おまとめローン

三井住友銀行は融資枠が大きくて、おまとめローンは?(過去情報)

更新日:

三井住友銀行カードローンで上手におまとめ

三井住友銀行では現時点でおまとめローン・フリーローンの商品を提供していません。しかし当行では使いみちが自由なカードローンがあります。ホームページにはおまとめ・借り換えがOKと明記されていますので、契約後は自由に借金の一本化をしてみましょう。三井住友銀行カードローンは年齢制限を満20歳以上~69歳以下の安定収入者としています。一般的に銀行系のカードローンでは65歳以下に区切っているところが多い中で、この69歳以下という設定は高齢化社会には大きなメリットと言えるでしょう。高齢で資金繰りの厳しい方には、非常に助けとなるカードローンなのです。ただし、未収入では利用不可です。またおまとめ専用ローンでないので、残りの利用枠はご都合に合わせてキャッシングができるのは言うまでもありません。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので、現在は異なります。アーカイブ資料として残してあるものです。



口コミなどの評価は

一般的な口コミ・体験談の評価をチェックしますと、審査の面ではかなりスピーディーになっていて、最短30分での審査完了が見込めると評価されています。ただし、会社確認などで手間取れば即日キャッシングが難しい事もある様です。そして 金利面での評価は良好です。そこはやはり大手の銀行系ですので、年利は4.0%~14.5%までとリーズナブルな設定です。100万円前後でも12%ほどですので、たいへんに低金利だと言えるでしょう。またサービス面では、丁寧な電話対応・窓口対応が好評です。また利用限度額を大きく設定してくれる点も利用者にとってメリットとなります。ただし慎重な融資姿勢から、返済遅延や他からの借金が膨らむと融資枠変更もありますのでご注意ください。

カードローンのスペックについて

借入上限は最大で800万円までと、おまとめローンには十分な大枠設定です。この金額枠は銀行系でもトップクラスで、先にもいった通り枠設定が柔軟ですから、思いきったおまとめローンに利用できます。用途の制限は唯一事業性のある資金がNGですが、それ以外であれば自由に使えます。一旦カードを入手すれば、限度枠内で出し入れが自由だという事です。また、キャッシングの際は、三井住友銀行ATMをはじめ、E-netやセブン銀行にゆうちょ銀行などのほとんどのATMが無料提携されているのも嬉しいところです。もちろん返済もATMで自在に行えます。返済方法は残高スライドのリボルビング方式で、元金と利息が借入残高によってスライドする定額返済法です。こちらは他のローンと同様に、元本返済が緩慢な点がデメリットとしてありますので十分に返済計画を練って利用しましょう。

-おまとめローン

Copyright© お金返せない!返済できないローン借金の相談&おまとめローン , 2018 All Rights Reserved.