ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

借金返済相談窓口と返済計画と債務整理

消費者金融と多重債務とローン一本化の相談

更新日:

消費者金融と多重債務について

借金を抱えている方の中には、「毎月の支払いが、出来なくなりそう」という方もいると思います。カードローンなどを利用している方は、とても気軽に借入が行えるため、「気が付いたら、こんなに借入をしていた」という方もいるでしょう。クレジットカードなどで、買い物をしている方も、ついついクレジットカードを使って買い物を続けてしまい、「いつの間にか、こんなに使ってしまっていた」という方もいるのではないでしょうか。こういった方は、消費者金融や多重債務への危険性がありますよ。

では、消費者金融と多重債務について、ご紹介しましょう。借金のスタートは、クレジットカードでの買い物だったという方の中にも、最終的には消費者金融を利用してしまったり、多重債務者となってしまうことがあります。どうして、この様なことが起こってしまうかというと、クレジットカードの請求日が近づき、「返済が出来ない」と思った時、「返済しなければ」という思いにより、新たにカードローンなどを利用してしまうため。

消費者金融などのカードローンの場合には、審査なども時間がかかりませんから、すぐに借入を行うことが出来ます。カードローンを利用したお金で、クレジットカードの支払いを行うということが繰り返されれば、どんどん借入額は増えてしまうことになります。そして、そのカードローンを返済するために、新たにカードローンの利用をするという自転車操業がはじまってしまいます。
多重債務者になってしまえば、今よりも大変な状況となってしまいますので、十分注意が必要となります。

 

多重債務の相談について

借金を抱え、その借金返済のために、更に借金を行ってしまっているという方の中には、「いくつもの会社から、かなりの借入を利用している」という方もいると思います。こういった多重債務となってしまえば、どんどん地獄へと落ちてしまいます。「でも、返済をしなければ、大変なことになってしまう」と思っている方も多いと思いますが、このままではどんどん借入額が増えるだけ。どうしても、返済が出来ない場合には、相談してみると良いでしょう。

では、多重債務の相談について、ご紹介しましょう。どこの都道府県でも、消費者生活センターというものがあるのは、ご存知だと思います。市区町村単位で、この消費者生活センターはありますから、多重債務を抱えている方は、ここに相談してみると良いでしょう。消費者生活センターは、多重債務の専門家ではありませんが、様々な悩みにのってくれる機関となっていますから、良いアドバイスなどが受けられますよ。もちろん、相談料は無料となっていますから、安心ですよ。「法律事務所などに、相談したいけれど、お金もないし、敷居が高すぎて行きにくい」という方などは、まずはこういった消費者生活センターなどに相談してみましょう。また、多重債務の相談窓口として、NPO消費者サポートセンターなどもありますよ。

こういった窓口を利用する際には、今の状況を詳しく説明することも必要となりますから、自分の借入額、返済額、返済期間なども把握しておく必要があります。

 

多重債務の整理について

いくつもの借金を抱えている方は、「今まで、頑張って返済を続けてきたけれど、もう返済は出来ない」という方もいると思います。生活などもままならなくなってしまえば、多重債務の整理を行うことも考えた方が良いでしょう。

では、多重債務の整理について、ご紹介しましょう。いくつもの借金を抱えている方が、「返済は、どうしても出来ない」という状況になった場合には、債務整理を行うことが出来ます。債務整理と一言で言っても、方法は4つあります。自己破産、任意整理、個人民事再生、特定調停の4つがあり、それぞれの状況などによって、整理を行っていくことになります。

しかし、免責が受けられない場合には、借金は返し続ける必要があります。どんなに、大変でもこの状況は変わらないということになります。「もう、どうやっても返済は無理だ」と思った時には、弁護士や司法書士の方などに相談を行い、弁護士、司法書士を通して、債務者との交渉を行い、利息を減らす、返済期間を延ばす、分割での支払い方法に変えるなどし、少しでも返済を楽にすることも出来ます。借金が楽になるわけではありませんが、今までの返済を考えれば、少しは楽な状況になるでしょう。

このように、多重債務を抱えている方で、「もう、返済することは難しい」「どうしても、返済することが出来ない」という方は、多重債務の整理を行うことも一つの方法。多重債務の整理をしたいと思った方は、一度弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

多重債務の対策について

借金を抱えている方の中には、多重債務者となっている方もいると思います。以前では、こういった多重債務者などは、社会問題ともなっていましたよね。そのため、現在では金融庁などにより、多重債務の対策を行っています。

では、多重債務の対策について、ご紹介しましょう。多重債務の対策として行われているのは、賃金業法の改正。また、テレビCMの規制を行ったり、自殺を目的とした生命保険の加入や貸付金の上限額を定める、グレーゾーン金利などの撤廃などを行っています。以前は、消費者金融では、金利などが徹底されていなかったため、多額の利息がつき、「返済が出来ない」ということから、自殺などに追い込まれる方もいたため、今ではこういった対策が行われています。また、内閣により、多重債務対策本部を設置しており、シンポジウムを開催したり、相談窓口を設置するなどして、国を挙げて、多重債務対策を行っているということになります。

「個人的には、どういったことに気をつければ良いの?」と思われる方もいると思いますが、まずは個人で借入を行う際には、いくつもの借入を利用しないこと。また、借入などを利用する際には、返済総額などもその都度把握した上で、返済可能な額かどうかを確認した上での利用が基本となります。

このように、多重債務対策を行うため、今では借金業法の改正や国を挙げての対策が行われています。もちろん、個人個人の利用方法も大切となってきますから、借入利用の際には十分慎重に行いましょう。

 

まとめてローン一本化する→おまとめローン

最近は、様々な金融機関により、おまとめローンなどが増えてきていますよね。「おまとめローンって、どんなローンなんだろう?」と思っている方もいると思います。

では、おまとめローンとは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。ローンを抱えている方の中には、いくつかのローンを返済している方もいると思います。1つのローンだけでれば、返済額も把握しやすいですし、返済日、返済総額なども分かりやすいですよね。しかし、いくつものローンを抱えている方は、「全て、返済日が違うから、忘れてしまいそう」と思っている方も多いと思います。また、ローンをいくつも抱えているということは、それぞれのローンに金利がつくことになりますから、返済総額にすると、かなり大きなものとなりますよね。金利だけでも、かなり大きくなるのではないでしょうか。

そんな時、おまとめローンを利用し、ローンを1本化することで、金利を抑えることも出来ますし、返済日、返済総額なども分かりやすく、返済が楽になるというもの。「じゃあ、おまとめローンを利用してみよう」と思われる方もいると思いますが、おまとめローンを利用する際には、現在の金利と、おまとめローンを利用した際の金利を見比べる必要があります。現在のローンが、低金利のものであれば、おまとめローンを利用することで、逆に金利が上がってしまうこともありますので注意しましょう。

このように、多重債務を抱えている方は、おまとめローンを利用し、ローンを1本化するという方法もあります。

 

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-借金返済相談窓口と返済計画と債務整理

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.