ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

横浜銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

横浜銀行のおまとめローンの特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

横浜銀行では、多目的ローンのフリーローンにて、ローンのおまとめや借り換えが可能です。フリーローンの特徴は、なんといっても『金利が低い』ことでしょう。固定金利型で、年4.800%・年9.500%・年14.500%。これらの金利から、審査によって決定します。

また融資金額も最高300万円まで、融資期間は最長7年ですから、計画的に返済することができます。消費者金融・クレジット・銀行ローンなどのおまとめ・借り換えとして利用する人が多いため、横浜銀行でのおまとめローンといえば『フリーローン』といって良いでしょう。ただし、あくまでフリーローンですから、おまとめ・借り換え以外にさまざまな用途で使うこともできます。

それでも、複数のローンを1本化することで、返済の負担が軽減され、無理なく返済ができるようになるというメリットがあります。また返済が1回になりますから、返済のし忘れや遅延も防ぐことができます。さらに、返済シミュレーションでどれだけの借入金額になるのか、毎月いくら返済するのかも知ることができるでしょう。申し込み時に必要になる書類も少なくて済みますから、簡単に手続きを済ませることができるのもメリットのひとつです。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



横浜銀行フリーローンの利用方法と注意点

フリーローンを利用するなら、満20歳以上であること、そして完済時に満76歳未満であることが条件になります。また、安定継続した収入がある個人であることも大切。パート・アルバイト・専業主婦でも借り入れできますが、専業主婦の場合『配偶者の安定継続した収入』が必要になります。そして、横浜銀行の保証会社の保証が受けられる方も、利用条件になるでしょう。しかし、この3つの条件さえクリアしていれば申し込みが可能ですから、比較的柔軟なローンといえます。返済は、元利均等返済。借入金額の50%を上限に、6か月ごとのボーナス時には増減返済も同時に利用することもできます。

申し込み方法は、インターネットから簡単に行えます。審査結果も早く、最短翌平日窓口営業日の回答になります。さらに、必要書類を用意すれば、申し込みから最短1~2週間で借り入れできるようになるでしょう。

高額融資では金利が低いため、おまとめローンや借り換えローンとして利用するのに適していますが、他社からの借り入れで嘘の申告をしないことです。審査に影響し、利用ができなくなる恐れがあります。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

一般的なカードローン申し込みの際の注意点

カードローンを展開している金融機関には、様々な種類のものが存在しており、おおまかに分類すると、銀行系、信販系、IT系、消費者金融系などに分類することができます。この中で銀行系と、そのほかの金融機関によって展開されているカードローンでは、審査と金利という面で大きな違いがあるものとなっています。一般的には銀行系のカードローンは、金利が安い代わりに審査が厳しく、反対にそのほかの金融機関によって行われているカードローンは金利が高い代わりに審査を比較的簡単に通過することができるものとされています。そのためにカードローンを使用したいと考えた場合には、銀行系のカードローンから先に契約を依頼し、そこでの審査を通ることができなかった場合に、ほかの金融機関によって行われているカードローンに契約を依頼することが一般的とされています。

しかしこの際に注意すべき点が、カードローンなどの申し込みを行う際に、その審査結果の情報は各社で共有されているという点にあります。つまり最初に銀行系のカードローンの審査を行い、その審査に通ることができなかった場合に、ほかの金融機関のカードローンを利用しようとした場合には、先の銀行系の金融機関の審査に通らなかったということも、情報として審査の対象に加味されるために、カードローンを受ける際に不利に働くことの多いものであると考えられています。 審査が通らないということはそれだけ返済能力のない人と取られてしまうために、カードローンの依頼は3社までにとどめておくと言う考え方が一般的です。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.