ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

新生銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

新生銀行レイクのカードローンでお得におまとめ

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

新生銀行レイクでは、いわゆる「おまとめローン」専用のプランを提供していません。またおまとめローンに準ずるフリーローンもありませんが、新生銀行カードローン・レイクならばおまとめに利用する事が可能です。大手の消費者金融レイクが2011年に新生銀行に合併されて、双方の利点を生かした金融商品を展開しています。そこでおまとめローンとして利用可能なレイクカードローンが評判になっています。元消費者金融のレイクの金融商品ですが、新生銀行の参加である事から、こちらのカードローン・レイクには総量規制が掛かりません。ですから大口の融資を求める方には有利でしょう。審査から結果報告までの時間はとても速い点も好評です。最速で30分審査はもちろん、WEB完結なら数分間で分かる事もあります。金利に関しては1万円以上~500万円までで年利4.5%~18.0%となっていて、こちらは消費者金融時代の利息の影響が残った形になっています。基本的に大手銀行のカードローンが年利5%~14%程度の設定なので、金利面ではやや見劣りする感じは否めません。ただしレイクをはじめて利用する場合は、5万円までに180日間無利息が適用されますし、借入金全額には30日間無利息期間が適用されて、初月の支払いがお得になります。また申し込み条件は満20際以上~65歳以下の安定収入者で、アルバイトの方でも利用が可能です。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



多重債務を解消したい方へのプラン

この様に1万円~500万円までの融資枠で、かつ利用者条件も広く設定されているレイクのカードローンですから、多くの方に利用できる可能性があります。もし他の銀行で断られた経験緒ある方でも、こちらに申し込む価値は十分にあるでしょう。そもそもおまとめローン化するメリットとは、多重債務の返済の難しさを解消する事にあるでしょう。消費者金融系の高金利を少しでも低くして、かつ返済を一本化させる事、それで効果的な返済プランを具体的に組む事ができます。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




債務総額ピッタリの融資ができるメリット

新生銀行カードローン・レイクは、そういった利用方法が可能なカードローンなのです。いくら金利が低くて融資枠が大きいとしても、申し込んで審査に通らなければ意味がありません。申し込み窓口の広い新生銀行カードローン・レイクは、借り換えを1本化をして、そして自力で完済を目指す方には利用価値の高いカードローンなのです。審査結果の通知はスピーディーですし、電話対応や、窓口対応などのサービス面もしっかりとしていますので安心して借り入れができるでしょう。

 

一本化というおまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットを活かす方法というのは、いくつかあります。一番心がけたいのは、おまとめローンの審査に申し込んで、融資を受けることが出来たら、その時点でのすべての債務を返済してしまうということです。
なので、おまとめローンに申し込む際は、債務がいくらあるのかを計算して、その債務を下回らないような金額を希望するべきでしょう。もし、債務を返済せずに残してしまうと、当然、残った債務は返済する必要があり、その場合、おまとめローンに申し込んだにもかかわらず、返済を一本化出来ないということになります。これでは、おまとめローンのメリットが減ってしまいます。
また、完済しないことで解約することが出来ず、ある程度の額を返済したということで、増枠してしまうかもしれません。もし、その枠を使って、また借りてしまうと、債務が増えてしまうということになります。なので、おまとめローンの融資を受けたら、他の債務をすべて完済して、金融機関との契約を解約し、おまとめローンだけの契約にして返済していくようにしましょう。
解約に関してですが、クレジットカード会社や消費者金融であれば、完済後に、電話で解約を申し出れば、必要な書類などを送ってくれると思います。完済後は、新たな借り入れはやめておきましょう。少なくとも、おまとめローンの債務を完済するまでは、やめておいた方がいいでしょう。債務をまとめて、毎月一回の返済にするというおまとめローンのメリットを活かすには、それがベストです。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.