※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」「おまとめローン」などが大半の銀行カードローンから無くなりました。

おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますが、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページのおまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので、現在は異なります。アーカイブ資料として残してあるものです。



おまとめローン

おまとめローンをお探し?最短79分で利用できる南日本銀行(過去情報)

更新日:

南日本銀行は鹿児島県鹿児島市に本店を置く第二地方銀行で、地域の人たちから「なんぎん」という愛称で親しまれています。もし金融機関からの借入れを借換たいなと思っているのであれば、この南日本銀行のフリーローンをおまとめローンとして活用すると良いでしょう。

南日本銀行のフリーローンとは

満20歳以上で完済時の年齢が80歳以下の方で、南日本銀行指定の保証会社の保証を受けることができる人であれば誰でも申し込めます。専業主婦の方や年金受給者の方だけでなく、パートやアルバイトの方でも申し込めるのが嬉しいかぎりです。融資金額は10万円以上、1,000万円以下で、年利は2.8%から14.5%です。これは南日本銀行の審査結果によって年利は決定されますが、もし2.8%であれば、フリーローンとは思えないほどかなり低い金利で借り入れることができます。融資期間は6か月以上、15年以内で、損害遅延金は18.25%です。返済額は元利均返済か元利均等ボーナス併用のどちらかを選ぶことができます。

南日本銀行のフリーローンの申し込み方法

申し込み方法は電話かFAXかインターネットで簡単に申し込みをすることができます。FAXの場合は申請書をダウンロードして記入して返送するというひと手間が必要となります。審査が通れば来店か郵送で契約となります。その際、本人確認資料として運転免許証、パスポート、健康保険証が必要となりますし、利用金額が300万円を超える場合は所得証明資料が必要となります。源泉徴収票や確定申告の控え、納税証明書を提出してください。また、住宅ローンの借換の場合は自治体が発行している罹災証明書や補助金交付決定書を準備してください。

南日本銀行はスピーディな対応が人気

南日本銀行のウェブサイトでローンのページにアクセスすると、借り入れが可能かどうかを約3分で診断することができます。性別、年齢、収入環境(給与所得者かパート、アルバイトか等)、年収、保険種類(国保か社保か等)、現在の借入金額と毎月の返済額の7項目を入力するだけで、簡単に仮審査をすることができますので、来店したり電話をかけたりするのを躊躇してしまう方は是非利用してみてください。もし南日本銀行に口座があれば、最短で79分で融資を受けることができます。口座がない方の場合でも最短で3時間45分で融資が可能なので、急な出費予定ができてしまって急いで資金が必要という方は是非利用してみてください。もちろん他社からの借り入れを一本にしたい人にとっても使いやすいローンですからお気軽に窓口に相談してみてください。

-おまとめローン

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.