ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

群馬銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

群馬銀行『おまとめ太郎』の特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

群馬銀行は『群銀』『ぐんぎん』『GB』の愛称で親しまれている、群馬県前橋市に本店がある地方銀行です。前橋市以外にも、埼玉県・栃木県・東京都・長野県・大阪府・横浜に支店を開設しています。さらに松戸市や相模原市にも店舗が増え、南関東地区では名の知れた地方銀行まで発展しました。

そんな群馬銀行では、さまざまな商品を展開しており、おまとめ・借り換えにも嬉しいローンも充実しています。その名も『おまとめ太郎』。おまとめローンとして使えるだけでなく、旅行や医療、趣味など使いみちは自由です。さらにスピード審査で即日融資も可能。またパート・アルバイトの申し込みもでき、無理なくローンやクレジットのおまとめができます。

融資金額は、最大300万円。融資期間は最長7年と長く、金利も年4.6%~14.5%から審査によって決定します。固定金利型ですから、取り引き状況に応じて金利が変動することもなく安心です。

他にも、群馬銀行に口座を持っていない方でも申し込みができる、保証人や保証料が不要などメリットがあります。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



おまとめ太郎の利用方法と注意点

申し込みはインターネットからも可能です。サイトから申し込みを行い、審査結果は電話または郵送にて届きます。正式な手続きは窓口で行わなければいけませんが、仮審査でしたら来店不要で行えるので安心です。取引店または最寄りのローンステーションにて手続きを終えたら、指定日に融資を受けることができます。

もちろん、インターネット以外にもFAXからの手続きも可能です。使途確認資料や所得証明書が不要ですから、簡単に手続きが終了します。なるべく早く審査結果が欲しいという方は、午前中に申し込むと当日の回答が可能です。午後に申し込むと翌営業日の回答になりますので気をつけましょう。

また、返済時は『全額繰り上げ返済』『一部繰り上げ返済』を利用すると、返済手数料(5,400円)が必要になります。繰り上げ返済手数料がかかってしまうため、つい返済計画で無理をし、返済で苦しむケースが少なくありません。手数料を避けることはできませんが、無理のない返済計画を立てることでこういったデメリットを回避することができるでしょう。返済シミュレーションがありますので、ぜひ利用してみてください。借入希望額・内ボーナス付きでの返済希望額・返済期間・金利を記入すると、自動的に毎月の返済額・ボーナス月の返済額・年間の返済額・返済総額を表示してくれます。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

銀行と貸金業者のカードローンの両刀遣いが効果的

カードローンは多くの消費者が便利に利用できる優れた借入方法と言うことが出来るでしょう。必要な額を必要な時に引き出せる点は、一括で融資を受ける場合より、利息分がお得と考える方もいらっしゃるようです。現在、カードローンは教育ローンなどにも利用されています。一括で数百万円を借りれば、利息が最初から数百万円分かかってしまいますが、必要額だけ引き出すことで、掛かる利息を最低限にすることが可能となるわけです。カードローンの申し込みは金融機関で行います。銀行、銀行系の消費者金融、ローン会社など多くの金融機関が取り扱いをしているのです。もし、あなたがカードローンで多くの金額を借入したいとお考えで有れば、銀行と低金利な貸金を営む金融機関のカードローンを持つことは有効な手段です。銀行からの借入は総量規制にかからないので、その他の貸金業者のカードローンと併用するのに適しているのです。銀行のカードローンはその審査が厳しく時間も要しますが、低金利で安全な借入が特徴です。消費者金融などのカードローンは銀行系を後ろ盾に持つ業者の選択で、低金利なものを選択することも可能です。カードローンはキャッシングとして小口現金を短期で借入れることに適したものです。長期の返済をしなければならないような大きな限度額を持つことは消費者にとってリスクが大きくなる可能性を秘めています。持てば使いたくなるのが人の常です。利用と返済のバランスを取り続けることがカードローンの効果的な利用方法となるのです。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.