ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

ローン払えない 返せない借金地獄・借金苦 返済相談

借金地獄・借金苦からの脱出と債務整理(弁護士・認定司法書士) TOP

お金を借りて、その返済に行き詰まって借金地獄・借金苦に陥ってしまっている人がいます。
借金地獄・借金苦になってしまう理由は、勤めていた会社が倒産して失業してしまったり、大きな病気をしてしまい入院を余儀なくされて仕事を失ってしまう、ギャンブル癖や浪費癖があって生活習慣が乱れているなどさまざまです。
しかし、だれもがその状態がよいものだとは考えていません。何とかその状態から抜け出したいというのが本音です。
借金地獄・借金苦に陥ってしまうと、複数の金融機関からお金を借りて、その利息の支払いに圧迫されるという生活を送らざるを得なくなったりします。
この借金地獄・借金苦から脱出するために有効なのが債務整理なのです。債務整理は、その借金がどのような状況にあるのかで、いくつか用いる方法があります。
裁判所を通さないで解決を図る任意整理、裁判所が間に入るようになる特定調停、最終手段となる自己破産など、その人の借金の状態に合わせた方法をとるようにしなければなりません。
債務整理には、自分でできる方法もありますが、現実的には弁護士や認定司法書士などの法律の専門家に依頼し、相談しながら話を進めたほうが合理的でかつ経済的でもあります。
また、弁護士や認定弁護士など法律の専門家に依頼することで、過払い金返還請求といった手続きもでき、借金地獄・借金苦の原因が利息の払い過ぎといったことによるものであるか確認でき、もし過払い金があった場合は、債権者を相手に返還請求もできるのです。
借金地獄・借金苦だったのが、逆に払い過ぎた利息分を取り戻すこともできるという決定的なメリットもあるというわけです。
債務整理は時間をかけての手続きとなるため、弁護士や認定司法書士とは長い付き合いになるはずです。
そこで、依頼者との間でいかに信頼関係を構築できるかが、借金地獄・借金苦から早く脱出するためには鍵になってくるはずです。また、それ以前に、債務整理の分野に明るい信頼できる弁護士や認定司法書士を選ぶということは、たいへん大事なことになります。
逆に、こうした借金地獄・借金苦で気持ちにゆとりのなくなっている人を狙っている、悪徳と呼ばれる弁護士なども存在しているので注意しなければなりません。

借金地獄・借金苦からの脱出と債務整理(弁護士・認定司法書士) 30項目】

借金地獄・借金苦から脱出しよう!抜け出すには
01-01 借金地獄・借金苦とはどういった状態
01-02 借金地獄・借金苦から脱出できない理由
01-03 借金地獄・借金苦にある人の心境
01-04 借金地獄・借金苦から脱出するために必要なこと
01-05 借金地獄・借金苦から脱出するためのポイント
01-06 借金地獄・借金苦から脱出しようという決意

借金地獄・借金苦からの脱出方法としての債務整理
02-01 債務整理で借金地獄・借金苦から脱出する
02-02 借金地獄・借金苦の状況次第で選ぶ債務整理の方法
02-03 借金地獄・借金苦を債務整理で解決するためのポイント
02-04 債務整理によって借金地獄・借金苦から脱出するのに必要なこと
02-05 債務整理によって借金地獄・借金苦から脱出するタイミング

法律の専門家に依頼する債務整理
03-01 債務整理を自分で行う場合
03-02 債務整理を法律家に頼むメリット
03-03 債務整理を法律家に頼む際の費用
03-04 債務整理に明るい法律家を選ぶ方法
03-05 債務整理を成功させるための法律家との付き合い方

債務整理に明るい弁護士や認定司法書士
04-01 債務整理に明るい弁護士や認定司法書士とは
04-02 債務整理で選ばないほうがいい弁護士・認定司法書士とは
04-03 債務整理においての弁護士・認定司法書士との信頼関係
04-04 債務整理後の弁護士・認定司法書士との付き合い方

債務整理によって借金地獄・借金苦から脱出した後のこと
05-01 借金地獄・借金苦から脱出して元に戻らないために
05-02 借金地獄・借金苦から脱出した後にしなければならないこと
05-03 借金地獄・借金苦から脱出した後の注意点
05-04 借金地獄・借金苦から脱出してもさらに悪化することも
05-05 借金地獄・借金苦から脱出して過払い金返還請求へ

借金地獄・借金苦からの脱出と過払い金返還請求
06-01 借金地獄・借金苦と過払い金返還請求の関係
06-02 借金地獄・借金苦からの脱出の最後の一手となる過払い金返還請求
06-03 弁護士・認定司法書士に過払い金返還請求を依頼するケースとは
06-04 弁護士・認定司法書士に過払い金返還請求を依頼するための準備
06-05 弁護士・認定司法書士に過払い金返還請求を依頼できない場合

 

体験談9記事

カードローンの返済未払い分を整理できました

私は以前、カードローンの未払い分を整理する為に債務整理を行い、生活を立て直す事が出来ました。元々使いすぎてしまった事が悪いのは承知の上でしたが、どうしても生活を行う上でカードローンの返済未払い金が溜まってしまい、気づいたときには少しずつの返済を行った所でできる訳もないような返済額になってしまっていたのです。このままでは人生を切り開く事も出来ないと感じたので、債務整理についての事をまずは調べる事から行いました。

個人的に調べた結果として、債務整理というものには、任意整理や民事再生、自己破産という手段がある事がわかりました。ただ、これを行うのは簡単な事ではないですし、専門的な知識が必要だなというように感じたので、法律相談事務所に相談をして、現在のカードローンの返済未払い金についてどのようにするのがベストかという選択肢を教えて頂く事にしました。ちなみに私の場合、相談は無料で行ってもらえる法律相談事務所を選んでいたので、相談事について答えをもらうのには時間もお金もあまりかからなかったように思います。

ある程度金利を引き下げるなどすれば、より私にとって都合の良い返済が可能という事で、任意整理を行う事になりました。任意整理の和解交渉については弁護士さんが行ってくれるとのことだったので、そのまま弁護士さんに依頼をし、代理人として行ってもらう事が出来たので私が個人的に何か行うという事はほぼなかったです。収入を得る見込みがあり、任意整理を行った時にカードローンの未払金を3年程度で返済できる確率があるのなら、任意整理による債務整理を行った方が良いという事を知れて良かったですし、メリットもかなり大きかったので、返済に困るような金額が、金利などをカットするだけで返済がしやすくなったので、心のつかえもとれて安心しました。

これから先にクレジットカード等の利用をする事に関しては制限をされてしまうというデメリットについても教えて頂きましたが、返済に困っている私としては、これから先の返済に毎日頭を抱えるよりも、現段階の返済をどうにかしたいという気持ちも強かったですし、この行動を起こしたことにより、返済未払い金の整理ができて嬉しいです。

消費者金融や銀行カードローンなどの多重債務を抱えて返済不可能になった場合は、債務整理という方法があります

フリーランスの仕事をしている者ですが、50歳を過ぎた頃から急に仕事の依頼が激減しまして、何度か消費者金融のキャッシングや銀行カードローンのお世話になってしのいできました。その後、仕事の方もなかなか以前のように回復しません。さらに息子が大学受験することになり、ますますお金が必要になってしまいました。

生活設計がなってないと言われればそれまでなのですが、フリーランスの仕事というのは先が読めないので難しい面もあるのです。結局、銀行カードローンのお世話になったのですが、ここにきてついに返済不可能な状態になってしまったのです。ネットで色々調べた結果、銀行協会の相談室にはカウンセリングサービスというのがあるとわかったので、早速電話して相談してみました。

結局、債務整理という方法で何とか解決できるというアドバイスをいただきまして、弁護士に相談した方が良いということになったのです。といっても知り合いの弁護士などはいませんから、役所の窓口に行って尋ねたところ、そのような相談に応じてくれる弁護士事務所を紹介されました。私のようなケースはかなり多いらしくて、慣れた感じで弁護士さんが相談に乗ってくれたのです。相談だけなら無料ということなので安心しました。
弁護士さんの話では、債務整理にはいくつかの方法があるらしくて、私の場合は多重債務者といっても消費者金融を3社に銀行カードローンの2社で、借金総額も300万円だったので、任意整理で大丈夫だろうということでした。任意整理というのは継続して収入を得る見込みがあって、返済額を減額すれば返済できるという人に適用されるのです。

特に裁判所を通すこともなく、弁護士さんが代理人となって処理をしてくれるというので少しホッとしました。債務整理には、もっと多額の借金で、全く返済の見込みがない人の場合などは自己破産という最悪の処理方法もあるということでした。弁護士さんのおかげで金利を引き下げて引直し計算した結果、毎月の返済額を減らすことができ、助かりました。ただし債務整理をすると信用情報機関に登録されてしまうため、5年間は新たに借金することも、キャッシングやカードローンを利用することができなくなりました。やはり借金する時には返済計画をしっかり立てることが必要だと痛感しました。

債務整理をして、苦しい生活から抜け出せました

私には主人と3人の子供がいます。結婚して12年、子供達も元気に育ってくれました。5年前に中古ですが、一戸建ても購入しました。それまではずっと会社の社宅にいましたが、退去の時期が迫っていたので思いきって購入しました。月に55000円の住宅ローンを払いながら生活をしています。

主人は会社員で私はパートですが働いているので、生活に必要な収入はありました。3人の子供の教育費と住宅ローンの支払いは大変でしたが、何とかやりくりをして生活していました。しばらくして、私の母から連絡があり父が認知症になったと言われました。急なことで驚きましたが、会いに行きました。少し前から兆候はあったようで、病院の先生から認知症だと診断を受けたそうです。私は両親の家の近くに住んでいたので、出来るだけ時間を作って実家に通いました。病院からもらった薬は父にはあまり効かなかったようで、認知症は進行していきました。私や母の事も分からなくなり、徘徊も始まってしまい自宅での介護は限界でした。

母と一緒に父を預かってくれる施設を探しました。たくさんの施設を探し見つかりましたが、費用が予想以上に高額でした。しかしその施設にお願いするしかなく、入居を決めました。両親がもらっている年金だけでは支払いが厳しく貯金を使おうと考えていましたが、両親には少しの蓄えしかありませんでした。母の生活を考えると、お金が足りないことはすぐに分かりました。

足りない分は私のお給料や貯金から支払っていましたが、我が家も余裕のある生活ではなかったのでお金が足りなくなりました。主人には相談が出来ずに、銀行カードローンを利用しお金を準備するようになりました。

毎月返済もしていましたが、借金の金額は減ることはなく増え続けていきました。もう自分には返せないところまで来てしまい、主人に相談をしました。主人は驚きながらも冷静に話を聞いてくれて、知り合いの弁護士に相談をしてくれました。

弁護士の先生から債務整理を勧められました。先生が銀行と話を付けてくれて、毎月の苦しい生活からは解放されました。父は今までよりも、もう少し費用の安い施設に入る事が出来ました。今は先生と相談をしながら、無理のない返済を続けています。

住宅ローンが返せなくなり、任意売却を行いました

私達夫婦は5年前に、念願の一戸建てを購入しました。子供が2人いるので1人に1部屋ずつと考え、4LDKを選びました。庭や駐車場も付いていて、3500万円でした。頭金は用意出来なかったので、3500万円の住宅ローンを組みました。35年間なので長い住宅ローン生活が始まりました。毎月11万円を払い、ボーナスでは20万円ずつ返済をしていました。

子供が2人いるので教育費もかかり、住宅ローンの支払いを合わせると毎月の生活はギリギリでした。主人と私が2人とも正社員として働いていたので何とか生活は出来ていました。しかし1年前から主人の会社の業績が悪くなり、給料とボーナスカットが決まりました。そして私の母の病気が悪くなり看病が必要になったので、ずっと勤めていた会社を辞めパートとして家の近所で働き始めました。主人と私の給料が減ったので、生活は本当に大変でした。

支払いの中で1番きつかったのは、毎月11万円の住宅ローンでした。生活費が足りない部分は、貯金を切り崩しながら生活をしました。貯金も使い果たし主人の両親に頼み込んで、お金を貸してもらいました。しかしそんな生活はいつまでも続く訳もなく、とうとう住宅ローンの支払いが出来なくなりました。銀行に債務整理の相談に行きました。銀行の方に家は手放したくないと伝えて、毎月の返済を11万円から8万円に減らしてもらいました。

8万円でもきつかったのですが、何とかしようと節約などを頑張りました。そんな生活が8ヶ月続きましたが、収入は増える訳でもなく出費だけが増えていきました。とうとう住宅ローンが返せないところまで来てしまいました。このままでは家族揃って生活をする事も難しくなりそうだったので、住宅を任意売却する事にしました。競売にかけられると近所の方にもばれてしまいますが、任意売却だと知られることはないそうで助かりました。

住宅は私達の予想より少し低い金額で売却されました。お願いをして売却した金額の一部を、生活費に使う事にしました。頑張って返済をして通帳の中には全くお金が残っていなかったので、一部を生活費として手元に残すことにしました。残りのローンは少しずつですが、毎月返済を行っています。11万円の住宅ローンから解放されて、まだまだギリギリの生活ですが頑張っています。

支払未払いが続いて意を決して債務整理の相談をしました

自分でもなぜこんな借金地獄に陥ってしまったのか、いまだにわからないのですが、自分の甘さが引き起こしたことだけは間違いありません。私がカードローンを利用するようになったのは生活のためです。

夫が仕事を辞めてしまい、その後体調を崩したり、仕事が続かなくて、私は当時長いこと派遣社員として働いていたのですが、夫と出会うまで、クレジットカードなども持っていなかったのです。しかし、生活が苦しくなるのと、夫がもともと抱えていたクレジットカードなどのローンがあり、その返済をしなくてはいけなかったのです。その時点で、夫に債務整理を進めておけば、私にまが債務者になることはなかったと思います。しかし、その時はクレジットカードやローンを組んだりしていなかったので、債務整理の方法すら、私は無知だったので、考えが及びませんでした。

そのうち、夫が正社員としてまた働き出せばすぐに返せると思っていたのです。でも、なかなかうまくいかないときは、不運が続くもので、仕事が合わなかったり、体調が悪くなって仕事を辞めることになってしまったり、そうこうしているうちに、私まで派遣切りに合ってしまいました。私の収入までなくなってしまったので、支払いが遅れがちになってしまい、支払未払いのまま、支払えない旨を連絡することもできませんでした。

すぐにアルバイトなどを私も始めましたが、働いても働いても債務は減るどころか増えるばかりで、夫婦ともども債務整理をすることにしました。結局、未払いが続いているので、遅かれ早かれしなければいけませんでした。債務整理の相談をしてみて、もっと早く知っていればよかったと思いました。私までは借金まみれになる前に、夫だけでも債務整理しておけば、早く平穏な生活を迎えられていたのに、と思います。

いま、もし、返済が辛い状況の人がいるなら、すぐに第三者に相談してください。私は、ずっと人に言えないことが辛かったですが、司法書士さんに相談して、心のつかえが取れました。払わないつもりで借りる人はいないと思うのです。様々な理由から返済不能に陥るのだと思うのです。いまは、まだ返済の日々ですが、早く人並みの生活に戻れるように頑張りたいと思います。

消費者金融業者と債務整理

私は、かつて大手の消費者金融業者から次々と借り入れを行ってしまい、俗にいう多重債務者と呼ばれる状態になっていました。私はこのような業者を利用する際に借り入れには十分に注意するよう心掛けてはいたのですが、カードローンサービスでいつでも手元にカードがある状況では次々と借り入れを続けてしまうのもある意味で仕方がないと思っていました。しかし消費者金融業者の貸付金利についてよく理解していなかったこともあって、毎月の利息額の多さに仰天しました。

私はしがないサラリーマンであったために、これほどの利息額をどのように返済してゆくか非常に困惑しました。そこで、手っ取り早く利息額を工面する方法として他の消費者金融業者から借り入れて返済資金に充てることを考えました。しかし、今思えばこの行為は非常に失敗した原因となっています。

私が消費者金融業者を利用していた時代は多重債務と呼ばれる人が多く発生したために、ニュースなどでその話題が取り上げられると他人ごとではないように感じていました。また、私の支払いが少しでも遅れてしまうと消費者金融業者からの催促の電話がかかってくるために、精神的にも楽になりたいという一心で他の業者からの借り入れを繰り返して行っていました。そのような生活を送っていたために、日常生活や社会生活でも借金の古都ばかり考えてしまい、仕事や家事に力が入らなくなってきました。

そこで、親族と相談したところ、債務整理に詳しいといわれる司法書士のいる事務所に訪ねてみるのが良いということで、仕事が休みの日を利用して訪問してみました。そこで、司法書士から任意整理という手続きがあることが教えられました。任意整理という言葉は初耳だったのですが、自己破産よりも社会的な信用を失うことがないということで、支払不能に陥っていた私は藁をもすがる気持ちで司法書士に依頼を行いました。

任意整理を行ったおかげで借金の返済のめどが立ち、無事に1年後に関西をすることができました。私はもう二度と消費者金融業者から借り入れを行うことは避けようと思いました。やはり経済的に苦しくなってしまうと生活が回らなくなってしまうために、良い経験となりました。

消費者金融と返済遅延

私は消費者金融業者からの利息の取り立てに苦しんでいた時代がありました。私が消費者金融業者を利用していた時代はグレーゾーン金利があり、少し怖いスタッフが借金の取り立てを行うことが社会問題化していました。私は何気ない気持ちで借り入れを行ってしまったのですが、今思えばこのような意志の弱さが多重債務を招いたのだと反省しています。私は交際費や趣味のための費用として消費者金融業者のカードローンサービスを中心に利用していました。

私の趣味には多くの資金が必要となるために、お給料日の前やボーナスの前を中心として少額の借入を行って資金の一部として補うようになりました。私は一度に借り入れる額が5万円未満のことが多かったために、初めのうちは返済で苦しむということが一切ありませんでした。しかし、消費者金融業者の金利は非常に高く設定されていることもあって、毎月の返済額が多額になってしまいました。

私は給料が入るとすぐに返済に充てていたのですが、そのせいで生活費をだいぶ削らなくてはならなくなったために、複数の消費者金融業者から次々に借り入れを行ってしまうようになりました。このため、返済遅延が目立つようになってしまい、消費者金融業者から毎日のように返済の督促の電話がかかってきました。当時は督促の規定というのが緩かったこともあって、取り立ての際に多少の暴言があったりして非常に精神的に苦しい状況となりました。私はそれでも自分が行ったことの結果として取り立てられていることを理解していたために、何とかやり過ごそうとしていました。

しかし、私の状況に見かねた家族が司法書士の先生を紹介してくれました。私は借金の問題で司法書士の先生を頼るのは恥ずかしかったのですが、今後もずっと取り立ての電話がかかってくるのは精神的に疲弊してしまうと思い、思い切って事務所を訪問することにしました。司法書士の先生は債務整理を行って返済を楽にすることができるといううれしいアドバイスをしてくれ、司法書士の先生の言うままに債務整理に挑戦しました。私は債務整理の中でもあまり社会的信用が傷付かない任意整理という方法を用いて消費者金融業者からの借金を完済しました。

住宅ローンの支払ができないため債務整理としての民事再生を検討しています

私が現在住んでいる戸建住宅は、主人が住宅ローンを組んで購入したものです。購入した当時は主人の毎月の収入から、月々の返済を十分におこなうことができていました。しかし不況のあおりで月給が数万円少なくなり、加えてここ数年はボーナスも出ない時の方が多くなりました。さらに以前は私が働きに出ていたため、主人の収入が減ってもその分を十分に補うことができていました。

しかし妊娠をきっかけに退職することになってしまい、それが不可能になりました。現在は育児のかたわらで細々とパートなどで収入を得ていますが、家計としては厳しい状況です。加えて、出費もかなり増えてしまいました。子育て費用もそうですが、最も深刻な出費が義母への仕送りと固定資産税です。義母は一人暮らしをしており、その生活費を主人とその姉妹が負担している形です。いずれ介護が必要な状態になると、ますます出費が増えることが予想されます。

そして固定資産税は、住宅を購入してから数年は請求されなかったのですが、今現在は毎年数十万円も請求されています。主人の月収が丸々なくなってしまうほどの額なので、我が家にとってはかなりの打撃です。このように住宅ローンを組んだ時点と大きく状況が変わってしまい、そのため支払できない月が増えてきました。

現在は独身時代の貯金を切り崩すなどして支払をしていますが、いつまでも続きません。そこで我が家では、債務整理を検討しています。最初は住宅の任意売却を考えていました。現在住んでいる住居は東京23区内にあり、人気エリアの物件なのでそれなりの値段で売却できると思っていたのです。しかし実際に不動産会社に相談したところ、土地の値段はそこそこ高かったですが、建物の値段はかなり低く、売却したところで多額の住宅ローンが残ってしまうことがわかりました。

そこで債務整理を検討するようになったのです。区役所で30分間だけですが弁護士に無料相談できるサービスをおこなっていたので、予約して行ってみました。すると民事再生という、住宅を手放さずとも住宅ローンを軽減できるシステムについて教えてもらうことができました。ただし正式に弁護士に依頼するとかなりの費用がかかってしまい本末転倒になるため、銀行に直接住宅ローンの返済プランの変更を申し込んだ方が良いと言われました。現在はそれも視野に入れて、最も負担が少なくなる方法を模索している状態です。

カードローンで債務整理した時の話

私は事業で失敗して多額の借金を抱えてしまい仕事も失って収入もゼロになり、仕方なく消費者金融などでカードローンを契約して、借り入れたお金で事業でできた借金を返済する日々を送っていたのです。

当然その当時は収入がゼロだったためカードローンの返済も滞り、その場しのぎの解決策で他の消費者金融で借金をしてローンの返済を行うという、自転車操業のような借金の返済を繰り返していました。そのような返済を続けていた私ですが、当然借り入れのできる消費者金融もなくなってしまい、とうとうカードローンの返済が破綻してしまったのです。

返済できない借金が利息によって雪だるま式に増え続けていき、もはや私一人の力ではどうしようもなくなってきたと、そのときになって私は初めてはっきりと強く実感して、何とか解決の突破口を開くために何か良い手段はないかと必死で考え続けていました。そんなときに相談にのってくれた小学校の頃の恩師から、司法書士に依頼をして債務整理を行ってみたらどうかと助言のようなものを頂いて、私は債務整理というものが具体的に何をどうするものなのか十分に理解しないまま、最寄の司法書士の事務所を探して借金の相談をすることにしたのです。

実際に司法書士に相談をした際に、債務整理に関しての具体的なケースや私の場合の解決策などを事細かに説明してもらい、実際にこの司法書士なら私の多重債務の問題も解決してくれると強く実感したので、私はこの司法書士の先生にすべてを任せてみることにしました。カードローンなどで借金が積もり積もって返済できない状況に陥った私に提案された方法が、複数の消費者金融の借金をひとつの金融会社のローンサービスに一本化するという解決策でした。

もはや自己破産しかないと思っていた私にとっては、司法書士の先生が提示してくれたこの解決策はまさに希望の光だったのです。実際に司法書士の先生にローンの一本化に関する方法を私はすべて一任したのですが、司法書士の先生を信じた甲斐があって無事に借金の一本かも成功して、そのときには私も仕事を見つけて収入源も確保できたので、毎月の返済も滞りなく行うことができるようになってきました。

更新日:

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.