ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

東邦銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

東邦銀行おまとめローンの特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

東邦銀行は、福島県福島市に本店がある地方銀行です。貯蓄・運用、各種ローンや保険・年金など、さまざまな商品を提供しており、必要に応じて利用することができます。

そんな東邦銀行では、借り換えとして利用できる専用のローンもあります。このローンでは、おまとめローンとしても利用することができ、融資金額は10万円以上500万円まで。固定金利型で、年6.500%または年9.800%から選ぶことができます。また保証料込みの金利ですから安心。別途取扱手数料がかかることもありません。

申し込み条件は、満20歳以上、完済時の年齢が満80歳以下であること。安定継続した収入があること。東邦銀行の営業区域内に住居があるもしくは勤務していること。そして、(株)オリエントコーポレーションの保証が得られる方のみ利用できます。安定継続した収入があれば、パート・アルバイト・契約社員などでも申し込みができるため、比較的緩い条件が特徴です。また、おまとめローンとして利用できますが、あくまで本人または同居人が現在利用しているクレジットやローンを対象としています。そのため、事業資金のおまとめ・借り換えとしては利用できませんので、お間違えのないようにしてください。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



おまとめローンの利用方法と注意点

東邦銀行のおまとめローンは、インターネット・電話・FAXの3つの方法で仮申し込みができます。仮申し込みであれば、来店不要で行えます。そのため、忙しい方でも空いた時間に申し込みが可能。また、正午までに申し込みを行うと、即日融資も可能です。正式契約は来店が必要になりますので、本人確認書類・所得証明書・資金使途確認資料を持参し、窓口にて手続きを行いましょう。

返済方法は、毎月の元利均等返済になります。ただし、融資金の50%以内なら、ボーナスによる6か月毎の増額返済も同時に利用することができます。

東邦銀行でおまとめローンを利用する上で注意したいのは、専業主婦の方です。パート・アルバイト・契約社員等でも利用できるローンではありますが、専業主婦とは記載されていません。そのため、専業主婦による申し込みは断られる可能性がありますので気をつけてください。もし可能な場合でも、配偶者の収入状況が必要になります。

また、あくまで個人向けのローンですから、事業主の利用は困難になります。審査も厳しくなりますので、覚悟しておきましょう。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

カードローンの効果

カードローンはクレジットカードでお金を借りるという事です。カードローンというと悪いイメージしかない人も多くいると思います。現金派やカードを持たない人にとっては仕方のない事でしょう。しかし効果的に利用することでカードローンはとても便利なツールになります。例えば急な出費が重なった時に、貯金を切り崩したくないという人は多くいると思います。また、時間的に銀行に行けないタイミングでの急な出費ができるかも知れません。その時には一時的にカードローンを利用し、その場を乗り切ることができます。そして欠かせないのは返済計画です。月々計画的に返済することが大切ですが、自身で計画するのが難しければ専門家に依頼してみるのもお勧めです。料金は発生しますが、返済できずに利息が膨らむことを防げるからです。カードローンは無理せずに組んでおけば、月々の支出額の中に組み込まれていくので、予算の修正をしないですみます。今月でカードローンが終わる時は、翌月からまた同じ金額のカードローンを組んで自分の欲しいものを買ったら良いと思います。でも予算以上には使わないことが大事です。一度見直しを行ってからこの方法をとることで、カードローンは生活の強い味方になります。カードローンを利用し、その返済期限を超えてしまった場合には、遅延損害金なども発生してしまいます。だからこそ、そんな状況に陥らない為にもカードローンを利用する場合はしっかりと現状を理解し、遅延損害金等が発生しないよう、備えておかなければなりません。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.