ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

あおぞら銀行ででおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

あおぞら銀行の特徴

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

あおぞら銀行とは都内に本店を構える金融機関で、日本債券信用銀行が1998年に経営破たんをした後、オリックスを中心とした投資ファンドに売却されて、新たに『あおぞら銀行』と名前を変更して再生しています。そのために、あおぞら銀行の傘下にはカードローンの提供している金融機関も入っていて、そちらのカードローンへ入会する場合は年会費無料といったお得なサービスが受けられるメリットがあります。あおぞら銀行はインターネットバンキングによる営業もしています。日本各地に設置されている本店・支店とネットバンキングの展開でより機動性の高い金融活動を行っているのです。もちろん多彩な金融商品を提供していて、特に住宅ローンに優れた商品が見られます。ただし個人向けカードローンサービスは提供していません。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



系列のカードローンでおまとめ・一本化が可能

あおぞら銀行には、先に述べた通りに個人向けのカードローンがありませんので、現時点ではおまとめローンに該当する金融商品がないという事になります。しかし、ローンを一本化できるカードローンとして、系列子会社が提供している「カードマイワン」を取り扱っています。つまり、こちらは銀行カードローンではなく、消費者金融系のカードローンだと理解しておきましょう。申し込み対象としては、20歳以上58歳未満の安定収入のある方となっています。ですから低収入のアルバイト・パートの方でも利用が可能です。消費者金融系のカードローンなので、審査レベルもその基準を超える事がありません。審査通過からカード発行までは、最短で1日で受け取る事ができます。審査完了の時間帯次第で即日キャッシングも可能です。お急ぎの方には有難いサービスだと言えるでしょう。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




あおぞら銀行のメリットと注意点

あおぞら銀行が取り扱っているマイワンでは、最大で300万円までの融資枠を設けています。消費者金融系のカードローンでは大き目な融資枠だと言えます。多重の借金を全て一本化するのに適したローンです。そして、金利設定は最低で年利8.7%です。この金利設定は300万円を借りた場合に宛がわれています。なお金利は50万円刻みで上昇し、50万円以下の融資では実質年利が17.8%となります。これは一般的な消費者金融の金利レートです。銀行系の様に低い金利をお望みの方にはやや高い設定だと言えるかもしれません。ご利用の際は、この金利設定ついて十分にチェックする様におすすめします。

 

おまとめローンのメリットを活かし返済する

おまとめローンのメリットというのは、やはり、複数の債務を一本化出来るということでしょう。一本化しても、おまとめローンからお金を借りることになるので、トータルの債務額と返済額はあまり変わらないのではと思う人もいるかもしれませんが、プレッシャーからの解放というのが大きいと思います。
複数の金融機関から融資を受けている場合、月の返済の回数は、その数だけということになります。つまり、5つの金融機関からお金を借りているのであれば、毎月の返済回数は5回です。しかし、おまとめローンを使い、一本化を行えば、毎月の返済回数は一回になります。つまり、月一回返済すれば、次の返済は翌月ということになるわけです。
また、債務額を圧縮出来る可能性もあります。というのは、交渉次第ですが、一括で返済するなら減額に応じると言ってくる金融機関があるかもしれないからです。もし減額交渉を行うのであれば、自分で行うよりは、弁護士などに任せた方がいいかもしれません。金融業者と個人ということになると、相手はお金に関してプロですから、対等な交渉というのは難しいかもしれないからです。
また、仮に債務額が減らなかったとしても、おまとめローンを使えば、毎月の返済額は減る可能性が高いです。それは、おまとめローンの利率というのは、普通、低めに設定されているからです。利率が低いというのは、おまとめローンのメリットの一つです。いくつもの金融機関から借りているというのであれば、なにも対処せずに返済するよりは、おまとめローンのメリットを活かして返済した方がいいと思います。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.