ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

750万円貸して!明日までに750万円用意する必要がある人へ ※金利差無

家を建てるためにお金借りる事のメリット

あなたはお金借りることに反対ですか?そうですよね。必要のないお金、それも贅沢やギャンブルに使うためにお金借りることは絶対におすすめできません。なぜならそういうお金は悪銭身につかずと申しましょうか、欲求ばかりが膨らんで更にお金借りることになってしまいにっちもさっちもいかなくなることが多いからです。ギャンブルや贅沢品のためにお金借りることはおすすめできません。しかし、もしお金借りることによって必要である事が実現する場合はどうでしょうか。それもコツコツ貯めていたのではその必要なものが35年も40年もかかってしまい、貯まった時には既に60歳を過ぎていて結果としてお金を貯めることは出来たけれども必要がなくなってしまったら。それでは仕方ないですよね。住宅などがその例です。結婚をして子供たちが産まれ、賃貸では子供の声や走り回る足音がうるさいので子供にも必要のない我慢をさせることとなり、また同じ建物の住人さんにも迷惑を掛けることになりかねません。賃貸でも家賃を支払うわけですからそれに少しプラスして、または賃貸と同額のローンで住宅を建てることができるのであれば、周りの人にも子供の走り回る足音がうるさいといって迷惑を掛けることも少なくなり、子供たちも思いっきり子供らしく遊ばせることができます。このような事を実現するには銀行から家を建てるためのお金借りることが必要大前提となってきます。銀行からお金借りるメリットはこんなところにも見受けられます。

悪徳業者

カードローンを利用するためには様々な決まりが設けられています。カードローンを運営している多くの金融機関も、法律によって定められた様々なことを守って、その金融業を営むことになっています。そう言った法律に守られているからこそ、一般の消費者も比較的安心してカードローンを使用することができるようになっています。しかし多くのカードローンの会社の中には、そう言った決まりを一切守らずに、不当な収益を上げている、いわゆる悪徳業者と言われる人たちも存在しています。

悪徳業者とされる金融機関の特徴としては、金利がほかの金融機関と比較しても高いものになってしまっているということにあります。法律では金利は年間20%までというように決められています。しかし悪徳業者の中にはそう言った決まりを守らずに、高額な金利を請求してくると言う金融機関も存在しているために注意が必要です。

また審査が極端に甘いところも悪徳業者の疑いがあります。本来であれば、きちんと返済を行うことのできる人とのみ契約を行うということは、金融機関自体の信用を守ることにもつながるために、とても大事なこととして扱われることになります。にもかかわらず誰とでも契約をしてしまう金融機関というものは、悪徳業者と考えてほぼ間違いはないでしょう。

こした悪徳業者を利用してしまうと、不当な取立てに悩まされることや、本来担保を必要としない融資であるカードローンにもかかわらず、担保として車などを差し押さえされてしまうと言うケースも多数報告されています。自身の身を守るためにも、悪徳業者とは契約しないよう注意が必要です。

更新日:

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.