ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

みずほ銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

みずほ銀行のカードローンでおまとめ可能

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

みずほ銀行では、基本的におまとめローンやフリーローンがありません。そこで使い道が自由なカードローンを利用して、他の借金を返済するのは良いでしょう。みずほ銀行のカードローンは融資額が大きくて、最大で1000万円まで融資可能です。ですから大概のおまとめローン・借り換えローンとしても効果を発揮してくれます。もちろんこちらのカードローンは、おまとめ専用ではありません。通常のカードローン商品ですので、おまとめローンとして利用する以外でも、融資限度額内のキャッシングが可能なのです。カードタイプですので、必要な時に何度でもATMからのキャッシングができるのも見逃せないメリットだと言えるでしょう。しかも、みずほ銀行は日本有数の大手銀行ですから、カードローンの信用性は高く、大口の融資に関しても安心できるのです。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



みずほ銀行カードローンの金利プランは

みずほのカードローンにはエグゼクティブプランといって、年利3.5%から7.0%の破格的な低金利で借りられます。例えば50万円ほどのキャッシングであれば、銀行系でも年利10%近く、ノンバンクであれば年利15%ぐらいにはなります。そう考えるとかなりお得だと言えます。またコンフォートプランでも、年利4.0%から14.0%で融資が受けられます。また住宅ローンを利用している方、これから利用する方は、さらに年利0.5%の引き下げをしてくれますので見逃せません。おまとめローンを選ぶポイントは、何と言っても融資枠の大きさと金利です。つまり、みずほのカードローンはその両方ともに優れたメリットがあるという事です。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




おまとめローンのコツと注意点

申し込み手続き後に、どちらのプランを利用するかは銀行側の判断によります。もちろん審査の結果次第という事です。つまり融資枠がいくらなのか、利息がいくらに設定されるかも結果を見るまでは分かりません。その点はちょっと気を揉む点かもしれません。ただしみずほ銀行のカードローンは、当行に口座を持っていればWEB完結で申し込めます。この方法であれば即日融資も可能ですし、手間があまり掛かりません。またみずほダイレクトの利用者なら、利用限度額を200万円以下にすれば書類提出も不要になります。また同行ATMを利用するならば、例え時間外でも手数料無料ですし、他行への振り込み手数料も掛かりません。もしコンビニATMでも、月に4回までは無料サービスがありますのでお得です。返済方式は定額返済の残高スライド方式を採用しています。低金利ですので無理のない長期返済をすると良いでしょう。

 

おまとめローンの必要性と必要な人々

おまとめローンの必要性は謝金をしていて、そのお金の返済に困っている人にとても有効な手段なのです。複数の金融機関からお金を借りている多重債務者ですと、返済日、返済金額がばらばらですし、銀行口座も複数持ち、その口座から引き落とされるかと思います。銀行系列のカードローンですとその銀行に口座開設が必要でしょう。借りる時はいいのですが、返済に際して管理が面倒になるのです。返済先別に返済金額を口座に入れておかないといけないのです。間違えたり、忙しくていけなかったりして引き落としができなかったら大変名のことになります。ですので、できるだけ返済は1津であることが望ましいのです。そうなってくるとおまとめローンの必要性が高くなってきます。また、おまとめローンにしますと金利が安くなります。複数の金融機関からの借金ですと高いところもあれば、低いところもあります。しかし、おまとめローンで低いところでかれれれば返済金額も減っていきます。おまとめローンの必要性が非常に高いのです。また、おまとめローンにすると返済の督促なども減っていくでしょう。お金の面以上に精神的な環境もよくなっていくのです。おまとめローンをするのであれば、事前に銀行に相談するのがいいでしょう。今はローンの相談窓口として専用のコーナーを設けている金融機関が多くなっております。借金については早く対処するのが、その後の返済が楽になる方法です。最良の方法ですので、まずはアクションをおこしてみましょう。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.