ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

東和銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

東和銀行でおまとめローンを利用するなら

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

東和銀行にはおまとめローンという名称のローンはありませんが、いくつかのローンをおまとめローンとして活用できます。融資額や金利などの面で有利なのは「東和イージーローン」で、パートやアルバイトでも利用できます。東和銀?と取引のある人を対象にした「スーパーエースローン」やカードローンの「とんとん」もおまとめローンとして活用できます。どれも事業性資金以外であれば使途自由です。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



東和銀行の東和イージーローンの概要

利用できるのは、申込時の年齢が満20歳以上で完済時の年齢が満80歳以下で、東和銀?の営業エリア内に居住しているか勤務していることが条件です。完済時年齢が他の銀行に比較して高めになっている点はメリットです。安定して継続的な収入があることが条件ですが、パートやアルバイトでも利用可能です。株式会社かんそうしんの保証が受けられることも条件です。融資額は10万円以上500万円以下で、1万円単位で設定されます。派遣社員や契約社員、パートやアルバイトの人は100万円までとなっています。融資期間は1年以上15年以内で、1年単位で設定できます。地方銀行のおまとめローンでは融資期間が長い部類です。利率は年利7%、9.5%の変動金利のどちらか、または13%の固定金利を適用します。審査によって決定します。正式契約では収入証明書が必要になります。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




カードローン「とんとん」の概要

東和銀行のカードローン「とんとん」もおまとめローンとして利用可能です。利用できるのは、申込時の年齢が満20歳以上65歳以下で、安定して継続的な収入があれば自営業者でも主婦、パート、アルバイトでも申込可能です。東和銀?の営業エリア内に居住または勤務していることが条件です。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられることも条件です。融資額は10万円から500万円で、10万円単位で設定されます。限度額は審査によって決定します。契約期間は1年ごとに更新されます。利率は融資額が10万円以上100万円以下で14.6%、110万円以上200万円以下で13%と融資額が多くなると下がっていきます。410万円を超えると3.9%となります。利用限度額が300万円までは収入証明書が不要です。銀行のカードローンであるため、消費者金融からの借入に適用される総量規制の対象外です。消費者金融からの借入は年収の3分の1以上を超えることはできませんが、銀行のカードローンはこの規制に抵触しません。

 

おまとめローンの豆知識③

借金の一本化を行うために借り手側にとって有利な条件を設定されているのが、おまとめローンの特徴と言えるでしょう。おまとめローンは、借り換えを検討しているような場合には是非とも利用したいローンだと言えます。こういったおまとめローンの豆知識を持っておくことが、自分の生活を立て直すために役にたつようにも思います。おまとめローンの豆知識としては、金融機関によってローンの内容に大きな違いが見られるために、金融機関の規模によっての違いをまず認識しておくべきだと思われます。借り手にとっての有利な条件を設定している点は共通していますが、審査の基準にかなりの差があるために利用できないケースも考えられるからです。大手の銀行が行なっているおまとめローンは、金利が安くて大枠の融資を受けることができますが、審査の基準が厳しくなったと言われており、他社借り入れ件数が複数以上あったり、安定した収入があることを証明できなかったりすれば審査に通るのが難しいように思われます。魅力的なローンの内容であったとしても、利用することが出来なければ意味がありません。おまとめローンの豆知識も必要ですが、金融機関に対しての知識を持つことがさらに重要なことだと思われます。借金の一本化を謳っている金融機関によっては、問題のある業者が行っている場合もあるので、それらを避けるためにも金融機関に対しての正確で客観的な情報を持っておくべきでしょう。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.