ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

愛知銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

愛知銀行でおまとめローンを利用するには

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

愛知銀行には、おまとめローンは提供していませんが、愛銀フリーローン「きずき愛」とフリーローン「望」の2種類をおまとめローンとして利用可能です。融資額は多くありませんが、低金利で魅力的な商品です。金利の優遇制度もあるため、利用価値の高いフリーローンになっています。インターネットで簡単に予約審査の申込が可能です。審査結果は郵送されます。支払先に愛知銀行が直接融資額を入金してくれるので、払い忘れがありません。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



愛銀フリーローン「きずき愛」の概要

利用できるのは、申込時の年齢が満20歳以上65歳未満、完済時の年齢が満70歳以下の人で、安定継続した収入があることが条件です。住居や勤務先が愛知銀行の営業エリアにあることも条件です。他の都道府県から営業エリアに勤務や移住を予定している場合にも利用可能です。また、株式会社セディナの保証が受けれることも条件となります。融資額は10万円以上200万円以内で、1万円単位で設定できます。おまとめローンとしては多少物足りないですが、これで返済できるという人にとっては金利が有利であるため利用価値があります。金利は年利5%、9%、13%の固定金利のいずれかを審査によって決定します。ただし、愛知銀行との取引実績による金利の引き下げ制度が適用されますので、窓口などで確認しましょう。融資期間は6ヶ月以上7年以内ですが、融資額100万円以内は5年以内とされています。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




フリーローン「望」の概要

利用できるのは、申込時の年齢が満20歳以上、完済時の年齢が70歳以下で電話連絡ができる人となっています。安定して継続的な収入があることと、愛知銀行の営業エリア内に居住または勤務していることが条件です。こちらも株式会社セディナの保証が受けられることが条件となっています。融資額は10万円以上200万円以内となっており、1万円単位で設定可能です。また、夫婦や家族経営の企業に勤務する親子・兄弟は、各個人の保証商品での融資残高を合算して300万円未満まで融資可能です。金利は年利9.8%の固定金利で、融資額は多少物足りませんが、非常に有利な金利になっています。また、愛知銀行に毎月5万円以上の給与振込口座を保有している場合には、これよりさらに年利0.5%を割引します。そして返済は元利均等毎月返済で、給与所得者で融資額が100万円以上の場合には、融資額の50%以内の元金に対するボーナス加算返済もできます。返済回数は6回以上60回以内とされており、5年以内に返済する必要があります。

 

おまとめローンの必要性とその流れ

複数の借入金を一本化して低金利で返済することができる返済方法が、おまとめローンです。ただし、おまとめローンの必要性があったとしても、他社借入件数に制限があったり、初回融資限度額の制限があります。これらの制限にひっかかった場合には、複数の借金を一度に一本化できない場合があります。その場合には、小出しに出すということが大切です。すなわち、一本化できるものから一本化して、その後、徐々に返済実績を積み上げることで、借入件数を少しでも減らす努力によって、憂慮顧客化するのです。こうして、最終的には、もっとも条件のよいおまとめローンにまとめられるということになります。そこで、ここでは、おまとめローンの必要性がある場合に、段階的に他社借入件数を減らすためのポイントについてお話しておきましょう。まず、残額が少ない順番に1社でも多くまとめるようにします。そして、完済ができたら、解約を申し入れて、信用情報機関から他社借入枠を削除してもらうのです。こうして、返済実績をつけ、増額および金利の引き下げ交渉をします。そして、最終的に、もっとも条件のよい的金利のローンで一本化するという流れとなります。この場合に特に注意しなければならないのは、他社からの借入をできるだけしないということです。どうしても入用の場合もあるかもしれませんが、もし新たな他社から借入をした場合、信用情報機関に登録されてしまうために、返済実績が悪くなってしまうのです。おまとめローンの必要性を感じているのでしたら、これは鉄則となります。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.