ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

北海道銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

北海道銀行のフリーローンの特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

北海道銀行は、北海道札幌市中央区に本店を構えています。大手の地方銀行として知られており、地元の人には『道銀(どうぎん)』の愛称で親しまれています。戦後地銀であるため、歴史も古く、道内を中心に支店や営業網を持っているのが特徴です。

そんな北海道銀行には、おまとめローンができる『フリーローン』があります。おまとめ専用のローンはありませんが、融資制限のないフリーローンですから、おまとめローンとして利用することもできます。主な特徴は、申し込み時に来店不要・融資金額は300万円まで・パートやアルバイトでも申し込み可能など。郵送・電話・FAX・インターネットの4つの方法から申し込みができるため、忙しい方でも時間を気にすることなく利用できます。

融資対象は、満20歳以上65歳未満であること。完済時に70歳未満になる個人の方。北海道銀行の口座を持っている方。保証会社の保証を受けられる方が対象になります。またパート・アルバイト以外に、主婦でも申し込みが可能です。先にも述べたように融資制限がありませんから、おまとめローンとして利用することもできます。

融資金額は、1万円以上300万円以内(1万円単位)。融資期間は7年以内(1か月単位)になります。融資利率は固定金利になり、年14.95%。ただし、遅延した場合損害金として年18.0%になります。返済は、指定の普通預金口座から毎月6日・16日・26日のいずれかに自動的に引き落とされます。

さらに、北海道銀行の住宅ローンもしくは独立行政法人、住宅金融支援機構を5年以上利用している方は、『道銀フリーローングレードアップ型』の利用も可能です。こちらは変動金利型と固定金利型と選択でき、前者は7年以内、後者は5年以内になります。融資金額は同じ300万円以内。保証料込みの金利になりますので安心です。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



北海道銀行フリーローンの利用方法と注意点

北海道銀行ではおまとめ専用のローンがないため、フリーローンとして利用します。そのため、一般的なおまとめローンとは少々異なります。また『使いみち自由』ですが、事業資金としては利用できません。また、利用するには北海道銀行の普通預金口座が必要になります。口座がある方のみ来店不要で申し込みができますから、口座を持っていない方は契約時までに新規開設が必要になります。

また北海道銀行のフリーローンは『固定金利』です。一般的に、大手消費者金融業者のおまとめローンは変動金利になっています。固定金利は金利の変動がありませんので、どれだけの負担になるかきちんと考えてフリーローンを利用するようにしましょう。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

カードローンを利用する事によって得る事

カードローンを利用する時はどのような時でしょうか。ほとんどの方が急にお金が必要になった場合に利用するのではないでしょうか。クレジットカードが利用できる場合はクレジットカードを利用する方もいらっしゃいますが、現金が必要になる場合も日常生活において以外と多いと思います。子供の学級費を払わなければならない。出産祝いのお金を渡したいなど。日常生活でも現金が重要とされる場面はあると思います。たまたまその月の給料を使い過ぎてしまい現金が家にないような時や、貯蓄がない時などはカードローンを利用して現金を手にする事ができるのです。子供の学級費を払わないでいると子供がいじめの対象になることもありえますし、出産祝いのお金はなるべく赤ちゃんが生まれたらすぐに渡すほうが喜ばれますので、現金というのはなくてはならないものなのです。しかし、カードローンで現金を手にすることでつい返済を忘れがちになりやすい事もあります。すっかりお金を借りている事を忘れてしまい、返済がどんどん遅くなればどんどん利息が膨らみいつのまにか返済が不可能なくらいになってしまってから気づいたのでは遅すぎます。そうなってからですと多重債務者になりかねません。カードローンを利用した時はしっかりと自分で返済の管理をしなければなりません。お金は借りたら返すもの。という気持ちを常に持ち続けている事が大切なのです。自分自身の為、家族の為にもお金の返済はお早目に行ないましょう。明るい未来の為には最低限のマナーとなるのです。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.