ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

300万円貸して!明日までに300万円用意する必要がある人へ

300万円ローン借入れ(金利5%と18%の時の比較)
ここでは、300万円ぐらいを借りることが出来るカードローン会社を一覧表で紹介していますが(当ページ下の方)、
できるだけ金利の安いところで借りた方が、支払う利子が少なくて済むのは明らかです。
ちょっと計算してみましたので、参考にして下さい。

利子の金利を「実質年率18%」で設定しているカードローンで300万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利子は
300万円×0.18×1(年)=540,000円となります。

今度は
利子の金利を「実質年率5%」で設定しているカードローンで300万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利子は
300万円×0.05×1(年)=150,000円となります。

借りる金額が大きくなってくるに従って、支払いの利子も高くなってくるのは当然ではありますが、
借りる金利が高いと、支払い利子がかなり高くなってしまうことが計算からわかります。

金利(実質年率)の差が、
結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れています。これは大きいですね。

ですから、少しでも安い金利で300万円を借りたいものです。

安い金利で借りれば、まだそれほど高い利子にはなりませんが、金利の差が結果的に軽く3倍以上、4倍近い支払い利子の差となって表れていますね。

※返済方式によって実際の支払い金額は異なります。
上記計算はあくまで参考例として、借りるローンの返済方式を必ず確認してくださいね。

お金を借りる際の必要性の重要ポイント

信用金庫などの金融機関の役割は、みなさんから預かった預金をお金が必要な人に貸し出すことです。ですから、お金が必要な時には、金融機関からお金を借りることが出来ます。個人がお金を借りる場合と、企業がお金を借りるということがあります。個人の場合ですと、車や家などの高額なものを購入するときや、急な出費が必要になったが、手持ちのお金が足りない時、といった場合があると思います。例えば、子供が大きくなったからそろそろ家を建てたいと思ったときに、コツコツ貯蓄をしていくだけでは、家を買うお金が貯まったときにはもうおじいさんです。そういう人のために、金融機関には住宅ローンというのがありますし、カーローンや教育ローンといった目的に合わせてお金を借りることのできる物があります。また、例えば通勤用の車が急に故障してしまったが、ボーナス前で手持ちがないと、いったような場合にも、カードローンなどで修理に必要なお金を手に入れる事ができます。また企業を経営していくには、いろいろなお金がかかります。毎月の仕入れ、従業員への給料の支払い、新しい工場を建てたり新しい機械を購入したりで大変です。例えば、今、新しい工場を建てて新商品を増産すれば、大きな利益が見込まれるということがあったとき、お金を借りてでもすぐに工場を建設すれば、大きな利益を得る事ができます。しかし、建設費用が貯まるまで待っていたら、そのチャンスを逃してしまうことになります。このように、企業は経営に必要なお金を必要な時に借りることによって、事業を推進、発展させることができるのです。
 
消費者金融の基礎知識とは

消費者金融の基礎知識について解説します。消費者金融は、簡単にいうとお金を借りるところです。金利はちょっと高いですが、まとまった金額を借りることが出来る金融機関です。消費者金融の基礎知識として、一般的に知られているのが、カードローンです。カードローンは、CDやATMでお金を借りることが出来ます。ちょっとした借り入れに便利です。金融機関を利用される方でしたら、大抵の方が利用しています。消費者金融に借り入れを申し込んだ時点で、利用限度額が決められることが多いです。決められた限度額の範囲内でしたら、いつでも借り入れ、返済が出来ます。借りたお金を何に使うかは、借りた人の自由になっていますが、そのかわり金利は少し高めに設定されています。金利は消費者金融の機関ごとに変わります。借りる金額によって金利も変わります。消費者金融の金利は平均で17パーセント前後です。預貯金の金利が1パーセント以下という中で、借りた際の利息は大きなコストになります。以前までは、消費者金融の金利は6パーセントから28パーセント前後と幅広かったものの、現在では法律の改正によって、4パーセントから18パーセント前後と全体的にかなり低い金利になっています。借りるところによって金利が違うので、出来るだけ金利が低くて自分に合ったところを選ぶことが大切です。消費者金融の基礎知識として覚えてもらいたいことは、現在では金利がかなり低くなっていること、借りるところによって金利が違うこと、自分に合ったところを選ぶことが重要になるということです。

更新日:

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.