ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

230万円貸して!明日までに230万円用意する必要がある人へ

230万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、230万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利息が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利息の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで230万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は
230万円×0.18×1(年)=414,000円となります。

今度は
利息の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで230万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は
230万円×0.05×1(年)=115,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利息も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利息がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利息の差となって表れています。これは大きいですね。

ですから、少しでも安い金利で230万円を借りたいものです。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金を借りる際の借換ローン利用の注意点

無担保ローン、住宅ローンをとわず、すべてのローンにお金を借りる場合に気をつけたいのは、金利です。高い金利で利用していれば、利子だけ払い続けて、元金はなかなか減らないという状況に陥ります。そういうときには、早めの借換えが必要です。そのローンを借換える際には、少なくともワンランク上の業者を狙うべきです。お金を借りる金利も20%台ではなく、せめて10%台まで引き下げなければ元金を減らすことは厳しくなります。例えば、ある一人の方のエピソードとして、その人は銀行のカードローンで50万円(年利13.8%)、カード会社のカードローンで50万円(16.8%)、消費者金融から30万円(27%)、合計130万円借りていました。元金の130万円に対して、毎月の利子が2万円を超え始め、ちょっと不安になります。そこで消費者金融から連絡があり、枠を150万円に広げて、金利25%に下げるから、銀行とカード会社のローンをまとめたらどうかという誘いでした。実際に一本化にしてみると、返済回数だけは、確かに3回から1回に減ったものの、金利が劇的に下がったわけではないので、それほど楽にはなりません。そして、また他の業者に手を広げてしまい、債務状況は悪化の一途をたどりました。とにかく、いまある借金を減らすためには、より低金利で借換えをすることです。さらに、お金を借りる業者を1社に絞ることができれば、借入金額がふくらんでいてもリカバリーできるチャンスは大きくなってきます。早急に、借換えや借金の一本化をして金融機関に審査を申し込み、借換えや一本化に応じてくれるか、あたりをつけることが大切です。
 
消費者金融のメリットを活かす

消費者金融のメリットとして真っ先に挙げられるのは、そのスピーディーさです。急にまとまったお金が必要になった時など、知人に頼むのは気が引けるものです。しかも今日明日に何とかしたい時、身分証明書1つで、審査さえ通れば誰にでも貸してくれる消費者金融は、とても有難い存在です。申し込みしてから融資までわずか30分ほどというのは、銀行系ではありえないことで、その迅速さに驚くと共に、何でもスピード化が加速する今の時代にピタリと合っているのだと思います。もちろん銀行に比べると金利は高めですが、一定期間なら金利0というところもあるし、仮にその間に返せなくても銀行から借り替えるという方法もあります。消費者金融のメリットとして、次に挙げるのは利便性です。仮に出張とか旅先で急にお金が必要になった場合でも、インターネットで24時間申し込みが可能だし、各地にある無人店舗を利用することもできます。返済に関しても、日本全国のコンビニのATMや提携銀行のATMが利用でき、大手消費者金融なら日本全国どこの場所でも返済可能です。又、返済時の振り込み手数料についても、消費者金融側の負担で利用することができます。お金に余裕ができて少し多めに入金したり、残額を一括返済することにも制約は無く、不必要な金利を支払う必要はありません。借金はしないに越したことはありませんが、いざという時は無担保、無保証人、スピード融資という消費者金融のメリットを利用しながら、賢い借金生活を送るのがお勧めです。

更新日:

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.