ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

沖縄海邦銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

沖縄海邦銀行は沖縄県那覇市に本店がある第二地方銀行で、県外には店舗がありません。しかし西日本シティ銀行とATMで相互開放サービスを行っており、手数料がかからないので県外の方でも気軽に利用できると定評があります。もし金融機関から多数の借り入れがあり、一本化したいと考えているのであれば、おまとめローンを利用してみると良いでしょう。沖縄海邦銀行にはおまとめローンという名称のローンはありませんが、使い道自由のフリーローンがあり、おまとめローンとして利用できるので大変便利です。

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

沖縄海邦銀行のフリーローン

安定した収入があり、申込時に満20歳以上、完済時が満80歳以下の方であれば誰でも申し込むことができます。パートやアルバイト、専業主婦の方でも大丈夫なので気軽に申し込んでみると良いでしょう。ただし居住区域や勤務先が沖縄海邦銀行の営業エリアにあることが条件になっていますし、沖縄海邦銀行が指定している保証会社(オリエントコーポレーションや九州総合信用会社)の保証が受けられる方という条件があります。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



沖縄海邦銀行フリーローンの詳細

融資金額は10万円以上500万円以下ですが、専業主婦やパート・アルバイトの方の場合は100万円以内です。返済期間は6か月以上15年以内で、元利均等毎月払いで返済していくことになります。担保や保証人は原則不要ですが、沖縄海邦銀行の審査によっては必要となる場合がありますので注意してください。また本人確認資料は融資金額が300万円を超える場合には必要となりますので、その場合は準備しておきましょう。本人確認資料として運転免許証などの公的証明書が有効となります。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




ローンシミュレーション

沖縄海邦銀行のローンの申し込みをする際、返済試算額を近くの窓口かローンプラザで相談することをおすすめします。時間が許すのであればそちらで詳しい商品説明をしてもらうと良いでしょう。もし窓口に行く時間がなかったり、相談を躊躇したりする場合はウェブサイト上にローンシミュレーションがありますので、試してみてください。利用方法はとても簡単でわずか5項目を入力するだけで診断ができます。ローンの種類(フリーローンなど)、借入金額、ボーナス返済金額(借入金額の50%以内)、借入期間、借入金利を入力するとシミュレーション結果として、毎月のご返済額、ボーナス月のご返済額、1年間のご返済額が出てきます。これを参考にして無理のないペースで返済していけるか確認してみてください。

 

おまとめローンの基礎知識を知っていますか

小口のキャッシングなどの利用が何社にもなり返済が困難になってきた時に、計画的に返済できるような借り換えのローンがおまとめローンです。よく耳にすることもあると思います。しかし、おまとめローンについて、どのような仕組みなのかをあまり理解していない人が多いようです。そこで最低限知っておきたい、おまとめローンの基礎知識をお話ししたいと思います。先ず、おまとめローンの基礎知識として最低限知っておいてもらいたいことは、総量規制についてです。総量規制とは年収の3分の1以上を超える借入について原則禁止した規則になります。総量規制に抵触するか否か、自分自身の借入の状況を把握していることは大切です。但し、総量規制の対象外となるローンがあります。例えば住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど、主として銀行発行のローンが対象外となるのです。このようにあくまで消費者金融などの過剰融資を抑えるための規制が総量規制であることを理解しておいて下さい。ですから、銀行発行のおまとめローンも当然対象外となります。ところが、消費者金融などが発行するおまとめローンも総量規制の例外措置が適用され、対象外となります。おまとめローンは毎月の返済額や返済総額を緩和させるものです。借りる人が一方的に有利になる借り換えは、規制から除外することになっているのです。このおまとめローンの基礎知識を念頭に置き、借入総額が大きすぎるからなどと諦めずに、計画的にしかも条件緩和して返済していく道を切り開いて下さい。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.