ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

きらやか銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

きらやか銀行でおまとめローンを利用するには

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

きらやか銀行には「おまとめローン」という名称のローンはありませんが、フリーローンをおまとめローンとして利用可能です。融資額は大きいですし、審査は最短で60分で回答が得られる点がメリットです。申込はフリーダイヤルで平日の午前9時から午後7時まで可能ですし、インターネットでは24時間365日申込可能です。FAXでも電話でも申込できます。電話・インターネットの申込では午後3時までに審査を申し込むと、最短でその日のうちに審査結果が通知されます。審査はリトライサービスがあり、第1次審査できらやかカード株式会社によって仮審査をして、それに通過できなかった場合に自動的に同一内容で株式会社オリエントコーポレーションの審査をすることになっています。オリエントコーポレーションは信販会社であるため、銀行系の保証会社の審査よりも若干ゆるめです。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



きらやか銀行のフリーローンの概要

利用できるのは、申込時に年齢が20歳以上65歳以下の人で、勤続年数が1年以上の給与所得者、または2年以上同一の事業を営んでいる自営業者です。前年の税込年収が150万円以上であることも条件で、きらやか銀?の営業エリア内に居住または勤務していることも必要です。融資額は10万円以上500万円以内で、1万円単位で設定されます。融資期間は10年以内で、1ヶ月単位で設定可能です。300万円以下の場合には7年以内となっています。金利は4.8%から14.6%の固定金利を適用します。借入額によって変動しますが、14.6%でも消費者金融業者のローンよりは安くなるため、利用価値は充分にあります。返済方式は毎月元利均等返済となっており、融資額の50%以内で6ヶ月ごとの増額返済を併用可能です。担保や保証人は原則不要ですが、条件によっては連帯保証人が1名以上必要であることもあります。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




メリットとデメリット

きらやか銀行のフリーローンでは正式契約では必ず来店しなければいけません。Web完結型は採用していません。契約では、利用額に関わらず本人確認書類とともに所得証明書が必要になります。給与所得者は直近の源泉徴収票、自営業者は所得額を記載した納税証明書、または確定申告書の写しが必要です。リトライサービスがあるのはメリットです。銀行系の審査であっても、リトライである信販系の審査であっても条件に変更はありません。金利に変更があるケースがあるので、窓口でしっかり確認する必要があります。Web申込でも契約では来店ですので、内容確認は怠りなくしておきましょう。

 

おまとめローンの基礎知識を説明する

おまとめローンという言葉をよく、街中で見たり、CMで聞いたりすることが多いです。おまとめローンとは、何なのかおまとめローンの基礎知識を説明します。金融会社から複数のローンを組んでいたり、複数他社の消費者金融から借入をしている場合、各借り入れへの毎月の返済が煩雑になったり、余計な手数料を支払っていたりします。特に消費者金融系から50万以下の小口融資を利用している場合、高金利の利率を支払っていることが多いです。おまとめローンは、複数の借入を低金利のローンに一本化することで返済総額を減額し、毎月の元金支払や利息支払分を減らすための借金返済のためのプランです。一度に借入全部を一本化できなくても、一つでも二つでも多くまとめて、最終的には全てまとめることができれば、借金返済に大きく前進します。これが、おまとめローンの基礎知識です。では、次におまとめローンの注意点を説明します。現在利用しているローンの金利を確認します。仮に現在の金利の方がお得であれば、おまとめローンを利用せず融資枠を増額することができないか確認してみることです。融資枠の拡大が可能だということは、あなたへの与信が拡大しているということですので、限度額の引き上げに加え金利を下げて貰える可能性もあります。低金利でも長期間返済を選択した場合、結果的に利息支払額が増え総返済額が大きくなってしまうこともあります。返済額と返済期間の両面から検討する必要があります。おまとめローンの基礎知識を頭に入れ、おまとめローン検討し早期の借金返済を目指しましょう。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.