ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

八千代銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

八千代銀行フリーローンとは

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

八千代銀行は大正13年に創業した、東京都の新宿に本店を構える地方銀行です。これまで100年近くにも及ぶ営業実績を誇る老舗の銀行で、2015年度から東京都民銀行と東京TYフィナンシャルグループを立ちあげ、総合金融サービスを展開しています。そんな八千代銀行では、実際におまとめローンというサービスはありません。その代わりに地域生活者向けのフリーローンを提供しています。こちらは事業性資金にも利用ができますし、八千代銀行以外の借金を一つにする『おまとめローン・借り換えローン』としても有効です。融資金額は10万円以上500万円以下でかなり大きなおまとめローンに利用できます。融資金利は年利4.3パーセントと年利6.8パーセント、そして年利8.8パーセント・年利10.8パーセント・年利14.5パーセントの5種類から、融資金額に応じた適用がなされます。年利が10%を切るのは100万円台の融資あたりからとなるでしょう。ノンバンク系では15%超の金利が一般的なために大口融資には不利ですが、その点ではたっぷりなおまとめローンが組めるので便利です。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



申し込み者の条件とは

八千代銀行フリーローンを利用できる条件に、20歳以上という年齢制限があります。また完済時76歳未満での条件を満たせば申し込み可能です。また安定収入があればパート・アルバイトの方でも申し込めますし、年金受給者も利用可能です。また本人に収入がない専業主婦の場合でも、配偶者に安定収入があれば申込みできるので、比較的にどなたでも利用できる条件となっています。また八千代銀行の営業エリアで在住か勤務している方という条件もあります。申し込み時に担保や保証人が不要なので、どなたでも気軽に申し込める点はメリットでしょう。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




ボーナス払いも併用できます

融資判断は大手クレジットカード会社・クレディセゾンの保証により審査を受ける事になります。総量規制の対象外ではありますが、申込者の借金残高や返金状況などのクレジットヒストリーによって融資制限は掛かるでしょう。また審査が通った後の必要書類は、運転免許証や健康保険証といった本人が確認できる書類、そして返済に使う普通預金口座通帳とその届け印だけです。ただし、融資額が300万円を超える時は収入確認の証明書も提出する事になっています。そして最も大事な返済方法ですが、基本的に元利均等方式の分割払いです。支払日は月の10日か25日で、休業日にあたる時は翌営業日に振り替えられます。また融資額の50パーセントまではボーナス返済が可能ですから、金利の節約に利用すると良いでしょう。

 

おまとめローンの必要性

消費者金融の利用者は1000万人を超えていると言われています。それ自体に問題があるわけでは無いのですが、間違った利用の仕方をしている人がたくさんいることも事実でしょう。消費者金融は、短期間だけ利用する上では有効な金融機関と言えますが、完済せずに枠いっぱいまで使用して放置しておくと、金利が高いために長期的に返済だけを続けることになってしまいます。自己破産者が年間10万人を超えるという状況が長期間続いており、自己破産予備軍と呼ばれる多重債務者も200万人を超えています。これらの改善のために施行されたのが、改正貸金業法であり総量規制であると思われます。総量規制とは、消費者金融に対して、利用者の年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという規則です。多重債務をこれ以上増やさないために施行されたようです。しかし一方で多重債務に悩んでいる人たちにとっては、新たな融資を受けることが難しくなった為に厳しい現状となっています。そういった多重債務の一本化のためのローンがおまとめローンです。おまとめローンは総量規制の対象外であり、多重債務者でも審査に通れば利用することが出来ます。おまとめローンの必要性は多重債務者だけではなく、大手の消費者金融にとっても同じことです。小口の融資を行うことができなくなった為に、新たな融資の方法としておまとめローンの必要性は高くなっており、各会社がおまとめローンを用意しています。借りる側にも貸す側にも、総量規制の施行後にはおまとめローンの必要性が高くなっていると云うのが現在の状況です。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.