ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

北陸銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

北陸銀行のおまとめローンの特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

北陸銀行は、富山県富山市に本店を置いている地方銀行です。富山県の中では大手の地方銀行になるため、金融機関としてさまざまな商品を取り揃えています。また、富山県以外に、石川県・福井県・北海道にも店舗を構えており、北陸地方では知名度も高く、富山県や富山市、高岡市など多くの市町村の指定金融機関として利用されています。

そんな北陸銀行でおまとめローンを利用するなら、『ほくぎんポイント倶楽部ローン』がオススメです。使いみち自由なフリーローンのひとつで、所得証明資料などの提出不要、来店なしで素早く手続きをすることができます。また、おまとめローン専用のフリーローンですから、おまとめ・借り換えに最適。

融資金額は、1件10万円以上300万円以下。金利は、年5.5%~年13.5%の固定金利になります。融資期間も6か月以上10年以内と長いですから、計画を立ててしっかり返済することができるでしょう。たとえば、A社とB社からそれぞれ30万円の借り入れがあったとしましょう。これらの借り入れを、北陸銀行のほくぎんポイント倶楽部ローンで1本化すると、金利も低いのでお得にまとめて返済できるというわけです。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



ほくぎんポイント倶楽部ローンの利用方法と注意点

ほくぎんポイント倶楽部ローンは、インターネットから申し込みができます。はじめて利用するという方は、返済計画や商品内容について相談することも可能です。内容に満足したら、申し込みをし、審査結果を待ちます。審査に通ったら、本契約に入ります。一般的に、本契約は銀行の窓口まで来店する必要がありますが、北陸銀行の場合来店不要で契約が完了できます。送られてきた契約書類に必要事項を記入し、必要書類とともに返送します。場合によっては、追加書類が必要になります。その際は電話での連絡になりますので覚えておきましょう。契約が完了すると、融資が実行されます。指定された口座に入金がありますので、おまとめローンの返済として利用してください。

利用方法は非常に簡単ですが、利用するうえでの注意点もあります。まず、申し込み時の年齢が満20歳以上満70歳未満であること。完済時は、満76歳未満でなければいけません。そして、北陸銀行との取り引きがあり、『ほくぎんポイント倶楽部』に加入していることが条件になります。万が一加入していない場合は、契約後、おまとめローンの申し込みになります。

他にも、安定継続した収入があること、保証会社の保証が受けられることも条件になります。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

知って得するおまとめローンの豆知識

金融機関や消費者金融に複数の債務を持っている場合には、おまとめローンを使うとよい場合があります。ここで、よい場合があります、と断定をしないのには理由があります。この点は、おまとめローンの豆知識として覚えておきましょう。まず、おまとめローンとは、複数のローン債務を一本化し、それに対する金利が1つですむという点に利点があります。すなわち、毎月の複数のローン債務を別々に管理する必要がなくなるのです。これは一面ではとても便利だといえます。というのも、毎月、複数の貸し手に対して、金額や金利の異なるものを返済する場合、月額返済総額は高くなりがちです。これに対して、おまとめローンの場合には、それら複数のローン債務を一本化して、新たな金利の下で、新たな月額支払い額を決めて返済するのですから、月額支払い額を安く設定することができるからです。しかし、無条件で、以前の月ベースの支払い額よりも、おまとめローンの月ベースの支払い額の方が安くなる、というわけではありません。月ベースの支払い額を低くするということは、長期の返済計画に変えるということです。したがって、それに伴って、返済総額も高くなります。そして、その返済総額が、結局、おまとめローンを行う前の返済総額よりも高くなってしまう場合には、おまとめローンを行うメリットはそれほどありません。この点は、おまとめローンの豆知識として覚えておきたい点です。おまとめローンは、月々の返済額を少なくするとともに、金利面でも相対的に安くなる場合に利用価値がでる点は、おまとめローンの豆知識としてしっかり頭に入れておくことが大切なのです。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.