ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

240万円貸して!明日までに240万円用意する必要がある人へ

240万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、240万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで240万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
240万円×0.18×1(年)=432,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで240万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
240万円×0.05×1(年)=120,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れています。これは大きいですね。

ですから、少しでも安い金利で240万円を借りたいものです。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金借りる業者選びの注意点とその効果

カードローンやキャッシング、クレジットは、便利に利用することができ、分割払いやリボ払いにすると、月々の返済額が小額となり、お金を借りすぎてしまいがちです。いずれもお金借りている行為であることを認識し、利用している総額と、月々の返済額をきちんと把握しましょう。お金借りることによって生じる利子も金額が大きくなり、お金借りる期間が長くなると、膨らんでいきます。お金借りたら、なるべく早く返すことで、支払う金利を減らす努力をしましょう。またそもそも、お金借りる時点で、それが本当に必要に迫られたものであるか、借りたお金を返せるのか、きちんと返済計画を立てましょう。大手キャッシング会社の中には、返済シミュレーションができるサイトを持つところもあります。それらを利用し、毎月の返済額と、利子の関係を実感するとともに、早めの完済を目指す意識を高めることが大切です。それにより、金利が低い利点を改めて感じることでしょう。しかし、金利だけに着目して、悪徳業者による、曖昧な金利表示にだまされることのないように注意しましょう。年利のように見せかけて、実は日歩で膨大な請求をする悪徳業者がいるのです。お金借りる際には年利できちんと提示する業者を選ぶことです。銀行系のキャッシング会社や大手の銀行で、評判のよいところをリサーチして、しっかりと選びましょう。そして、自宅から利便性の良いところで、借入や返済ができる業者を選ぶ事もポイントです。特に返済は、いつでもできることが多く、早めに多く返済することで、利子の支払いを減らすことができます。行きやすい場所で返済できることは、総支払額を減らす効果も期待できるのです。お金借りる業者選びは、これらのことに着目して慎重に行いましょう。
 
消費者金融のメリット

消費者金融は、報道の内容によっては叩かれることが多い業界だと思います。取立ての様子などを繰り返し報道することによって、ネガティブなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし消費者金融のメリットは、依然として高いものがあります。消費者金融の特徴として挙げられる事に、金利が高くて取立てが厳しいという人がいますが、その裏返しとして審査の基準が甘く融資を受けるまでに時間がかからず、無担保で保証人なしでお金を借りることができるということも忘れてはいけません。さらに消費者金融のメリットとして日本全国24時間利用が可能で手数料がいらないということも挙げなくてはならないでしょう。自営業者や中小企業の経営者などは時として銀行の融資を受ける時間的余裕がない場合があります。一人暮らしのサラリーマンなどにも急な出費が必要である場合もあるでしょう。そういった場合には消費者金融の利用価値は非常に高かったように思われます。24時間融資の申し込みが可能であり、審査の基準が甘く、即日で融資を行なってくれるというのは他の金融機関ではできないことであり、消費者金融のおかげで一息ついたという人も少なくはありません。これらの消費者金融のメリットを利用した使い方を利用者の側も学習する必要があるのではないでしょうか。消費者金融の行なってきた小口の融資は、使用の仕方によっては大変便利なものです。仕組みをよく把握した上での利用が求められています。

更新日:

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.