然可能です。 車を購入する場合、現金で購入すると消費税率の上がった分の差額3%を多く負担することだけで済みます。 しかし、私達が車を購入する場合、現金で何百万円もの車を購入できるだけの人は、どれくらいいるでしょうか。 おそらく殆どの人が、カーローンを組むことになります。

カーローンで購入する場合、消費税率の差額分に合わせてローンの金利も影響してきます。 カーローンの金利は、銀行のローン方がディーラーのローンを利用した場合より安くなっています。 しかし、ディラーでは金利は高くてもその他の特典がある場合もあるようです。 点検時の優遇措置があるところもあります。 しかしディーラーのカーローンを選んだ場合、ローンの完済が終わるまで車検証では、車の所有者はディーラーとなってしまいます。 長い目でみたら、銀行のローンを選んだ方がよいのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。