オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの特徴/保証会社、返済最低額と返済シミュレーションなど

・オリックス銀行カードローンの特徴
06-01 オリックス銀行カードローンとオリックスVIPカード
06-02 オリックス銀行カードローンの保証会社
06-03 オリックス銀行カードローンの返済最低額
06-04 オリックス銀行カードローンの問題点
06-05 オリックス銀行カードローンの返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンとオリックスVIPカードローン

オリックス銀行カードローンは、幅広い用途に対応する銀行系カードローンとして人気がありますが、オリックスが提供するカードローンには、ほかにオリックスVIPカードローンというものもあります。
オリックスVIPカードローンは、キャッシング専用のカードローンであり、ほとんどの銀行、コンビニの提携ATMで利用可能です。借入れでも返済でも利用することができ、一括返済や増額返済といったことにも対応しています。
オリッックスVIPカードローンの最大の特徴となっているのは、キャッシングに特化しているところでしょう。毎月の定期収入があれば、20歳以上69歳以下の人ならだれでも申し込むことができます。最短で即日融資が可能である点も人気を得ているようです。
利用限度の最高額や金利についてオリックス銀行ローンカードと比較してみると、利用限度の最高額は、ともに800万円と業界最高クラスであり、最低金利については、オリックスVIPカードローンは3.5%となっていて、オリックス銀行カードローン審査の3.0%よりはやや高めに設定されています。
また、二つのローンカードでは、保証会社が違っています。オリックス銀行カードローンがオリックス・クレジット株式会社であるのに対して、オリックスVIPカードローンでは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が入ることになります。
また、オリックスVIPカードローンは、その名前の通り、会員にさまざまな特典が用意されています。入会金や年会費が一切不要でありながら、オリックスグループのレンタカーサービスやホテルの特待価格での利用ができるのです。
オリックスVIPカードローンもまた、利用範囲の広いカードローンとして人気があるのです。

オリックス銀行カードローンの保証会社

オリックス銀行カードローンの申し込み条件には、ほかに満20歳以上60歳以下という年齢制限や前年度の給与収入が200万円以上といった所得制限などがありますが、同時に保証会社の保証を受けられるということも条件に入れられているのです。その代わり、保証人や担保を用意する必要はありません。
その保証会社となっているのが、オリックスグループ傘下のオリックス・クレジット株式会社です。
オリックス・クレジット株式会社は、オリックスグループの信販会社として個人へ向けた金融サービスを提供していますが、同時に、信用保証事業も展開しているのです。
個人向け金融サービス事業の中心はローン事業であり、無担保・無保証ローンの個人への提供ということになります。
オリックス・クレジット株式会社のローン事業の主な商品としては、オリックスVIPローンカードがあり、今では多くの利用者を抱えるヒット商品となっています。
そのほか、カードレスVIPやORIX CLUB CARDといった商品も提供してます。カードレスVIPは、文字どおりカードをなくしてインターネットでの利用を推し進めた商品、ORIX CLUB CARDは、個人事業者向けに開発した商品です。
信用事業は、こうしたローン事業を展開する過程で得たさまざまなノウハウを、事業ベースとしています。その主な業務は、金融機関が提供している無担保ローンについて、その債権を保証するといったものです。
改正貸金業法の施行によって、金融業界は大きな転換を強いられましたが、業界を取り巻く環境も大きく変化するなかで、オリックス・クレジット株式会社でも、信用保証事業は次の成長分野と見て、強化を図っているのです。

オリックス銀行カードローンの返済最低額

オリックス銀行カードローンの返済方式は、一般的な残高スライドリボルビング方式という方式がとられています。これは、利用残高に応じて月々の返済額が変わっていくというものです。
この返済方式の利点は、月々の返済額が決まっているために予定がたてやすいということです。また、残高が減るのに応じて返済も楽になるという特徴があります。
ただし、デメリットもあります。それは、毎月指定金額だけを支払っていると、返済期間が長くなるため、支払利息が大きくなっていくということです。
オリックス銀行カードローンの場合は、返済においては、借入れ残高が30万円以下のケースでは業界最低レベルの7000円という金額を可能にしています。
月々の返済額が少ないということは、確かに月々の支払いの負担が減って楽にはなりますが、その分返済回数が増えて、結果としては利息がかさんでいくということを忘れてはいけません。
残高スライドリボルビング方式では、毎月の返済額が決まっているため、早く返済を終えるためには、繰り上げて返済をするほうがいいわけです。
余裕のある月には、繰り上げ返済をして、なるべく利息を払わないようにすることも考えてみたほうがいいでしょう。
ちなみに、30万円以下の借入れだと最低で7000円の返済が可能ですが、30万円から50万円以下の借入れだと1万円、50万円から100万円以下では2万円、100万円から150万円以下で3万円、150万円から200万円以下で3万5000円、200万円から250万円以下で4万円、250万円から300万円以下で4万5000円、300万円から400万円以下で5万円、400万円から500万円以下で6万円、500万円から600万円以下で7万円、600万円を超えると8万円が最低返済額となります。

オリックス銀行カードローンの問題点

オリックス銀行カードローンはメリットの多いカードローンとされていますが、使い方を一歩間違うと、デメリットとなってしまうようなことも少なくありません。
また、低金利や借入れ限度額が大きいことでも人気がありますが、条件を満たしていることが必要になるため、自分のケースでは利用できるかきちんと確認してから申し込まないと、審査の際に落ちてしまい無駄な時間を使ってしまうこともあるので、注意しましょう。
まず、オリックス銀行カードローンはだれにでも気軽に利用できる部分もありますが、利用規定のなかに、きちんと年収200万円以上という条件が記されています。この条件は、アルバイトやパートとして働いている人のなかにはクリアできない人も多くいるでしょう。
それに、おまとめローンの場合も、年収500万円以上の給与所得者という条件があるため、自営業者にはクリアするのが難しく、年収の高い会社員などにほぼ対象が絞られてくるかもしれません。
また、キャッシングにおいては、最近では即日融資が可能なケースが増えているなか、オリックス銀行カードローンは、即日審査は可能までも即日融資は少し難しいかもしれません。
申し込みから審査、融資までの流れが完了するまでは、3日間から1週間ほどと見ていたほうが無難なのです。とくに借入れ額が大きくなると、融資までは時間がかかるとみていたほうがいいのです。それに、土日曜や祝日がかかってくると、さらに日数がかかるのは覚悟しておいたほうがいいでしょう。
さらには、高額の借入れについては金利が低くなりますが、少額の場合の借入れだと金利が高くなる傾向があるので、注意が必要です。
全体的には、高額の借入れをしたい人に向き、少額の借入れを急ぎたいという人にはあまり向かないカードローンということができるようです。

オリックス銀行カードローンの返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンでは、そのサービスの内容をよく知ってから利用するのが賢い利用法といえます。
たとえば、おまとめローンとして高額の借入れをしたという場合や緊急に必要になったお金をすぐに借りたいといったときでは、まるで借入れのための条件が異なってくるので、自分のケースをよく確認してみる必要があります。
そして、どれだけの金額を借りて、いつまでに返したいといったプランができれば、それが可能かどうかを実際に確認してみることも必要です。
オリックス銀行カードローンを紹介しているオリックス銀行のサイトでは、サイト上に返済シミュレーションというサービスがあるので、これで自分のプランを試してみるといいでしょう。
返済シミュレーションでは、まず希望する利用限度額を選び、借入れ限度額を入力します。そして計算するのボタンを押すと、返済シミュレーションの結果が表示されます。
希望する利用限度額は、金利3.0%の800万円コースほか、金利3.5%の700万円コース、金利4.5%の500万円コース、金利6.0%の300万円コース、金利9.0%の150万円コース、金利12.0%の100万円未満コースに分かれています。
返済シミュレーションの結果については、返済回数と総返済額、うち利息といった内容で表示されます。
自分の借入れ、または返済プランが可能なものであるかの確認ができるので、融資を申し込む前に、ぜひ活用してみましょう。
ただし、返済シミュレーションの結果は、あくまで目安といったことなので、実際の返済の内容とは異なってくるので、注意しなければなりません。

おまとめローンとしての使用

銀行系カードローンを、おまとめローンとして利用する人も少なくありません。
オリックス銀行カードローンにも、おまとめローンとして提供しているバンクプレミアという借り換え専用ローンがあります。
バンクプレミアは、借入れ先についても、銀行、信販会社、消費者金融、クレジットカード会社など、いろいろな金融機関に対応しているため、ほとんどのケースで利用できるはずです。
ただし、利用できる人が制限されているので注意しましょう。年齢については20歳以上60歳未満となっていて、65歳の誕生月までに完済をしなければならなくなっています。利用する際は、自分のケースに該当しないか確認しておきましょう。
また、前年度の税込みの年収が500万円以上の給与所得者でならなければならないという制限もあります。つまり、自営業を営んでいる人は利用できないということになります。
資金の使い道は、もちろん、おまとめローンなどローンの一本化としての利用ということになります。
具体例では、無担保個人向けローンや商品をローンで購入した後の借り換え資金などがあげられます。これらの借入れは、銀行をはじめ消費者金融やクレジット会社などさまざまなこところからの個人的な借入れということです。
商品購入のローンの場合は、その内容によっては借り換えの対象にならない場合があるので注意が必要です。
バンクプレミアの借入れ金額は、100万円以上500万円以内となっていて、借り入れる際は、1万円単位となります。
借入れ期間については、1年以上8年以内と規定されています。
バンクプレミアは、担保や保証人については不要とされていますが、その代わり保証会社の保証が受けられることが契約の条件となっています。

オリックス銀行カードローンの魅力

オリックス銀行から新たに誕生した、オリックス銀行カードローン。あなたの「もっと」にしなやかに応える、というキャッチコピーのとおり、柔軟でしなやかなサービス内容と使い勝手の良さ、そして業界最高水準の貸し付け条件の良さなどで人気を集めています。

そんなオリックス銀行カードローンの魅力は、やはりなんといっても業界最低水準に設定された魅力的な金利でしょう。オリックスカードローンの金利は、年利3.0%~17.8%という業界最低水準。金利は利用限度額に応じて設定されており、たとえば100万円未満なら12.0%~17.8%、100万円超150万円以下なら9.0%~14.8%、150万円超200万円以下なら6.0%~12.8%となっています。しかも利用限度額は最高800万円。使途を限定されないフリーローンで、ここまで大きな限度額を用意しているところはそうはありません。さらに気になる返済額に関しても月々7,000円から(借入残高30万円以下の場合)と、これも業界最低水準の数字となっています。

このように、オリックス銀行カードローンの審査は貸し付け条件が同業他社の中ではバツグンに良いのが魅力的。さらに希望限度額が100万円以下の場合は所得証明書不要、最短で即日審査可能など、利用する側の立場に立った柔軟でしなやかなサービスが用意されています。

申し込みもインターネットで完結できて便利なオリックス銀行カードローン。貸し付け条件にこだわるなら、オリックス銀行カードローンを選ばない手はないのではないでしょうか。