ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

北越銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

北越銀行おまとめローンの特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

北越銀行は、新潟県長岡市が本店の地方銀行です。新潟県を中心に営業しており、長岡市の指定金融機関として県内の多くの方が利用しています。そのため、地元の方が少しでも利用しやすいように、さまざまな商品を取り扱っています。おまとめローンとして利用できるフリーローンも充実しており、複数のローン返済で困っている方にも有り難いでしょう。

北越銀行フリーローンの特徴は、4つ。1.借入金額が300万円以下の場合、収入確認資料不要で申し込みができます。本人確認資料のみで良いので、手続きの手間が省けます。2.安定継続した収入があれば、専業主婦・年金受給者・アルバイトの方でも申し込みが可能。3.担保・保証人が不要。4.最長10年間の借入期間で返済計画もしっかり立てることができます。

またフリーローンですから、おまとめローン以外に家のリフォームや旅行、医療や介護などさまざまな事柄に利用できるのも嬉しいところ。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



おまとめローンの利用方法と注意点

おまとめローンとして利用する場合、たとえばA社から毎月約21,000円、B社から約20,800円の返済額があったとしましょう。毎月の返済総額は約41,800円になりますが、北越銀行で1本化すると、金利年10.5%・返済期間7年・借入金額200万円で毎月の返済額は約33,800円と安くなります。金利は審査によって決まるため個人差がありますが、ローンをまとめることで、他社の返済額をマイナスにできるというわけです。この場合、毎月の返済額は約8,000円軽減され、返済総額は約68万円もお得になります。

おまとめローンとして利用する場合は、北越銀行で借り入れをし、指定の口座へ入金があります。各社の返済方法に応じ、窓口・ATMでローンの全額を返済することになります。

フリーローンは、インターネットで申し込みが可能です。仮審査申し込みフォームに必要事項を記入し、送信します。審査結果が電話でありますので、来店日程を決め本契約に入ります。正式に契約が終了すると、フリーローンの使用が開始されます。

利用する上での注意点は、年齢・収入・保証・営業エリア内の居住または勤務です。年齢は、満20歳以上70歳以下。完済時は75歳以下であることが条件になります。パート・アルバイト・専業主婦でも申し込みができますが、安定継続した収入があることが第一になります。専業主婦の方は、配偶者の収入が重視されます。北越銀行の保証会社の保証が受けられることも重要でしょう。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

銀行や消費者金融を利用してお金を借りる事の簡単な説明です

現在、低金利時代におけるお金を借りる事のメリットは、数多くの金融機関が謳っています。その中で、銀行は、お金を借りる事を考える消費者が真っ先に向かう金融機関と言えるでしょう。目的のハッキリとした、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどは、限度額も大きく、返済期間も長期に渡るため、金利が低く設定されています。最近の銀行は、目的の明確でないお金を借りる事にも消費者の見方となってくれます。銀行のカードローンは、実質、その銀行を後ろ盾とする系列の金融機関が融資を行うものが多いですが、銀行でその申し込みをすることも可能です。銀行独自の融資はどうしてもその審査基準が高く、消費者にとっては敷居の高い存在です。しかし、銀行からお金を借りる事のメリットは、他の消費者金融などから比べると格段の差が有るものです。貸金業である消費者金融からの借り入れは、原則、収入の3分の1を限度とされますが、銀行は、貸金業ではないため限度額がその限りでは無いのです。厳しい審査を通過すれば、低金利でお金を借りる事が出来ます。顧客の信用度が銀行からお金を借りる事を可能とする条件なのです。信用度が低いとみなされる消費者が銀行からの融資を断られた場合、次なる方法は何でしょう。消費者金融や信販系の貸金業者を訪ねることになるでしょう。現在、信販系のクレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられている場合が多いです。その限度額は人によって異なる場合も見受けられますが、小口現金として、個人が利用するには便利な機能となっています。そのような小口現金では用が足せないと言う方は、消費者金融を訪ねることになるのです。消費者金融は数百万円を限度とする限度額を設けるところも見受けられ、消費者にとっては救いの神とも見える事でしょう。特に銀行の審査結果を待てない、新規でお金を借りる事を考える方に、即日融資や無利息期間を謳う消費者金融はねらい目となりそうです。しかし、貸金業者を何社も利用している方は利用が不可能となる場合も想定されます。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.