ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

名古屋銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

名古屋銀行でおまとめローンを利用するには

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

名古屋銀行は、独立した「おまとめローン」という名称のローンはありません。フリーローンには有担保のものがあり、まとまった生活資金の確保に向いていますが、おまとめローンとしては無担保のフリーローンである「ざ・フリー」が良いでしょう。借入の1本化に利用可能です。利用条件が多少厳しく、収入証明書などの必要書類もありますが、金利が低めで利用価値があります。仮審査の申込をインターネットやFAXで24時間受け付けています。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



フリーローン「ざ・フリー」の概要

名古屋銀行が提供している「ざ・フリー」を利用できるのは、満20歳以上満59歳未満、完済時に満65歳未満となる人で、前年度税込年収が200万円以上あって安定継続した収入のあることが条件です。パートやアルバイト、主婦や学生は申込できません。オリックス・クレジット株式会社の保証が受けられることも条件です。また、同一勤務先に原則として1年以上勤務していて、勤務先が安定していることや、自営業者は同一事業を継続して1年以上営業しており、事業が安定していることも必要となります。そのため地方銀行のフリーローンとしては条件の厳しいものになっています。勤務地や居住地が愛知県または岐阜県の名古屋銀行営業エリア内にあることも条件の一つになっています。融資額は50万円以上300万円以内で、1万円単位で設定できます。融資期間は1年以上8年以内で、6ヶ月単位で設定します。そして、金利は融資額によって変動する固定金利を適用します。融資額50万円から100万円以下で年利12.8%、融資額101万円以上200万円以下で年利11.1%、融資額201万円以上300万円以下で年利9.8%となります。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




ざ・フリーのメリットとデメリット

名古屋銀行が提供する「さ・フリー」は申込条件が厳しい点はデメリットと言えるでしょう。融資額にかかわらず年収を証明する資料も必要となります。給与所得者は源泉徴収票または住民税課税決定通知書など、自営業者は確定申告書の写しで税務署の受付印の押印されているものなどを提示する必要があります。申込から融資までに2週間ほどかかるため、急ぎの金策には向きません。また正式申込には来店が必要になるため、多少の時間を割く必要もあります。ただ、融資額が300万円以内で9.8%の年利など、利率においてはかなり有利です。地方銀行の提供するおまとめローンは、14.8%がおおよその相場であることを考えると、厳しい条件をクリアできれば利用価値は高いと言えるでしょう。

 

おまとめローンの必要性とその活用について

おまとめローンは、複数のローンを借り入れている場合に毎月の返済額や返済日や金利が異なっているローンを一本化するサービスです。このおまとめローンを活用することによって、消費者金融のカードローンの借入れをまとめることができ毎月の支払い負担が軽減されます。このおまとめローンは、金利が安くなることが特色です。一般的にお金を金融機関等から借り入れる場合ローンの金額が低いほど金利が高くなります。おまとめローンでは複数のローンをまとめて借入れ金額を高くすることで、金利を低く借りることが特徴です。おまとめローンを利用するには、銀行の事前審査が必要です。申込みをする際、年齢が20歳以上であることや定期的な収入があることが必要です。また、借入れ中のローン残高の明細を用意します。おまとめローンを利用する場合には銀行系のローンがおすすめです。こうしたおまとめローンは、元々多重債務者を救済する目的で開発されています。多重債務者の救済という観点では、おまとめローンの必要性があることはいうまでもありません。実際には、一般のサラリーマンであってもおまとめローンの必要性を感じる方は多くいます。おまとめローンの必要性を感じる方の多くは女性です。女性のなかには買い物が好きでつい買いすぎてしまう方もいます。こうした買い物が積み重なった結果、多重債務に陥る場合もあります。これに対応して、女性専用のおまとめローンを導入している金融機関もあります。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.