引っ越し料金は値切れる

我が家は何度引っ越しをしたかわかりません。 東京都内の近いところの引っ越しが数回、東京から東北まで1回、その市内でも3回も引っ越しています。 今度が最終と思っていますが。

そして、引っ越しの業者は数社あります。 東京都内の引っ越しや、現在の市内での引っ越しでは、知り合いのトラックを借りたり、またお手伝いしてもらえる人も、知人友人兄弟総出であっという間に終わります。 終わった後に食事を出すという程度ですみます。 問題は、長距離での引っ越しです。 300キロ以上離れた引っ越しには、大型のトラックで引っ越し業者を依頼するしか方法はありません。

引っ越し業者の数社から見積もりをとりました。 家の中の家電やタンスなどを細かく現状をみて、距離も合わせて見積もりを取りました。 中には、ダンボールを用意し、その分の料金も含まれている会社もありました。 大手のある会社では、食器をこわさず1個ずつ専用のバッグのようなものに詰めて運ぶというものもありました。 また、家族は何もしなくてもよい、全部お任せというものまであります。

しかし、私達は、ダンボールは自分達でスーパーやドラッグストアなどから空き箱をもらってきて、自分達で箱詰めしました。 ドラッグストアからもらえるダンボールが、汚れていないので使用するには、向いています。 食器も自分達で、箱詰めしました。 そして、見積もりをとる時は、このような過程を全部含まない料金で提出してもらいます。 トラックに運ぶ作業員も、会社の方では、積み下ろしの人数として2人を見積書に載せて計算してきますが、運転手のみの1人で計算してもらいました。

この作業員の1日の日当だけでも1万円以上です。 積み下ろしは、玄関先までとすると、さらに安くなります。 住宅の中へ運ぶのは、夫や同僚が2人くらい手伝ってくれました。 一番遠い東京から仙台までの引っ越し料金は、運送会社によりバラつきがありました。 お任せパックが一番高額でした。 そして、荷造りは家族の私達がすることとして、目的地までのトラックの運送料金と運転手の日当という見積もりでは、10万円くらいだったでしょうか。 他の業者では、20万円以上というところが多かったようです。

おもしろいことに、「見積書」を数社から取ってみると、不要なサービスにも料金が発生しているところもありました。 ライバルかと思える引っ越し業者の名前をだして、金額も伝えるとその会社では、さらに値引きされることも多かったと思います。 数社の引っ越し業者から見積書を提出してもらい、内容をきちんと確認し、自分達でも可能な部分は削除してもらうということも大事なことです。

SNSでもご購読できます。