ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

トマト銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

複数他社からの借り入れを一つにスッキリまとめることができるおまとめローンは、金融機関ごとにいろいろな申込み方があります。銀行の窓口に足を運ばなければいけない所もあれば、WEBで簡単に申込めたりするものもありますね。トマト銀?の場合には、おまとめローンという他社からの借入を一本化するための商品はありませんが、フリーローンを利用することによって、低金利でスッキリ借入を管理しやすくできます。そして、申込み方はバラエティ豊かで、窓口に足を運んで申し込んでももちろんOKですし、ネットで申し込むこともできます。その他には、電話やFAXを使った申し込みにも対応していますし、郵便で申し込むこともできます。さらに、スマホを使えば携帯電話を使って申し込むこともできるので、思いついた時にサッとスマホを取り出しておまとめローンの申し込みをすることも、トマト銀行なら可能です。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



トマト銀行でおまとめローンに利用できる借り入れ商品はたくさんあります。例えば、ベーシックなフリーローン「充実生活」では、パートや主婦の人でも30万円までなら借りることができる商品となっていて、収入によって借入額は最高1000万円までと充実しています。目的は基本的に制限されていないフリーローンなので、どこから借りていてもスッキリまとめてトマト銀?からの借り入れとして毎月定額返済することができます。

トマト銀行のWEB完結ローン「スマト」は、申し込みから借入れ、返済に至るまで窓口に足を運ぶ必要が全くないフリーローンとして人気があります。こちらもおまとめローンとして利用することができる商品で、全てWEBのみで対応してもらえるので、他人に借入の事実を知られたくない人や、借りている所や返済している所を他人に見られたくない人にピッタリですし、忙しくて銀行などに足を運ぶ時間がないという人にもおすすめです。WEBですべてが処理できるスマトでも、おまとめローンとして利用できますし、適用される金利は超低金利なので、それまでの借り入れよりも金利を低くすることによって返済する利息分を低く抑えることができます。

その他にも、トマト銀?のフリーローンでは、不動産を担保に入れることによって多額を低金利で借りることができる「充実生活II」や「充実生活III」もありますし、仮審査にスピード回答してくれるため急いでいる時にピッタリの「はなまるポケットローン300」、セカンドライフのシニア世代を対象とした「セカンドライフ応援ローン」などたくさんの商品が充実しています。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

おまとめローンの必要性を考える

金融会社から借り入れしている人の中には、複数の金融会社より借入している人がいます。仕事を持っている人が、決まった給料しか入らないのに返済に生活費を差し引いた額以上に支払わなければいけない時、他の金融機関から借り入れしてそのお金で返済します。そうしなければ、借りたお金を返済できないという悪循環にはまってしまった人に、おまとめローンの必要性があるのです。月々の返済額を、無理のない範囲で設定し完済を目指すのです。消費者金融では、この多重債務者が出ないよう年収の3分の1しか借入できない仕組みが出来ました。しかし、まだ多重債務者はいなくなりません。最終的に、お金が返済できなければ、自己破産という選択肢もありますが、この選択肢を選んでしまうと、自分の財産はすべて整理しなければなりません。最終手段をこうじる前に、おまとめローンを検討してみるのが得策です。まだ、支払いが可能なうちにおまとめローンの必要性に気づいてください。おまとめローンは各金融機関で受け付けています。銀行系のおまとめローンであれば年収の3分の1という枠は適応されません。おまとめローンで返済期間を長く設定して、毎月の返済金額を少なくし給料日になったら、すぐに支払うよう支払日を設定することによって、返済忘れや延滞を防ぎましょう。借入金を完済するよう努力することが大事です。おまとめローンの必要性は、多重債務者には一筋の光と言えるかもしれません。

 

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.