ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

池田泉州銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

池田泉州銀行のおまとめローンの特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

池田泉州銀行では、さまざまなローン商品を取り扱っています。おまとめローン専用の商品はありませんが、フリーローンやカードローンで複数のローンを1本化することができ、非常に便利です。

そんな池田泉州銀行では、おまとめに最適な『多目的ローン』を用意しています。使いみち自由なローンですから、おまとめ以外にも旅行やレジャー、医療や介護などさまざまな用途に使うことができます。融資金額は、10万円以上500万円以内。幅広い金額で、多額のローンでも計画的に利用することが可能です。融資期間も、6か月以上10年以内ですから、おまとめローンとして利用した場合でも、長期的にしっかり計画を立てながら返済することができるでしょう。金利についてですが、変動金利なため取り扱い状況に応じて変動する場合があります。そのため、年4.375%~年2.875%。また、池田泉州銀行の住宅ローンを利用している方は、店頭表示の金利から年1.500%引下げになるサービスも実施しています。おまとめローンには使えませんが、サービスが充実しているのでローンの1本化もしやすいでしょう。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



多目的ローンの利用方法と注意点

さまざまなローンに使える商品なため、ローンのおまとめも賢く利用可能。金利も比較的低いですから、安心です。ただし、注意点もあります。金利が年2.875%になるには2つの条件があります。1.池田泉州銀行で住宅ローンを返済している方、2.多目的ローンでの借り入れが家具または家電の購入。この2つに該当しない場合、年2.875%の金利は設定されません。また先にも述べたように変動金利ですから、年2回金利の見直しがあります。変動金利型住宅ローン基準金利を基準とし、見直し後は新しい金利が設定される場合もありますので、気をつけてください。

また多目的ローンを利用するには、満20歳以上満65歳未満でなければいけません。完済時には、満70歳以下であることも条件に含まれ、安定・継続した収入がなければ申し込みができません。池田泉州銀行の営業エリア内・日本国籍(外国人の場合、永住許可等を受けている)・保証会社の保証が受けられることも条件に含まれますので、利用前にきちんと確認しておきましょう。東京支店・インターネット支店・ダイレクト支店での取り扱いも行っていませんので、注意してください。

利用内容に該当する方は、インターネットから手軽に仮審査の申し込みが行えます。必要事項を記入して、審査結果を待ちましょう。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




 

おまとめローンの必要性

おまとめローンとは、現在ではよく聞くようになった言葉ですが、要は借金の一本化を目的としたローンのことです。借金の一本化を目的としたローンといえば、問題のある業者が行なっている場合が多かった為に注意が必要でしたが、現在では銀行など多くの金融機関がおまとめローンを行っています。多重債務に悩んでいる人たちにとっては、総量規制と呼ばれる規則が施行されたために非常に厳しい状況におかれています。おまとめローンの必要性は、こういった多重債務者に対して非常に高いものがあります。おまとめローンは総量規制の規則の対象外であり、大枠の融資を受けることができるので借金の完済を目指す為の長期的な利用計画を立てることが出来る様になります。金利が低い上に融資の枠が大きいために、精神的にも一息つけるようになるでしょう。返済日も統一することができるので返済日に振り回されるようなこともなくなり、手数料や交通費といった利息分以外の出費も軽減されることになります。自己破産予備軍と言われる多重債務者は200万人を超えていると言われています。こういった人たちに対してのおまとめローンの必要性は言うまでもありません。返済のダメージが軽減されるでしょうし、完済への道筋も見えてくるでしょう。金利が安くて融資の枠も大きいのが魅力ですが、審査がやや厳しいと言われています。他社借入件数があまりにも多い場合には利用する事は難しいように思われます。自己破産予備軍と言われる人たちに対してのおまとめローンの必要性は高いものがあるのですが、利用するためには早めの決断が要求されます。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.