ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

足利銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

足利銀行のおまとめローンの特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

足利銀行には、多くのフリーローンを取り扱っています。そのため、目的に合わせてローンを選ぶことができ、おまとめ・借り換えも可能。WEB完結ローンもありますので、家にいながら融資手続きを済ませることができます。

足利銀行フリーローンのおまとめ・借り換えは『あしぎんフリーローン』で可能です。使いみち自由なフリーローンなので、おまとめ・借り換え以外にも旅行や家具家電の購入、医療・介護などさまざまな用途に使うことができます。しかも、融資金額は最高500万円まで。融資期間も最長10年ですから、しっかり返済計画を立てることができます。固定金利なので取り扱い状況に応じて金利が変動することもありません。年4.5%~年13.8%から審査によって決定します。

おまとめ・借り換えに非常に適した足利銀行のフリーローンですが、さらに嬉しいのは借入額300万円以内は収入証明書が不要ということです。そのため、申し込み時には面倒な手続きをする必要もありませんし、パート・アルバイトなど職業制限もなく利用できます。申し込み時に必要なことは、安定継続した収入があること・満20歳以上満65歳未満(完済時満71歳未満)であることです。そして、足利銀行が用意した保証を受けられる方であれば申し込みができます。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



足利銀行フリーローンの利用方法と注意点

足利銀行のフリーローンは、インターネットを使えばラクラク仮審査を行えます。申し込みから3~5日で審査結果が届き、店頭で正式に契約します。その後、指定された口座へ入金されますが、仮審査から融資を受けるまでは約1~2週間程。最寄りのローンセンターであれば土日祝も来店できますから、平日忙しい方でも安心して契約ができるでしょう。よりスムーズに利用するなら、事前に来店予約をしておくことをオススメします。

おまとめローンとして利用する場合、最高利率以上の金利で借り入れがあるとお得になります。おまとめ・借り換えは、現在抱えている借金をひとまとめにし、返済する方法です。新たに借り入れをするという抵抗がある方もいると思いますが、より低い金利のローンに借り換えるというのは、毎月の利息負担を軽減することができます。足利銀行のフリーローンは、最高利率年14.80%です。さらに固定金利ですから、おまとめ・借り換えにはピッタリでしょう。返済日の管理もしやすくなります。

おまとめローンや借り換えローンを検討中の方は、一度足利銀行のフリーローンをチェックしてみてください。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

カードローンの裏ワザ

数あるローンの中で一番借りやすく、利用しやすいのがカードローンです。今や、働いている人の4人に一人は利用者であるといわれていて、生活の中で上手に利用している人も多いのではないでしょうか。しかし、多重債務者の始まりの多くは安易なカードローンから始まっていることを忘れてはいけません。どんなピンチな時でも「延滞」だけは避けてください。一度延滞をするとまずは個人信用情報センターに「記録」として残ってしまいます。何回もするようになってしまうと「おまとめローン」だけではなくどこの金融会社でも借り入れができなくなってしまいます。そのことは「返済の道」が閉ざされてしまうことを意味しています。悪い事はそれだけにはとどまらず、約定返済額は「元金+利足」ですが延滞することにより「延滞損害金」というものが発生し、返済金額が通常よりも増えてしまうのです。ですから延滞だけは絶対に避けたいものです。そのようなピンチのときは利息だけ払う、一週間無利息のローンを活用しましょう。利息払いとは「元金+利息」のうちの「利息」だけしか返済しないという方法で、もちろん元金は減りませんが、急場はしのげるというものです。この方法を公にしているところはありませんが少なくても消費者金融では昔から「正当な返済方法」として取り扱ってくれます。返済日に利息分だけ入金すれば、遅延損害金も発生しませんし、明細書の次回返済欄も更新されているはずです。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.